スリンゴ:仮想通貨でハイブリッドゲームを楽しもう

ハイブリッドはそもそも生物を交配して新しい品種を生み出す試みでした。言葉の由来は、イノシシとブタの交配である「イノブタの子孫」をラテン語読みにした「ヒュブリダ」hybridaにあります。

ハイブリッドの先駆者は19世紀にエンドウ豆の交配を試みたメンデル、そして今ではハイブリッドといえばまずは車でしょう。ハイブリッドカーゲームでは、車の製造会社の経営者になりきって、環境にやさしい製品の開発を楽しむことができます。さらにゲーム界においては、ビンゴとスロットを組み合わせたスリンゴが登場しました。スリンゴの一例を見てみましょう。

ブック・オブ・スリンゴ(Book of Slingo

ブック・オブ・スリンゴはAge of the Gods などの定番ゲームであるBook of のシリーズにビンゴがハイブリッドされたスロットです。5リールx5行のビンゴカードのようなグリッドがでてきます。賭け金を決めたらゲームスタート。下の一行は一行スロットとして回転し、そこのナンバーとビンゴカードが一致すると1本ラインを獲得できます。「スリンゴ」とは、こうして1本ラインを獲得することです。ただし、1スリンゴから3スリンゴまででは賭金の元は取れません。5スリンゴ以上獲得すると利益が出始めます。さらに8スリンゴを獲得すると、定額の賞金を受け取る、またはボーマススピンにトライする、という2種の選択肢が与えられます。

どちらを選択するかはあなた次第ですが、いきなりボーナスに突入できるのはうれしいニュースかもしれません。ブック・オブ・スリンゴは人気のオンラインスロットと共に、ウィリアムヒルに搭載されています。

近年における最も新しい投資先である仮想通貨とオンラインカジノは、互いに密接にかかわっています。仮想通貨を使ってオンラインカジノで遊ぶ方法が簡便化され、より幅広いプレイヤーを集めています。例えば、先にお話ししたスリンゴで遊べるウィリアムヒルには、エコぺイズを通して入金と出金が可能です。エコぺイズへの入金にはクレジット/デビットカードや銀行入金に加えて、仮想通貨を使うことができます。エコぺイズの優れている面は、ほとんどのブックメーカーで利用できること、またひとつの口座で複数のブックメーカーとのお金のやりとりを管理できることにあります。まさに万能のe-Walletといえましょう。

最後に、オンラインスロットの払い戻しについて一言。スロットを含め大抵のカジノゲームには、ペイアウト率(RTP、配当)とボラティティ(爆発力、変動性)が記載されています。ペイアウト率は、カジノの運営者がそのゲームで収集する賭け金の何%をプレイヤーに還元するかを示した数値です。一方、ボラティティとは配当にどのような変動性があるか、つまり低い配当がたくさん用意されているのか、または稀であっても大きく当たる可能性があるのかを示す指標です。ペイアウト率が高いゲームでも、極少人数が大きく当たるだけで、ほとんどの人には配当が出ない場合もありえます。こういった指標をみて、個々のゲームにどのような勝ち方の可能性が秘められているのか理解することが肝心です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*