【オンラインカジノ】世界で最もオンカジ人口が多い国はどこ?

国内でもモバイルカジノをプレイしている人を多く見かけるようになりましたね。それもそのはず!日本に居住している人でオンラインカジノをプレイしたことがある人は、国内で290万人に上ると言われています。インターネット環境が整っていれば、場所や時間に関係なく自分の好きなカジノゲームを楽しむことができるので、現代の忙しい日本人には最高のエンターテイメントとも言えるでしょう。さて、ここで気になるのが世界で最もオンラインカジノ人口が多いのはどの国?ということです。

ここでは、オンカジが最も盛んな国を、早速ご紹介していきます。日本人プレイヤー向けのボーナスも続々誕生しているので、どんどん活用していきたいですね。

カナダは人口の75%がカジノ経験者!

カナダは人口の約75%がオンラインカジノに熱中していると言われています。カナダ居住者の4人に3人がオンラインカジノに夢中という計算になりますので、もの凄い数の人がオンラインギャンブルを楽しんでいるということになります。また、オンラインカジノの支出額の平均は年間750カナダドル(約67,000円)と推定されています。

そもそも、カナダには厳格なゲーム機関「カナワケ(Kahnawake)」があり、国内で登録されているオンラインカジノは、このゲーミング委員会によって管理・規制されています。カナワケは世界で最も信頼されるライセンス機関の一つで、公平性や安全性に関して厳しいプロトコルを用いています。

アメリカは真のギャンブラーが多い

アメリカにはオンラインカジノ経験者ということではなく、ギャンブルで生計を立てている「真のギャンブラー」が最も多い国です。周知のとおり、アメリカはカジノの本場ラスベガスやアトランティックシティがあり、海外からもカジノの腕自慢やハイローラーたちがこぞって集まる国でもありますよね。

実際、世界のトップオンラインカジノプレイヤーの70%がアメリカに居住しているというデータもあるほどですから、その数字には驚愕します。そして、彼らのようなカジノシャークは人生が変わるほどの大金を稼いでいるのです。

イギリスはスポーツベッティングが盛ん!

イギリス管轄のオンラインカジノにはウィリアムヒルやベラジョンカジノなどがありますが、イギリス国内ではスポーツベッティングを筆頭に、オンラインカジノ文化が根付いています。しかし、粗悪でネガティブな印象はなく、庶民が気軽に時間をつぶすことができる娯楽として浸透している風潮があります。とくに競馬が盛んで、オークスやダービー、クイーンエリザベス2世やセントジェームスパレス、1000・2000ギニーレースなどが有名で、月5から7レース程度が開催されます。

また、イギリスには英国ギャンブル委員会(UKGC)があります。国内のオンラインカジノは全てライセンスを所有し、健全で公平なカジノゲームを提供するよう厳しく管理されています。逆に、ライセンスがないと運営はできません。オンラインカジノ人口もカナダに近く、モバイルカジノを利用して、ごく日常的にゲームで遊ぶ環境があります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*