Googleが仮想通貨EOSを選んだ本当の理由とは?



▶︎あらすじ
先週、Google Cloud(グーグルクラウド)がEOSネットワークに参入した。

EOSは、Enterprise Operation Systemの略。ブロックチェーン業界ではBM(ByteMaster)というニックネームで知られるダニエル・ラリマー氏らが創業した。ブロック・ドット・ワン(Block.one)が運営企業だ。

2017年のICO(イニシャル・コイン・オファリング)では計40億ドル(約4381億円)と当時の最高額を調達。ラリマー氏は、ビットコイン創設者のサトシ・ナカモトとブロックチェーンのあり方をめぐって議論を戦わせた男としても知られている。

執筆時点で仮想通貨EOSの時価総額は、全体の14位だ。

数多くあるパブリックチェーンの中からグーグルがEOSを選んだ理由はなんだろうか?

EOSのスーパーノードを持つ龍門キャピタル日本代表のサニー・ワン氏は、「Googleが言えない理由」があるとみている。今回のYouTubeチャンネルでは、「天才エンジニア」ラリマー氏や仮想通貨EOSの仕組みのおさらいに加えて、GoogleがEOSを選んだ理由、そして日本企業もEOSのスーパーノードに参戦するべき理由について解説する。

▶︎コメンテーター
龍門キャピタル日本代表 サニー・ワン

2011年からブロックチェーン業界に身を置きBTC、ZCASH、EOSの初期投資家として参加。それ以外に様々なプロジェクトに投資。主な投資先としてANEX株式会社 http://anex.jp、安橋株式会社 http://anqiao.jp、EOSLAOMAO、http://eos… http://coinjinja.comなどが挙げられる。

▶︎最新の動画一覧
「中国の夢」がデジタル人民元の足かせ?深まる米中対立で追い詰められるのは中国か https://youtu.be/U9MCcs5PLxI

雰囲気変わった?仮想通貨の新規上場、日本で増加【仮想通貨週間ニューストップ3】

仮想通貨ビットコインどうなる?香港で外貨制限の噂も

4連休初日に上昇 仮想通貨ビットコインは沈黙を破ったのか?

仮想通貨の未来も占う?中国の香港政策で世界が分裂

▶︎コインテレグラフに関するさらなる情報はこちら

コインテレグラフ日本版の公式ホームページ:
https://jp.cointelegraph.com/

コインテレグラフ日本版の公式LINE:
https://lin.ee/B9Az9xf

コインテレグラフ日本版の公式Twitter:

コインテレグラフ日本版の公式Facebook:
https://www.facebook.com/Cointelegraph

コインテレグラフ日本版の公式テレグラムはこちら:
https://t.me/CointelegraphJp

仮想通貨#グーグル #EOS

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*