リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年12月6日号 帰省時に確認しよう 離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【このまち思いWEBガス展】10月26〜12月27日午後5時まで開催中★WEBでもガス機器をガス展価格で!
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
【サンフレ 男気の証明】 サンフレッチェ広島の選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】
2019.11.8取材

【Vol.44】 大迫敬介選手 【背番号38・GK】

 昨年までとは一変し、正ゴールキーパー(GK)の座をしっかりとつかみ取った大迫敬介選手。日本A代表にも選ばれ、試合に出るたび成長していく姿が頼もしいです。
 
大迫敬介選手 【背番号38・GK】|リビングひろしま
大迫敬介選手 【背番号38・GK】
 
 
 
 試合を重ねるごとに成長が著しい大迫敬介選手。「プレーの幅が広がりました。今まで届かなかったボールに触れられるようになったり、前へ出ることができなかったクロスにも対応できるようになりました」とニッコリ。1対1の状況で、相手のシュートコースを封じるなど、好セーブを連発しています。たとえミスをしても感情を表情に出さない姿や、大差で負けても、爐發辰叛長したい瓩肇櫂献謄ブに考えることも大迫選手の強みです。

 若手がレギュラーを取ることが難しいと言われるGK。自分を変えた試合を聞くと、2月19日のチェンライ・ユナイテッドとの試合を挙げます。「僕にとって公式戦デビューでしたし、結果が出ると出ないとでは、その後が大きく違うと分かっていたので、大事な試合でした」。昨年は、公式試合での出場がなく悔しい日々でした。「正直、焦りはありました。他のチームで同世代の選手が出場しているのを見ると、自分が歯がゆくて…。爐い弔は自分も瓩箸いΦせちだけは忘れず、開き直って練習に打ち込みました」と振り返ります。その成果が今年、見事に開花しました。

 GKの魅力を聞くと、「爐△⊆催世靴伸瓩斑もが思うところを最後まで粘ってゴールを死守したり、攻撃のチャンスを作ったりすることです」と、声が弾みます。フィードをカウンター攻撃に結びつけた試合のことに触れると、「つい狙ってしまいますね。自分がボールを持った瞬間に、チームメイトも走り出してくれるので、連携はできています」とまだまだ進化する大迫選手です。
 

WEB オリジナル

 昨年は公式戦の出場がなかったものの、今年は一変して日本A代表に選ばれ、J1リーグにもスタメン出場している大迫敬介選手。新守護神(正GK)の座をしっかりつかみ取りました。試合に出場するたびに成長していく姿が頼もしいです。
 

「どこまで通用するかチャレンジしたい」

編集部

11月17日のU-22日本代表に選ばれました。おめでとうございます。広島での開催ですから特別な思いもあるでしょうね。
 

大迫

オリンピックまで1年を切っていますし、数少ないチャンスなので、大事に臨みたいです。前々から広島での開催が決まっていたので、「代表入りしたいな」と思っていました。広島で応援してくださるみなさんも、「オリンピックに出場するチームってどんなんだろう」と期待感もあるでしょうから、楽しみな試合です。
 

編集部

この試合で大迫選手は、どのようなプレーを見てもらいたいですか。
 

大迫

シュートストップだったり、ハイボールへの対応だったりが僕の強みなので、そこを見てもらいたいです。南米の選手は体格や動きが日本選手とは違う部分もあるので、自分のプレーがどれだけ通用するのか、チャレンジしたいです。
 

編集部

レベルの高い試合となりそうですね。
 

大迫

コロンビアは強豪ですからね…。
 
 

今期、試合に出るたびに成長

編集部

開幕当初は、ハイボールの処理で目測を誤ったりと不安定なプレーもありました。でも、試合を重ねるごとに成長している印象があります。自分でも実感していますか。
 

大迫

プレーの幅が広がったと思いますし、少しずつですが難しい場面にも対応できるようになっていると感じています。例えば、シュートを止める範囲において、今まで届かなかったボールに触れられるようになったとか、横からのクロスボールが今まではなかなか前へ出ることが難しかったのも意外と対応できるようになりました。そういった判断のところがすごくよくなっていると思います。
 

編集部

昨年と比べて、今年こんなに飛躍した理由は?
 

大迫

1対1の状況で、相手にペースを取られそうな場面をうまく防いでいることだと思います。
 

編集部

例えば10月5日の神戸戦、前半でのファインセーブで試合の流れが大きく変わりました。こうしたプレーが多く見られますね。
 

大迫

相手にペースを取らせなかったという意味では、あの試合、すごく重要なプレーだったと思います。
 

編集部

こうしてピッチ外では優しい表情ですが、試合中は感情を出さないですね。
 

大迫

オンとオフの切り替えについて意識はしていないです。試合になると自然とスイッチが入ります。たとえミスをしたりうまくプレーできなくても、できるだけ自分の感情を表情に出さないよう、特に今年は意識しています。
 
Ⓒsanfrecce
 
 

運命を変えた2月19日の試合

編集部

昨年は出場機会がなく、悔しい日々だったと思いますが…。

大迫

正直焦りはありました。2020年はオリンピックがありますし、他のチームで自分と同世代のGKが試合に出ているのを見ると、出場できない自分を歯がゆく思っていました。出場している選手に早く追いつきたいという焦りはありましたけど、ただできることは練習しかなかったので、そこは開き直ってやっていました。「いつかは自分も…」という気持ちだけは忘れないようにしていました。
 
 

編集部

GKは、経験が重要視されるポジション。若手がレギュラーを取るのは難しいと言われています。ターニングポイントとなった試合は?
 

大迫

やはり、今年2月19日のチェンライ・ユナイテッドとのACLプレーオフ戦だと思います。その試合が自分にとってデビュー戦でしたし、そこで結果が出ると出ないとでは、その後の自分の立ち位置も変わってくると思っていました。そういった意味で、すごく大事な試合でした。
【データ】2019年2月19日のチェンライ・ユナイテッドとのACLプレーオフでは、相手との距離を詰めてシュートコースを消すなど、好セーブを連発。その後のPK戦でも冷静に対応して、相手の動揺を誘って勝利します。
 

編集部

昨年10月のAFC U-19選手権日本代表のイラク戦では、相手シュートを右足で弾いたビッグセーブがありました。この試合もポイントだったのでは?
 

大迫

そうですね。なかなか試合に出られていない中でのゲームでしたけど、ゼロに抑えて勝てたというのは自信になりました。J1リーグ戦に出ていなくても、僕の存在を示せた試合だったと思います。
 

編集部

今期、第2から6節までは、5試合連続無失点でした。ここは自分を褒めてもいいのでは?
 

大迫

その間の試合、自分はあんまりファインセーブしたという感覚が正直なくて、無失点で勝てていたのが不思議なぐらいでした。でも、それはGKとしてはうれしいことですし、常に求めていること。今後も完封勝利を目指していきたいですね。
 

編集部

第8から12節までは5連敗。でも試合を分析すると、全て1点差の敗戦でした。守備は硬かったと思うのですが…。
 

大迫

開幕から、チーム全体で守備を徹底していました。そこだけ見失わないようにしていました。ただ、どうしても失点が続くと、負の連鎖というか自分たちのサッカーを見失いかけていました。
 
 

「もっと成長したい」と思った「コパ・アメリカ」の敗戦

編集部

東京五輪世代が中心となって構成された「コパ・アメリカ」。初戦のチリ戦(6月18日)で、代表デビューを果たします。ここで得られたものは?
 

大迫

南米のチームと対戦できたというのは、いい経験だったと思います。チリ戦では0-4で負けてしまいましたが、そこで自分の現実を知ったというか、いろいろと学ぶことができました。悔しい試合ではありましたが、自分にとってはいいきっかけとなりました。
 

編集部

この試合で学んだことで一番大きかったことは?
 

大迫

もちろん試合に出ることで学んだことはありますが、川島永嗣選手(現・RCストラスブール)と一緒に練習をする中で、普段からの意識の違いなどをすごく感じましたね。
【データ】19歳325日で、GKとして日本代表史上最年少デビューを飾ります
 

編集部

0-4という大差で敗れ、世界の洗礼を浴びることとなりました。自信を失うことはなかったですか。
 

大迫

自信を失うというよりは、「自分はまだまだなんだな」「上には上がいるし、もっと成長したい」というように、逆にモチベーションが上がりました。
 

編集部

「コパ・アメリカ」から戻ってきて2試合(19節の鳥栖戦と20節の松本戦)は、試合に出られませんでした。その時の気持ちは?
 

大迫

「コパ・アメリカ」をやっている間に、チームではJリーグ戦があることは分かっていたので、もちろん帰ってきてから自分のポジションがあるとは思っていませんでした。ある程度想定内というか…。ただ、出場できないという現実が実際に起きたときは、もちろん悔しい気持ちがありました。ポジションを取り返すためにも、しっかり練習でアピールするしかないと、気持ちをうまく切り替えられました。
 
Ⓒsanfrecce
Ⓒsanfrecce

「体を張ってゴールを守り、攻撃のチャンスを作ることが魅力」

編集部

あらためて大迫選手のストロングポイントをお聞きします。「俺のここを見てくれ」というポイントは?
 

大迫

ハイボールやクロスへの対応などです。GKというと、どうしてもゴールを守ることやシュートを止めるというイメージだと思います。もちろん、それも大事なことですが、得点につながるチャンスを作ることもできます。そういうところは、ぜひ見てほしいです。
 

編集部

フィードをカウンター攻撃に結びつけたシーンがありました。得意とされているのでは?
 

大迫

ええ、つい狙ってしまいます。チームメイトも自分のそういったところを理解してくれていて、自分がボールを持った瞬間に走り出してくれているので、そこの連携はできていると思います。
※フィードとは、前方へパスを送ること
 

編集部

大迫選手にとって、GKの魅力とは?
 

大迫

誰もが「ああ失点した」と思うところを最後まで粘って守るシーンだったり、守るだけじゃなくて攻撃のチャンスを作ったりできるのはGKだけだと思います。そこが魅力ですね。

 

「プロ選手しか考えていなかった」

編集部

サッカーを始めたのはいつですか。
 

大迫

兄がサッカーをやっていたので、それについていって一緒にサッカーをしたのが、きっかけです。7歳のときでした。
 

編集部

なぜGKを選ばれたのですか。
 

大迫

最初の半年間は、遊び感覚でフィールドもやっていました。その後、GKをするようになりました。もともとGKをしてみたいという思いもありましたし、友だちと遊ぶときも積極的にGKをやっていました。シュートを止めることが楽しかったということもあります。他の人はGKを嫌がってやらなかったのですが、僕はどっちかというと楽しいと思って自然とやっていましたね。
 

編集部

中学から高校へ進学する際、たくさんのチームからオファーがあったとか。プロを意識したのはこのころですか。
 

大迫

高校やJユースも含めれば、10チーム以上から声を掛けていただきました。いろいろなところへ練習試合に行きました。そのころからプロになろうという気持ちは間違いなくありました。そこしか目指していなかったので…(笑)。

 

読者から大迫選手への質問

Q:

性格は?
 

大迫

のんびりしているというか、人には「天然」と言われることもあります。寮でも、のんびりしていることが多いですね。のんびりしていても退屈しないですよ。
 

Q:

大迫選手のラッキーカラーは?
 

大迫

もちろん紫です(笑)が、日本代表の青に近い色も結構好きですね。
 

Q:

海外でプレーしたいという気持ちはありますか。
 

大迫

あります。同期の年が近い選手がどんどん海外へ出て行っていますし、そういうのを見ると、自分も行ってみたいと思ってしまいます。
 

Q:

年代別代表の遠征などで海外へ行かれる事も多いと思うのですが、行ってみたい国はどこですか。
 

大迫

ヨーロッパがいいですね。特にドイツ。サッカーとしてやりたい国もドイツです。GKの世界からすると、ドイツでプレーをすることは価値が違いますし、そういったところでプレーすると「どういう感覚なのかな」と興味があります。
 

Q:

趣味は?
 

大迫

ギターもたまに弾いていますし、最近は英語を勉強したり、いろいろな本を読むようになりました。英語はサンフレッチェの通訳さんに教えてもらっています。本は、栄養関係の内容だったりといろいろですね。
 

Q:

好きな歌手や好きな曲は何ですか。
 

大迫

昔からB’zが好きです。試合前は、スタジアムに向かうバスの中で聞いています。「イチブトゼンブ」だったり、結構アップテンポな曲を聞いています。
 

Q:

大迫選手がイチオシのリラックススポットを教えてください。
 

大迫

これからの季節は温泉とかがいいですね。最近は、コーヒーが飲めるようになり、そのおいしさに気付いたので、カフェに行って飲んでいます。コーヒーを飲みながら本を読んでいますね。ブラジルには試合で何度か行ってて、コーヒーがおいしかったのでその影響ですかね。
 

Q:

タイプの女性は?
 

大迫

大人っぽい人がいいですね。見た目もそうですし、行動や性格など気が利いていて、自分よりも知識があって…、そういったことで大人の女性に憧れます。年上は全くOKです。タレントさんで言うと、そのときどきではやっているドラマに出ている女優さんなど、「かわいいな」と思ったりしますけど…。新垣結衣さんは自分よりは年上ですが、きれいだし、落ち着いているので好きなタイプですね(照)。
 

Q:

残りの試合に向け、ファンへ一言コメントをお願いします。
 

大迫

J1リーグは、残り3節になりました。ここ数試合は難しい試合が続いていますが、目標を見失わず、常に勝利を目指してやっています。残りの試合に全部勝てるよう、サポーターの皆さんと一緒になって戦いたいと思います。応援よろしくお願いいたします。
 
 

動画


 

PROFILE プロフィル  大迫敬介選手 【背番号38・GK】

Ⓒsanfrecce
1999年7月28日生まれ、鹿児島県出身。兄の影響で7歳からサッカーを始め、半年後にはすでにGK。性格は爐里鵑咾蟆悪瓠ドイツでプレーすることに憧れているとか。好きな歌手はB’zで、アップテンポな曲が好き。趣味はギター。最近は英会話の勉強や、カフェで読書にハマっているそう。
     
【タイプの女性は?】
「大人っぽい女性に憧れます。気が利いていて、知識もあって…。自分より年上でも全くOK。芸能人なら新垣結衣さんです。きれいだし、落ち着いている人なのでタイプですね(照)」
 
  
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2019年11月22日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt