リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年11月15日号 大掃除スイッチ、オン プロ直伝の技でピッカピカ!【キッチン・浴室そうじのコツ】
2019年11月15日号

大掃除・プロ直伝の技でピッカピカ
【そうじのコツ】
2019年11月15日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
参加無料【今年も盛りだくさん!!】ヒューマンフェスタ2019ひろしま開催情報。毎年12月の人権週間(12月4日〜12月10日)中に開催している総合的な人権啓発イベント!今年も2Days! 「だれもがいきいきと生活できる社会」の実現をめざして〜「気づき」から「きずな」へ〜
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
【リビングカルチャー倶楽部】リビング特選♪秋のボディー改造プロジェクト★今年こそシェイプアップしたい皆さん、リビングカルチャー倶楽部の好評企画「秋のボディー改造プロジェクト」がお勧めです ★カルチャー倶楽部NEWS
【リビングカルチャー倶楽部】リビング特選♪ リビングペーパードライバー教室 リビングカルチャー倶楽部では、好評の「ペーパードライバー教室」をこの秋も開講します★高陽自動車学校★広島モータースクール★ロイヤルドライビングスクール★
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
【カープ 男気の証明】 広島東洋カープの選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】
2019.09.27取材

【Vol.31】 島内颯太郎選手 【背番号43・投手】

150kmを超える直球とタテの変化球のコンビネーションで三振を取る島内颯太郎投手。ルーキーながら開幕1軍スタートし、6月以降は1軍に定着。来期が楽しみな選手です。
 
島内颯太郎選手 【背番号43・投手】|リビングひろしま
島内颯太郎選手 【背番号43・投手】
 
 好不調がありながらも、ほぼ1軍で活躍した島内颯太郎投手。「“1年間1軍”を目標にしていたので、まだまだ満足できる内容ではありません」と厳しい自己評価。ルーキー1年目で1軍を経験をさせてもらえたことが貴重な経験だったと言い、「だからこそ早くチームの勝利に貢献できるような中継ぎ投手になりたい」と、来期の目標を掲げます。
 
 9月4日のヤクルト戦では、リードしている場面での登板。大瀬良投手から島内投手への先輩・後輩、勝利のリレーを期待したファンも多かったのですが、痛恨の結果でした。「きれいに3人で終わらせようと意識しすぎて、自分のピッチングができなかったことが残念です」と、悔しさを吐き出します。
 
 ドラフト会議の前、“指名3位以内ならプロへ”と自ら高いハードルを宣言。その真意を聞くと、「大学4年生の春に結果が出せなかったこともあり、ドラフト上位で取っていただける選手じゃないとプロでは通用しないと思っていました。評価が低ければ、社会人野球で課題を克服し、再度プロに挑戦したいと思っていたんです」と、性格的に自分を追い込んでやるタイプだとも話します。
 
 今後は、変化球でも直球でも勝負できる決め球を作り、その日の状況に合わせ、勝負球を使い分けて投げられるピッチャーになりたいとか。そのために、カットボールやスライダーの精度を上げたいとも。大学のときから、大瀬良投手を目標にしている島内投手。「どんな小さなことでも、大瀬良投手をまねようと、いつもチラリチラリと見ています」と話してくれました。
 

 


 
 

「満足できる年ではなかった」

150劼鯆兇┐訥承紊函▲織討諒儔週紊離灰鵐咼諭璽轡腑鵑濃或兇取れる島内颯太郎投手。ルーキーながら開幕1軍からスタート。その後、好不調を経験しながらも、6月以降は1軍に定着します。来期の活躍が楽しみです。
 
 

編集部

ルーキーとしては手応えが感じられた1年だったのでは?
 

島内

“1年間1軍で活躍する”ことを目標にしていました。開幕後から6月上旬まで2軍へ降格となり目標がかなえられませんでした。まだまだ満足できる1年ではなかったです。
 

編集部

1年を振り返ると、好調と不調の波がありましたね。
 

島内

オープン戦ではうまくいっていたのですが、開幕してからは悔いが残るような試合が多かったです。2軍では、しっかり課題と向き合いました。6月上旬に1軍へ戻ってきたとき、自分のピッチングができたことは良かったです。
 

編集部

1軍へ再度呼ばれたとき、どんな気持ちでしかたか。
 

島内

正直、あのとき2軍でも結果がなかなか出せていなかったので、1軍に呼ばれるとは思っていませんでした。でも、呼ばれたからには1軍に定着したいですから、思い切ってやるしかないと覚悟していました。自分ができることをしっかりやろうと思いました。
 

編集部

今年、もっとも手応えのあった試合は?
 

島内

6月11日の日本ハム戦ですね。今期で一番長く投げた試合で、4イニング目の途中で、交代しました。緊急登板で、まだ体が出来上がっていませんでした。まさかのタイミングだったので、準備するのにちょっと気を抜いていたところがありました。しかし、そこは中継ぎの見せどころというか、ああいった場面でピシャリと投げてこその中継ぎ。何とか0点に抑えることができて良かったです。
 

編集部

6月と8月は調子が良かったのですが、9月4日のヤクルト戦では4失点。反省の多い試合でしたね。
 

島内

リードしている場面での中継ぎだったのですが…。きれいに3人で終わらせようと意識しすぎて、小さくまとまりすぎたというか、良く見せようと思ったというか…。せっかく期待して送り出してもらったのに、自分のピッチングができなかったことが残念です。
【データ】6月の防御率1.17(7試合)、8月は1.80(8試合)。9月4日は、ワンアウトをとったところで四球を皮切りに3連打で失点
 

編集部

あの試合、大瀬良投手から島内投手への狎菁據Ω綰據⊂〕のリレー瓩見たかったです。
 

島内

「抑えなきゃ」という気持ちが出てしまいました。1軍で活躍するためにも、これからまだまだ頑張らないといけないと痛感しました。
 

編集部

今年、「ここが成長したな」と思える点はありますか。
 

島内

開幕当初に比べると、マウンド上でだいぶん落ち着いて投げられるようになりました。1軍での経験は、ファームとは全然違います。毎試合毎試合プレッシャーが掛かるので、1軍の試合を入団1年目から経験させてもらったことは、大きいです。だからこそ一日でも早く、チームの勝利に貢献できる中継ぎになりたいと思っています。
 
 

大瀬良投手を目標に

編集部

ドラフト会議の前、「指名3位以内ならプロへ」と自ら高いハードルを設けられました。なぜあのように思われたのですか。
 

島内

大学4年生の春で結果が出なかったこともあり、監督と話をして、「ドラフト上位で取っていただける選手じゃないとプロでは通用しない」ということになりました。それで、「ドラフト3位以上だったら、プロへ行かせてください」と監督に言いました。もし評価が低ければ、課題を見つめ直して、社会人野球でもう一度力を付け、高い評価を受けられる選手になってからプロに挑戦したいと思いました。僕は、自分にプレッシャーをかけて追い込んでやるタイプなんです。
 

編集部

大瀬良投手は大学の先輩になります。入団会見の際、「目標にしたい選手」とコメントされました。具体的に、どのような点を目標にしたいと思われたのですか。
 

島内

大学の監督さんから、大瀬良投手のことをよく聞かされていました。人間的にも素晴らしく、キャプテンを務められ、チームを引っ張る力があったと言われました。自分はあんまり言葉で人を引っ張ることができないので、プレーでチームを引っ張っていこうと思いました。また練習が終わった後も、もくもくと走っていたと聞きました。それを聞いたその日から、僕も毎日練習の終わりに走るようにしました。カープに入団して一緒になったので、そうした小さいことからでもまねをしていこうと、いつも大瀬良投手をチラリチラリと見ています。

 

直球を武器に、縦の変化球で空振りを

編集部

ストロングポイントを教えてください。
 

島内

直球を主体に、フォークとチェンジアップで空振りが取れるところは自信を持っています。真っすぐのボールは、1軍のバッターに通用すると思っています。
 

編集部

ストレートは、自然とカットボールの回転がかかるそうですね。
 

島内

もともとは、きれいな真っすぐを投げたいのですが、腕の振りがずれてカットボールのような曲がり方になっていることも…。それをバッターが嫌だと感じてくれるのなら、それはそれで良いと思っています。
 

編集部

ピッチャーには、力でバッターをねじ伏せるタイプと、直球を早く見せる配球やコントロールを付けるタイプがあります。島内投手はどちらですか。
 

島内

今はどちらかというと、力で押していくタイプだと思います。しかし、今後目指していくのは、変化球でも真っすぐでも、勝負できる決め球をつくっていくこと。その日の状況に合わせて、臨機応変に勝負球が投げられるピッチャーになりたいです。スライダーやカウントを取りやすい変化球など、身に付けないといけないと思っています。
 

編集部

そのために取り組んでいる球種があれば教えてください。
 

島内

今はシーズン中なので、新しい球種の練習はあまりできないです。来年に向けては、カットボール系の小さい変化の球がコントロールしやすいので習得したいと思っています。横の変化球のスライダーも精度が上がれば、ピッチングに幅ができて楽になると思います。
 
 

任された場面をきっちりこなすこと

編集部

中継ぎは、いつ出番があるか分からないので、準備が大変ですね。ストレスはたまりませんか。
 

島内

中継ぎは、プロ野球以外ではなかなか経験することがありませんでした。試合の途中でもいつ使われるか分からないので、ブルペンでしっかり準備して常に緊張しています。投げていない日でも、試合が終わった後は疲労感があります。
 

編集部

中継ぎとして毎試合、心掛けていることは?
 

島内

試合の序盤でキャッチボールをして、強い球が投げられる状態にしておきます。「島内、すぐ行くぞ」と言われたとき、いかに早く肩を作るのかが重要です。当初は、ゆっくり肩を作っていましたが、今は少しでも早く肩を作るように準備をしています。
 

編集部

本音は、先発で投げてみたい?
 

島内

先発で投げてみたいという気持ちは入団当初からあります。しかし、あらためて中継ぎの大変さというか、中継ぎの魅力や大切さを知ったので、狎菷がしたい瓩箸いΔ茲蠅蓮↓倏い気譴燭箸海蹐鬚ちんとこなしたい瓩箸いΦせちになりました。今は狎菷もやってみたいなぁ瓩箸いΦせちぐらいですかね。

 

走り込みで球速がアップ

編集部

いつごろ野球を始めましたか。始めたきっかけは?
 

島内

小学3年生ですね。父がずっと社会人野球をやっていたこともあり、その影響で小さいときから公園でキャッチボールをしていて、気が付いたら野球をやっていましたね。
 

編集部

九州共立大学に進学されますが、そのときはもうプロを意識されていたのですか。
 

島内

当時どこの大学からも誘いの声が掛かりませんでした。プロになりたいというよりは、野球が続けられる環境にいたい、大学で投げたいと思いという思いが強かったです。一番最初に受けた九州共立大学に決めました。
 

編集部

大学2年生の秋にケガをします。ケガから回復すると球速が一気に7劼皀▲奪廚靴討い燭修Δ任垢、この間何かされたのでしょうか。
 

島内

ケガで3年生の春までボールが投げられない状態でした。そのとき、ご飯をいっぱい食べて体重を増やし、練習もウェートトレーニングを取り入れたところ、体が大きくなりました。
 

編集部

プロを意識したのは、4年生の夏から?
 

島内

いいえ、プロを意識したのは3年生の秋のリーグ戦が終わったころからです。初めて神宮大会に出て投げたのですが、そのとき全国のチームを相手に投げて自信が付きました。このときから、プロを目指したいと思うようになりました。「プロに行きたい、そのためには結果を出さなきゃ」と思えば思うほど悪循環。結局4年生の春は結果を出すことができませんでした。
 
 

編集部

4年の夏に注目されるようになります。以前から行っていた走り込みの成果が出たのでしょうか。
 

島内

最初は自分の体づくりというよりは、「大瀬良投手がやっていることを自分もやらないとプロへ行けない」という思いの方が強かったのですが、その後「体づくりには走り込みが大切」と思うようになりました。それが結果的に、下半身強化につながったと思います。球速が150劼鯆兇┐燭里蓮⊆分でもびっくりしました。
 
 

読者から、島内颯太郎投手への質問

Q:

性格は、闘志をむき出しにするタイプ? それとも秘めるタイプ?
 

島内

秘めるタイプですかね。マウンドで動揺していても顔に出さないようにしています。周りに影響を与えるので…。
 

Q:

験担ぎやルーティンは?
 

島内

フルーツが好きなので意識して食べています。気持ちが落ち着きます。今の時期だと梨が好きですね。
 

編集部

フルーツはなんでも好きそうですが、りんご狩りやぶどう狩りに行かれたことは?
 

島内

行っていないです(笑)。
 

Q:

果物はじっくり選別して取る方ですか、それとも目についたらつい取ってしまう方ですか。
 

島内

僕の性格上、なるべくおいしそうなのを選んで取るでしょうね。
 

Q:

チーム内では、いじられキャラと聞いていますが…。
 

島内

どちらかというと、そうですね。学生時代から…。先日はゴキブリのおもちゃがロッカーに置いてあったのですが、これはやめてほしいですね(笑)。犯人はだいたい分かっているのですが…。たぶん菊池保則投手です。ロッカーが隣なんですよね。でも、ご飯に連れて行っていただいたり、声を掛けていただいたりと、とてもよくしていただいています。
 

Q:

先輩の大瀬良選手から、入団のとき声掛けやお祝いは何かもらいましたか。
 

島内

入団前、まだ大学生のとき「おめでとう。ここからが本番だから、しっかり準備しておくように」と、すごく気に掛けて連絡をいただきました。この言葉通り、しっかり準備しました。 
 

Q:

趣味や特技はありますか。休みの日は何をしていますか。オフシーズンにしたいことはありますか。
 

島内

休みの日は寝ています。昼まで寝て、最近だったら寮に塹江投手がいるので、一緒にゲームをしたり、そのまま夜にご飯を外へ食べに行ったりしています。オフシーズンは、友達と旅行に行きたいですね。
 

Q:

塹江投手とは仲が良いんですね。島内投手の片えくぼがチャーミングと言われていましたよ。
 

島内

これ、えくぼじゃないですよ。知っているのに、おちょくっているだけですよ(笑)。
 

Q:

理想の女性は、どんなタイプですか。芸能人に例えるなら?
 

島内

よく笑っている人ですかね。話しているときも、笑顔が絶えない女性は魅力的です。女優の山本美月さんがずっと好きです。
 

Q:

目指す投手像とは? ファンへのメッセージを…。
 

島内

まずはしっかり中継ぎで結果を出し、しっかりカープの優勝に貢献できるピッチャーを目指したいです。ピッチャーの軸として、多くの試合で投げられるようになりたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。
 
 

 

PROFILE プロフィル  島内颯太郎選手 【背番号43・投手】

島内颯太郎選手 【背番号43・投手】
1996年10月14日生まれ、福岡県出身。性格として、動揺は顔に出さず、闘志は内に秘めるタイプ。験担ぎは、フルーツを意識して食べること。チームではいじられキャラだそうでいたずらをされることも。休日は、寮で塹江選手とゲーム三昧だとか。大瀬良投手は大学の先輩
      
【タイプの女性は?】
「よく笑っている人ですね。話をしているときも笑顔が絶えない女性は魅力的。女優では、山本美月さんがずっと好きですね」
 
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2019年10月11日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt