リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年12月6日号 帰省時に確認しよう 離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
参加無料【今年も盛りだくさん!!】ヒューマンフェスタ2019ひろしま開催情報。毎年12月の人権週間(12月4日〜12月10日)中に開催している総合的な人権啓発イベント!今年も2Days! 「だれもがいきいきと生活できる社会」の実現をめざして〜「気づき」から「きずな」へ〜
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
【カープ 男気の証明】 広島東洋カープの選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】
2019.08.30取材

【Vol.30】 塹江敦哉選手 【背番号36・投手】

左腕不足の広島の中で150キロ以上が出せる投手として、期待されている塹江敦哉選手。2年間、持ち味を出し切れていませんが、今こそブレイクを望むファンは多いです。
 
塹江敦哉選手 【背番号36・投手】|リビングひろしま
塹江敦哉選手 【背番号36・投手】
 
 7月上旬に、2年半ぶりに1軍へ昇格した塹江敦哉投手。「やっと上がってこられたという気持ちです。まずは、自分ができることを精いっぱいやろうと思います」と、決意をかみしめます。8月17日のDeNA戦では3イニングを任され、2安打無失点と好投。一方25日の中日戦では、2回4失点で危険球退場となります。「良いときもあれば、打たれたり四球を与えてしまったり、そうした全てが今の自分かな…」と、期待に応えられないもどかしさに、悔しさをにじませます。
 
 2017年と2018年は、1軍での登板はなし。「僕の売りはストレートの速さ。課題は制球力。1軍に上がるため、ヒントを見つけようと取り組んできました。課題を一つ一つクリアしたというよりは、同じところをぐるぐると回っていたような気がします」と、この2年間を振り返ります。「今は、とにかく真っすぐとスライダーの精度を上げること。持ち味の速球を生かすため、チェンジアップやフォークなどで緩急を付ける球を来年までには身に付けたいです」と、暗中模索の状態から少し解決できた部分があるとニッコリ。
 
 中継ぎとして、毎試合心掛けていることを尋ねると、「しっかり準備を怠らず、その一方で気を入れ過ぎないように、気持ちを調整しています」とのこと。先発への思いを聞くと、「投げることが好きなので、先発でも中継ぎでも気にしていません。長いイニングを投げたいです」と頼もしい発言。来年を視野に入れ、左腕の一角として、ぜひ実績を残してほしい選手です。
 

 


 
 

「まずは自分ができることをやろう」

左腕不足の広島の中で150キロ以上が出せる投手として、入団以来期待されている塹江敦哉選手。2017年と2018年は、持ち味を出し切れませんでしたが、今こそブレイクを望むファンは多いです。
 
 

編集部

「1軍昇格、待っていました」と思うファンも多いかと思います。
 

塹江

とんとん拍子で上がってきたわけではなく、長い間2軍にいたので、「やっと上がってこられた」という気持ちです。自分の調子が悪いときも応援してくれている人がいることに感謝しながら、1軍で頑張らなければと思っています。
 

編集部

7月上旬、1軍に呼ばれたときの気持ちは?
 

塹江

ファームで結果が出ていたので、呼ばれる可能性はあるかなと思っていました。ただ、まだできていないこともたくさんあります。1軍に上がるタイミングはチームの判断ですが、コーチが推薦してくれたので、まずは自分ができることをやろうと思っています。それで結果が出なかったら、それから考えればいいかなと…。
 

編集部

ここまで登板した試合を振り返って、手応えのあった試合は?
 

塹江

8月17日のDeNA戦で、3イニングを投げました。ファームでもこんなに投げることはなく、バッター1人1人との対戦の積み重ねが3イニングまでいけたと思います。2安打無失点で抑え、自分らしさが出せたと思います。今年は、良いときもあれば、打たれたり、球の精度が低いことでフォアボールを与えてしまったりする試合もあります。そうしたすべてが今の自分かなと思っています。
 

編集部

8月25日の中日戦では、2回4失点。危険球退場となりましたが…。
 

塹江

僕としては、そんなに抜けた球という感じではなくて、真っすぐのインコースが高めに行ってしまい、コントロールミスとなってしまいました。
 
 

良い経験を積んだU-23代表選手への出場

編集部

2016年は、フレッシュオールスターに出場。U-23ワールドカップにも出場しました。良い経験ができましたか。
 

塹江

本当はそうした経験を積んで、着実に成長できれば良いのですが…。U-23の出場は、チームが推薦してくれて実現しました。良い経験をたくさん積ませてもらい、期待されていることは感じています。でも、それに応えられないもどかしさが続いています。やっと1軍で使ってもらえるようになりましたがまだまだです。U-23に行ったから成長したと言ってもらえるようにならなければいけませんね。
 

編集部

U-23では、どんなことが経験できましたか。
 

塹江

日本のプロ野球だと、きれいな球場できれいな設備で野球ができますが、海外だとそうはいきません。自分の思い通りにならないこともいっぱいです。それに対応して準備することを学びました。この先、この経験が役に立つと思います。
 

編集部

その後、2016年9月11日の巨人戦にリリーフとしてプロ1軍初登板を果たします。打者7人に対して1アウトしか取れず6失点で降板し、ほろ苦いデビュー戦でしたね。
 

塹江

高校でも甲子園には出ていないですし、何万人もの人の前で投げるということがなかったので、すごく緊張してしまいました。
 

編集部

当時巨人にいた長野選手から初球にホームランを打たれましたが、同じチームになって長野選手と何か話されましたか。
 

塹江

最初、長野さんがマツダスタジアムに来られたとき、ちょうど僕もマツダスタジアムにいました。長野さんにあいさつをすると、「君が塹江君か」って、ハグしながら「ごめんね」と言われました(笑)。
 

編集部

プロの洗礼を受けた試合から3試合目には先発を経験します。DeNA打線を5回2失点に抑えました。気持ちの切り替えができるタイプですね。
 

塹江

もともと先発だったので、その流れでの登板でした。あのときは入団2年目だったので、すごく緊張して気持ちが引いてしまったり、不安でした。気持ちの切り替えができたわけではありません。
【データ】9月19日のDeNA戦は5回を投げて、打者18人に対して2安打1ホームラン、6奪三振、2失点と好投。
 
 

この2年間、同じところをぐるぐる回っていたような…

編集部

2017年と2018年、2年連続で1軍登板がありませんでした。この間、1軍に上がるために、意識して行ったことはありますか。
 

塹江

「やっていない」と言われるのが嫌だったので、とにかく一生懸命練習して、何かヒントを見つけようと思っていました。僕の売りは、ストレートが速いこと。課題は、今もそうですが制球力。自分でもコントロールが悪いと思っているので、そこは修正していかないといけないのですが…。思いっきり腕を振ったら真っすぐを狙われて打たれたり、制球力を意識するとストレートが伸びなかったりと、一方をやったらもう一方が失敗するという感じでした。この2年間で、課題を一つ一つクリアしたというよりは、同じところをぐるぐると回っていたような気がします。
 

編集部

フォームのテイクバックを小さくされましたが、投球動作のときに気を付けていることはありますか。
 

塹江

テイクバックを小さくしているつもりはないのですが、バッターにできるだけ見づらいような投球をイメージしています。
 

編集部

制球を意識すると、ボールのコントロールが乱れる?
 

塹江

160キロをコーナーへビシビシと投げるなんて、今すぐにできることではありません。自分が今できることをやろうと思っています。バッターが怖くて腕が縮こまったりすることがあったので、そこを何とかしたいと思っていました。とにかく自分ができることを精いっぱいしていました。
 
 

「僕のダメなところも含めて全部見てほしい」

編集部

「俺のここを見てくれ!」という、ストロングポイントを教えてください。
 

塹江

それなりにスピードは出ますが、今は正直そんなに自信があるわけではありません。将来的にはストレートの強さで、バッターを抑えていければと思っていますが、150キロを出すピッチャーはたくさんいます。僕のダメなところも含めて全部見てほしいしです。そして、応援してもらえればうれしいです。
 

編集部

今、取り組まれている球種はありますか。
 

塹江

真っすぐを生かすために、チェンジアップやフォークなどで緩急をつける球を来年までにはしっかり使えるようにしたいです。今はとにかく、真っすぐとスライダーの精度を上げることです。
 

編集部

ピンチになっても、自分の投球ができればいいですね。
 

塹江

僕の中では、少し解決した部分はあります。
 
 

準備を怠らず、気を入れ過ぎないように

編集部

中継ぎは、いつ出番があるか分からないので、準備が大変ですね。
 

塹江

中継ぎは中継ぎのしんどさがあり、先発ピッチャーなら打たれた後、一週間は相当つらいと思います。プロ野球選手である以上、そういうしんどい思いも覚悟してやらなきゃいけないですし、逆に抑えると気持ちが良いので、それを目指すことも忘れないようにしています。
 

編集部

中継ぎとして毎試合、心掛けていることは?
 

塹江

試合に入ったらいつ出番があるか分からないので、登板前までにしっかり準備を
しておくことを意識しています。ただし、気を入れ過ぎないというか、試合中ずっと気を張っていると、終盤に投げることもあって集中力がもたなくなるので、気持ちの持ち具合を調整しています。
 

編集部

本音は先発で投げたいですか。
 

塹江

やはり、長いイニングを投げたい気持ちはあります。ただ、中継ぎの魅力もたくさんありますし、そもそも投げることが好きで野球をやっているので、先発でも中継ぎでも、気にしていません。
 
 

高校2年生の夏に147キロ投げてプロを意識

編集部

いつから野球を始めたのですか。はじめたきっかけは?
 

塹江

小学3年生です。兄が野球をやっていたので、自然と地元のチームに入っていました。
 

編集部

香川県立高松北高等学校時代、投手に転向し、4番でエース。3年生では最速150キロをマークしますが、どうやってスピードボールをマスターしたのですか。
 

塹江

もともと中学校のときは、2番手投手でした。高校2年生になって、メインのピッチャーになりました。特別な練習はしていないです。高校になってからスピードが速くなったので、「これはいける」と思うようになりました。身長が高いわけではないので、体格というよりは、ひたすら速球を投げるイメージはしていたと思います。
 

編集部

高校では、学年でも1・2番の成績。英検2級で留学経験もあり、まさしく文武両道ですね。外国人選手と英語で話すことはありますか。
 

塹江

食事に行ったら英語で話すときもあります。聞き取れて話せるのは6割ぐらいですかね。
 

編集部

プロを目指すきっかけは?
 

塹江

小さいときから、夢はプロ野球選手でした。高校2年生の夏に147キロ投げて、「プロになれるかも」と思いました。
 
 

読者から、塹江敦哉投手への質問

Q:

性格は?
 

塹江

「変わっている」とよく言われます。人にあまり合わせないので、普通の人と考え方が違うなと、自分でも思うときがあります。別に人付き合いが苦手というわけではないのですが、決めたらそのままやってしまうところがありますね。
 
 

編集部

験担ぎやルーチンは?
 

塹江

あまりないですね。以前はいろいろやっていたのですが、やらないと不安になるので、やめました。投げる前に深呼吸をするぐらいですかね。
 

Q:

出身地が香川県と言えば爐Δ匹鶚瓩任垢、やっぱり好きですか。
 

塹江

好きですね。釜玉が大好きです。
 

Q:

自分を奮い立たせる言葉や曲などあれば教えてください。
 

塹江

基本的にいつも奮い立っているので、どちらかというと気持ちを落ち着かせる曲を聞いています(笑)。
 

Q:

ニックネームが「ウインナー」と聞いたのですが…。
 

塹江

「お前の顔、ウインナーみたいだな」って、一岡さんが最初に言い出しました。チーム内では、ウインナーなんて呼ばれてないですよ。 
 

Q:

球速は、最高何キロを出したいですか。
 

塹江

170キロですね(笑)。
 

Q:

趣味や特技はありますか。
 

塹江

ユーチューブで動画を見るか、本を読むか、外に出るのが面倒くさくて…。もう釣りはしていないです。
 

Q:

プロ野球選手になるにあたって、影響を受けた選手はいますか。
 

塹江

松坂大輔投手(現・中日)や、杉内俊哉投手(現・巨人コーチ)です。
 

Q:

プロ野球選手になって、日々大事にしていることはありますか。
 

塹江

何事も積み重ねです。やらなくて後悔しそうなことはすぐやるし、やってしまって後悔しそうなことはやらない。とにかく自分に正直に生きることを大事にしています。
 

Q:

理想のタイプの女性は? 年上なら何歳までが恋愛の対象になりますか。
 

塹江

明るくて、かわいい人ですかね。年上なら3歳上までかな。タレントさんなら、長澤まさみさんです。いつも笑っている姿が好きですね。
 

Q:

今年の目標や抱負を含め、ファンへコメントをお願いします。
 

塹江

いつも応援ありがとうございます。まだまだ力が足りないところもありますが、しっかり力を付けて、カープの勝利につながるよう精いっぱい頑張りますので、これからも温かいご声援をよろしくお願いします。
 
 

 

PROFILE プロフィル  塹江敦哉選手 【背番号36・投手】

塹江敦也選手 【背番号36・投手】
1997年2月21日生まれ、香川県出身。性格は、よく「変わってる」と言われるそう。好物は、釜玉うどん。日々大事にしているのは「自分に正直に生きる」こと。好きな曲は、「いつも気持ちが高ぶっているので、心を落ち着かせる音楽」だそう。目指す球速は170キロ瓩伐鹽(?)。
      
【理想のタイプの女性は?】
「明るくてかわいい人。年上なら3歳ぐらいまでかな。タレントなら、いつも笑っている姿が印象的な長澤まさみさんですね」
 
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2019年9月20日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt