リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年12月6日号 帰省時に確認しよう 離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【このまち思いWEBガス展】10月26〜12月27日午後5時まで開催中★WEBでもガス機器をガス展価格で!
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

【はじまり】人物紹介

デビュー34年、歌手として躍進「笑顔が人生を変えてくれた」

森口博子(歌手・タレント)

森口博子
森口博子
  
34年前のデビュー曲がガンダムの主題歌。以来、節目ごとにガンダムの楽曲を歌う機会に恵まれ、“ガンダムの女神”と呼ばれる森口さん。「歌は体力勝負。エネルギーの源は、何といってもライブ!会場でファンのみなさんが笑顔になる瞬間、大きな幸せを感じるんです。ライブは歌手としての生命線ですね」と目を輝かせます。上記の写真は、東京ドームライブの様子
34年前のデビュー曲がガンダムの主題歌。以来、節目ごとにガンダムの楽曲を歌う機会に恵まれ、“ガンダムの女神”と呼ばれる森口さん。「歌は体力勝負。エネルギーの源は、何といってもライブ!会場でファンのみなさんが笑顔になる瞬間、大きな幸せを感じるんです。ライブは歌手としての生命線ですね」と目を輝かせます。上記の写真は、東京ドームライブの様子
■アルバムが大ヒット
 1979年開始のアニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの名曲を歌い上げたカバーアルバム「GUNDAMSONGCOVERS」が大ヒット中の森口博子さん。このアルバムは、2018年放送「発表!全ガンダム大投票」(NHKBSプレミアム)で全361曲のガンダムソングの中から、森口さんが歌ったデビュー曲「水の星へ愛をこめて」が1位、「ETERNALWIND〜ほほえみは光る風の中〜」が3位にランクインしたことがきっかけで制作され、セルフカバーを含め国民が選んだベスト10、全11曲が収録されています。
 「10代20代から歌い続けていた曲も、大人になるにつれ新たな発見があって、セルフカバーの機会を得たことには本当に感謝しています。寺井尚子さん、押尾コータローさん、塩谷哲さんなど、豪華アーティストの方々の情熱的な演奏など、ガンダムファンはもちろん、作品を知らない方にも、音楽の素晴らしさを感じていただける自信作です」と、言葉の端々から熱い思いが伝わってきます。
 
 
■どんな仕事にも全力で
 歌手を目指し、17歳で福岡から上京。デビュー曲「水の星へ愛をこめて」はヒットしたものの後が続かず、高校卒業目前に事務所から「もう福岡に帰った方がいい」とリストラ宣告を受けたことも…。泣きながら「何でもやります」と懇願して、得た仕事がバラエティー番組への出演だったそう。「仕事がないつらさが身に染みていたので、どんなオファーもありがたくて全力で取り組みました。それに、どの仕事も必ず歌につながると信じていました」。信じ続けた通り、“バラドル”として活躍する中、1991年に発表した「ETERNALWIND〜ほほえみは光る風の中〜」がベスト10入り。6年連続の紅白歌合戦出場や全国ツアー開催へとつながります。そしてデビュー34周年の今年、アルバムの大ヒットで歌手としてさらに大きな花を咲かせました。「ずっと応援してくださったファンの方々、手弁当で支えてくれたスタッフ。もう感謝しかありません」と、繰り返し強調して話します。
 
 
初回プレス盤ジャケット Ⓒ創通・サンライズ 機動戦士ガンダム40周年を迎え、8月にリリースされた「GUNDAM SONG COVERS」は、「発表!全ガンダム大投票」にて国民が選んだガンダムソングベスト10を森口博子さんの透明感ある伸びやかな歌声で全曲カバー&セルフカバー。バイオリニストの寺井尚子さんや、ギタリストの押尾コータローさんをはじめとする豪華ゲストミュージシャンとのコラボレーション、イラストレーターのことぶきつかささんの描き下ろしによるイラストのジャケットも大きな話題に
初回プレス盤ジャケット Ⓒ創通・サンライズ
機動戦士ガンダム40周年を迎え、8月にリリースされた「GUNDAM SONG COVERS」は、「発表!全ガンダム大投票」にて国民が選んだガンダムソングベスト10を森口博子さんの透明感ある伸びやかな歌声で全曲カバー&セルフカバー。バイオリニストの寺井尚子さんや、ギタリストの押尾コータローさんをはじめとする豪華ゲストミュージシャンとのコラボレーション、イラストレーターのことぶきつかささんの描き下ろしによるイラストのジャケットも大きな話題に
■母の教えで人生が好転
 森口さんといえば、歌唱力だけでなくその美貌も注目の的。若さと美しさの秘訣(ひけつ)は、「毎晩20分間のストレッチと適度な運動、健康的な食事、十分な睡眠。そして一番大事にしているのは“笑うこと”ですね。仕事も私生活も絶不調の時期、母に“笑っていなさい“って言われました。口角を上げていれば、きっといいことがあるって…」。教えを守り、笑顔を心掛けるようになってから運気が好転したそう。「言霊パワーってあると思うんですよ。“笑顔”そして“感謝”を口にすると、いつだって元気になれるんです」とほほ笑みます。
 
 

PROFILE  森口博子(もりぐちひろこ)

1968年6月13日、福岡市生まれ。歌手を目指し17歳で上京。1985年、アニメ「機動戦士Zガンダム」の主題歌「水の星へ愛をこめて」でデビュー。その後、バラエティー番組に活躍の場を広げてレギュラー番組12本を抱える人気“バラドル”に。1991年「ETERNALWIND〜ほほえみは光る風の中〜」が初のベスト10入りし、同年から6年連続でNHK「紅白歌合戦」に出場
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2019年9月6日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt