リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年4月20日号 祝☆しまなみ海道開通20周年 島ご飯クルーズ
2019年4月20日号

祝☆しまなみ海道開通20周年 島ご飯クルーズ
2019年4月20日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
助手席から卒業!リビングペーパードライバー教室 【4月からスタート】 苦手部分を克服
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
【JTサンダーズ 男気の証明】 JTサンダーズの選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】

【Vol.9】 小野寺太志選手 【背番号2・ミドルブロッカー】

ブロックや速攻が決まり、その活躍ぶりで注目を集める小野寺太志選手。“チームに欠かせない絶対的な存在になる”ことを目標に、東京五輪の代表選手を目指します。
 
小野寺太志選手 【背番号2・ミドルブロッカー】|リビングひろしま
小野寺太志選手 【背番号2・ミドルブロッカー】
 
 
 ルーキーながらスタメン出場を続けている小野寺太志選手。「実力でスタメンを勝ち取ったというより、今はチャンスをいただいている状態。もっとうまくなりたいです」と高みを目指します。試合中は落ち着いた表情で、まさにベテランのよう。「相手選手に悟られないよう、感情をあまり顔に出さないようにしています。若手選手らしい狎い瓩茲蝓∈は安定感の方が欲しいです」と意外な返答。

 一番注目してほしいプレーを聞くと、「ブロックはもちろんですが、スパイクもレシーブも細かいプレーを大切にしています。一つ一つのプレーに注目してほしいです。流れの中で、僕の存在感を出したいです」とも。ポジションは、ミドルブロッカー。「ブロックが決まると、もうめちゃくちゃ気持ちがいいですよ。ブロック1本でチームに勢いがつくことが醍醐味ですね」と、声が弾みます。

 バレーを始めたのが中学3年生の秋。当時身長が195僉⊆りからの勧めがあり、県大会の選抜メンバーに選ばれたことがきっかけでした。その後、バレーの名門・東北高校へ進学。「高校時代は問題児でした。やりたくないことは、やりませんでしたから」。そのため3年生のとき、1度も全国大会に行けないという屈辱を経験します。そこから考え方や態度を一変。さらに東海大学では、“チームで戦う”という姿勢に触発され、バレーの技術とともに、人間性も大きく成長しました。

 今は、日本代表や東京五輪への出場を意識。「毎日が戦いで、一瞬も気が抜けません」と大きな目標に向かって猛進中です。 
 
 

 


 
 
新人ながらスタメン出場を続け、ブロックや速攻が決まり、現在、注目を集める小野寺太志選手。“チームに欠かせない絶対的な存在になる”ことを目指しています。
 

「今はチャンスをもらっているだけ。もとうまくなりたい」

編集部

1年目ですが、スタメン出場を続けていますね。
 

小野寺

実力でスタメンを勝ち取ったというよりは、チャンスをいただいている状態なので、慢心せず、もっともっとうまくなりたいです。
 

編集部

ブロックが好調で、速攻も決まっていますね。
 

小野寺

僕の実力というよりは、エドガー選手やリュー・リービン選手といった、ブロックがいい選手が僕の横にいるので、どうしても相手チームのアタッカーが、2人を避けて僕の方へ打ってきます。スパイクも両サイドに2人がいると、そちらをマークしないといけないのですが、深津選手がいいところで僕にトスを上げてくれるので、今はよく決まっているのだと思います。このチャンスを逃さないよう、しっかり練習をしています。
 

編集部

ストロングポイントについて、チームのHPに「ブロックと器用なプレー」とありました。器用なプレーとは具体的にどんなプレーですか。
 

小野寺

ミドルブロッカーは、レシーブやサーブ、二段トスをあげることを苦手とする選手が多いようです。僕は、そうしたプレーに苦手意識を持っていません。細かい動きでボールをつないだり、二段トスをあげたりできるので、そこが強みだと思います。
 

編集部

試合中、いつも落ち着いてプレーをしている印象がありますが…。
 

小野寺

感情をあまり顔に出さないようにしています。僕の表情や態度が沈んでいると、相手チームから狙われますし、それがチームにも良くないと思うからです。周りの人からは、「若手らしくない」「ベテランみたい」と言われますが、僕はそれでいいと思っています。若手らしい勢いより、安定が欲しいです。安定を求めた結果が、落ち着いたプレーにつながっていると思います。
 

編集部

一番注目してほしいプレーは?
 

小野寺

僕は、ブロックもスパイクもレシーブも、細かいプレーも大切にしているので、どこか一つというよりは、一つ一つのプレーに注目してほしいです。すべてのプレーで、僕の存在感を出したいですね。
 
 

「ブロックが決まると、めちゃくちゃ気持ちいい」

編集部

ミドルブロッカーの魅力とは?
 

小野寺

得点をたたき出すポジションではないのですが、ブロックで相手のエースを止めるとか、競り合いのときにブロックが決まってチームに勢いがつくとか、そこがミドルブロッカーの醍醐味です。
 

編集部

ゲームのスピードが速く、ブロッカーは最も進化が問われますね。 
 

小野寺

どんな状態でも、ブロックでスパイクを止められるのが一番ですが、しっかりセッターにボールが返ってくると、いくらブロックしようとしても難しいです。サーブでどれだけ相手を崩せるかも関係してきます。サーブとブロック、ブロックとレシーブは全部つながっていると思います。
 

編集部

相手のトス回しを先読みすることも大切ですね。
 

小野寺

相手セッターとブロッカーとの駆け引きは大事で、それができる選手は、やはりブロックがうまい選手だと思います。今の僕は、駆け引きよりもサーブで崩してもらって、止めやすくなったものを止めている状態です。他のチームの選手で駆け引きがうまい選手の動きを見て勉強しています。
 

編集部

ブロックが決まったときの叫び声ってありますか。
 

小野寺

ブロックが決まると、めちゃくちゃ気持ちいいです。叫び声は勢いのままに…。「ヨッシャー」とかもなく、言葉になっていない声を出すときもありますね(笑)。

 
 

バレーを通して人間性も養えた、高校・大学時代

編集部

バレーは中学3年生からで、それまでは野球部だったそうですが本当ですか。
 

小野寺

皆さんビックリされますね。そんなに野球がうまかったわけではなかったのですが、高校に行っても野球部に入るつもりでした。
 

編集部

中学3年生の秋からバレーを始めますが、当時はモチベーションが上がらなかったようですね。
 

小野寺

野球部を引退した後に、身長が195僂發△辰燭海箸ら爛丱譟爾鬚笋辰討澆蹲瓩伴りから言われ、一旦は断っていたのですが、県の選抜選手に選ばれてやることになりました。指導する先生は知らないし、選手は他校の生徒だし、僕はバレーができないし、何がおもしろいのかと思いました。最初は、バレーボールを爐笋蕕気譴討い覘瓩箸いΥ兇犬世韻任靴燭、少しずつですが、パスができるようになったり、何かができるようになって、周りの友達からも教えてもらったりしていました。
 

編集部

周りのチームメイトからのサポートもあって、バレーが好きになっていった?
 

小野寺

そうですね。良くしてくれたチームメイトが2人いて、今でも連絡を取り合っています。僕が長期の休みのときなどは、会いに行ったりする仲です。
 

編集部

東北高校、東海大学、そしてプロへ。どの時代に苦労や、成長を感じましたか。
 

小野寺

高校時代が一番苦しかったですね。毎日練習で休みがなく、体がきつかったのを覚えています。僕が1・2年生のころは、全国大会に出場できたのですが、3年生のときに春高バレーやインターハイなど、全国大会に一度も出られませんでした。そこであらためて自分がどれだけダメだったのか、身に染みて分かりました。今までは、先輩の力で全国大会に連れていってもらっていましたが、僕が3年生のときに、後輩たちを連れていってあげられなかったのはどうしてなのかという気持ちが起こり、日頃の練習を見返すようになりました。
 

編集部

高校時代は、問題児だったそうですが…。
 

小野寺

問題児でしたね(笑)。やりたいことはやるし、やりたくないことはやらなかったです。でも、こういうことをしていたら、この先は良いことがないと思いました。全国レベルの高校に行って、全国大会に勝つことを目標に毎日練習をしていたのに、3年生のときにそれができなかったのですから。「全国大会に出場するのは当たり前じゃない」ということを痛感して、「もっとやらなきゃ」と思いました。それが、その後の姿勢につながっていると思います。そこがなかったら、バレーを続けていなかったかもしれないですね。
 

編集部

大学時代は、4年生でキャプテンを務められていますね。
 

小野寺

東海大学では、「チーム一丸」というのがバレー部のモットーでした。例えば、選手なのに、コーチやアナリスト、トレーナーなど、いろいろな人たちがいて、一緒になって練習をするし、トレーニングやラントレも一緒のメニューを行っていました。みんなが同じ目標を持って臨んでいるチームでした。それがとても感動的でした。
 

編集部

爛繊璽爐農錣Ν瓩箸いΠ媼韻高まったのは、そのころですか。
 

小野寺

高校時代の僕は、本当にわがままだったので、「試合に出場できて当たり前」と思っていました。大学1年生のとき、僕がスタメンで出場させてもらったことがありました。そのとき、4年生の先輩が僕の控えとなりました。その先輩も一生懸命に練習をされていたし、4年生で最後でした。僕だったら嫌だし、腐ってもおかしくないと思うのですが、その先輩はチームのために練習をして、腐らずに頑張っておられました。そういう姿を見て、「すごいチームに入ったな」と感じました。 良いチームメイトと、バレー環境に恵まれました。
 
 

編集部

6年たらずで日本代表選手に選ばれています。「バレーのエリート」「生まれつきの素質」「スーパー遺伝子」「持って生まれたセンス」…。こうした世間の評価を自分はどう思いますか。
 

小野寺

この体は親からもらったものなので、親には感謝しています。大きな体でありながら器用なプレーができるのは、両親がバレーをしていたので、そういう血も受け継いでいるのかなと思います。
 

編集部

目標は、日本代表、東京オリンピックですか。
 

小野寺

ずっと意識をしながら、プレーしています。選ばれるためには、日々アピールしなくてはいけないですから、毎日が戦いです。一瞬も気が抜けないですし、ケガにも気を付けています。
 

編集部

入団前は、「JTサンダーズは怖い人だらけ」と思っていたそうですね。入団してみていかがですか。
 

小野寺

入団前は、めちゃくちゃ怖かったですよ。僕が大学のとき企業合宿があり、他のチームの選手はフレンドリーに話してくださる人が多かったのですが、JTサンダーズはみんなが怖いというか、誰にも話しかけられない状況でした。大学の先輩もおられますが、結構年が離れていたし、スター選手が自分の目の前におられるわけですよ。入団してみると、皆さん良い人たちで、僕が心配しすぎていたのかも(笑)。今は特に深津選手に、大変面倒をみていただいています。広島に入団してよかったです。
 

読者から小野寺太志選手へ質問

Q:

どんな性格ですか。
 

小野寺

マイペースで、気分屋ですかね。 少し変なところが几帳面です。キレイ好きというわけではなく、部屋は散らかっています。爛董璽屮襪涼爾辰海吠を置く瓩箸い小さなこだわりがあります(笑)。
 

Q:

験担ぎやジンクスは? モチベーションを上げるためにしていることは?
 

小野寺

試合の日は、基本的には同じリズムで同じ行動をしています。寮から試合会場へ出発するとき、部屋はできるだけキレイにしています。変なところが、几帳面なんですよ。
 

Q:

武智選手に朝起こしてもらっているって本当ですか。
 

小野寺

今日も起こしてもらいました。夜、寝られないこともあって、朝が弱いんです。
 

Q:

休みの時は何をしていますか。
 

小野寺

グローブを買ったので、それを使いたくてキャッチボールをしていました。最近は、あまりやっていないです。休みの日は、何もなかったら部屋でグダグダしています(笑)。
 

Q:

お気に入りの抹茶スイーツはありますか。
 

小野寺

シーズン中は食事制限もあるので、抹茶にこだわって食べに行くことができません。オフのときには、「ここいいなー」とか、「行きたいなー」とか、お店を探しています。ファンからの差し入れで、茶の環さんのスイーツがおいしかったのを覚えています。
 

Q:

どんなタイプの女性が好みですか。芸能人では誰ですか。 
 

小野寺

僕があまり行動派ではないので、提案してくれる人がいいですね。例えば、デートのときも、「この日休みだけど、どうする?」と言ったら、「ここ行きたい!」と言ってくれる人。それと、料理が上手な人がいいですね。僕の体を気遣って料理をしてくれて、それがおいしかったらうれしいです。芸能人ですか…、内面が分からないので、外見やドラマのイメージしかないんですが、波瑠さんです。「かわいいなー」と思って…。あとは、高畑充希さんも好きですね。
 

Q:

ファンへ一言お願いします。
 

小野寺

チーム一丸となって優勝を目指して戦っていきます。これからも皆さんの熱い声援、よろしくお願いします。
 

 
 

 

PROFILE 小野寺太志選手 【背番号2・ミドルブロッカー】

1996年2月27日生まれ、宮城県出身。性格はマイペースで気分屋。変なところが几帳面で、試合会場へ出発する際は、部屋をきれいにしているとか。朝が苦手で、武智選手に起こしてもらうことも。休みの日は部屋でグダグダし、オフシーズンはお気に入りの抹茶スイーツ店を探しているそうです。
  
【気になる女性のタイプは?】
僕があまり行動派ではないので、提案してくれる人がいいですね。芸能人で言えば、波瑠さんや高畑充希さんがタイプですね」
 
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2019年2月16日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt