リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年8月23日号 「休め」のサインを見逃さないで とれない疲れ 何とかしたい!
2019年8月23日号

「休め」のサイン
疲れを感じる理由と回復方法
2019年8月23日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 夏休みキッズ講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー倶楽部・講座一覧
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

暮らしの気になる数字

いい夫婦・アンケート結果 2018/9/8〜2018/9/20

「夫婦円満」70%、「来世も一緒に」は41%

 
 休日に夫婦で会話する時間は、「3時間以上」が最も多く27%。夫婦での外出は、「いつも一緒に出かける」が48%を占めています。自分たちの夫婦は、「とても円満」「まあ円満」と思う人は70%と高く、特に20代以下では100%となりました。結婚記念日を「今でも祝う」人は57%、夫婦でプレゼントのやり取りやディナーを「毎年必ず行う」人は53%と、半数以上が祝う結果となっています。そんな皆さんが来世も今のパートナーと一緒になりたいかについては、上の通り。男性で、「いいえ」を選んだ人は0でした。
 
 
 
 

1.お休みの日、夫婦の会話はどのくらいありますか(1日あたり)

1.お休みの日、夫婦の会話はどのくらいありますか(1日あたり)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
最も多かったのは、「3時間以上」で約3割が選びました。年代別にみると、20代以下、30代では「3時間以上」を選んだ人が最も多いのに対して、40代では「30分未満」、50代では「30分〜1時間未満」が最も多く、年代によって大きく分かれています。
 
 
 

2.お休みの日に、夫婦で出かけることがありますか

2.お休みの日に、夫婦で出かけることがありますか
《クリックで拡大表示》


 
「いつも」「たまに」合わせ、73%が「一緒に出かける」結果となりました。年代別にみると、40代以外は「一緒に出かける」人が「一緒に出かけない」を上回り、40代は半々となっています。また20代は全員「一緒に出かける」を選びました。
 
 

3.あなた方夫婦は、「夫婦円満」だと思いますか

 
3.あなた方夫婦は、「夫婦円満」だと思いますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「とても」「まあ」合わせ、「円満」は70%となりました。「円満」を選んだ人は、20代以下100%、30代88%、40代64%、50代48%、60代以上70%と、40代、50代が他と比べて低くなっています。
 
 
 

4.結婚記念日を祝うことがありますか

4.結婚記念日を祝うことがありますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「今でも祝っている」人が57%となりました。年代別にみると、どの年代も50%以上となっており、最も高かったのは20代以下で80%、次いで50代58%、60代以上57%となっています。「結婚記念日は忘れた」人は、0でした。
 
 
 

5.記念日や誕生日など、夫婦でプレゼントのやり取りやディナーを一緒にしますか

5.記念日や誕生日など、夫婦でプレゼントのやり取りやディナーを一緒にしますか
《クリックで拡大表示》
 
 

 
53%が「必ず毎年行う」を選ぶ結果となりました。年代別にみると、こちらもどの年代も50%以上となっており、最も高かったのは20代以下で60%、次いで60代以上57%となっています。男女別では男性46%、女性56%と、女性の方が高くなっています。
 
 
 

6.けんかの原因が、一番くだらないと感じた夫婦げんかの発端は何ですか

 
・夫が2歳の息子のほっぺたにキスをして泣かしてしまったこと。(女性・29歳)
・晩ごはんのメニューをお好み焼きにするか、たこ焼きにするか。(女性・29歳)
・靴下を洗濯機にいれない。(女性・30歳)
・カレーに玉ねぎを3個入れるか、4個入れるか。(女性・31歳)
・おやつに買ってあったポテトチップスを夫が全部たべてしまっていた。(女性・35歳)
・毎日「カレーでいい」発言(女性・39歳)
・サラダにかけるドレッシングを間違えた。(女性・39歳)
・「聞いてない」「言った」のやり取り。(女性・44歳)
・肉まんとアンマンを間違えて買った。(女性・44歳)
・冷蔵庫の食べ物が無くなった。(女性・44歳)
・妻は、貧乏ゆすりがクセで、それを、私も承知の上だったところ、私の機嫌が悪かった事もあり、妻に貧乏ゆすりを止めるよう指摘して、夫婦喧嘩になったが、結局、クセは、未だ治らない、といった出来事。(男性・45歳)
・キムチ鍋の辛さの具合(女性・47歳)
・シャワーのスイッチを入れて切り忘れたかどうか。(女性・48歳)
・子どものウソをついたことを、私のしつけのせいにする。その事だけではないと、夫は理解した。(女性・49歳)
・言った言わないでどちらも譲らない。(女性・50歳)
・テレビ番組を何にしようか。(女性・50歳)
・ヘアトニックの臭い(女性・51歳)
・主人に、飲酒後は水分を取るようにと促したら怒った。(女性・54歳)
・麦茶をすぐに沸かして常にやかんをいっぱいに作る主人に腹を立て。(女性・55歳)
・特にない。いつもくだらないので。(女性・58歳)
・上から目線で話をする。(男性・65歳)
・冗談で言ったことが気に入らなかったことで喧嘩になった。(女性・65歳)
 
 

7.いまだに、夫や妻のココが許せないということがありますか

 
・遅く寝ておいて起こさせる。(女性・29歳)
・夫が仕事で夜中に帰ってきた時に、寝ている2歳の息子のほっぺたにキスをしたり、抱っこしたりして起こしてしまうこと。(女性・29歳)
・会話の返事が薄い。反応が薄い。(女性・29歳)
・特にないです。 価値観が違って当たり前って思っているので喧嘩もないです。(女性・29歳)
・忘れ物が多い。(女性・30歳)
・お腹がすくと、すぐに機嫌が悪くなる。(女性・31歳)
・夫が、スマホをいじりながら食事をする姿。(女性・34歳)
・玄関の靴を揃えない事。ちょっとしたことですが気になります。(女性・35歳)
・片付けができない。(女性・39歳)
・雑なところ(女性・39歳)
・子どもにすぐおもちゃを買う。(女性・44歳)
・主人かすぐ「分かった」というところ。ほぼ分かってない。(女性・44歳)
・使ったものを元に戻さない。(女性・44歳)
・酒に酔うと、他人の悪口を言って、愚痴を聞く事になる点。(男性・45歳)
・精神的に好不調の波があること。(男性・45歳)
・主人の部屋が散らかっているところ。足の踏み場もなく万年床になって手の届く範囲内にすべておいてあり掃除をすると機嫌が悪くなる。(女性・47歳)
・ごめんとは言わない。当回しに悪かったとは思っているが。(女性・49歳)
・食べすぎるところ。(女性・50歳)
・腹を立てると物に当たること。 自分の体重が減ってきているのをいいことにしつこく体重を聞いてきたりそのことを話題にする。(女性・50歳)
・家庭の中心は、奥さまだと言う気持ちがたまに。(男性・51歳)
・約束をしていても親が頼んでくるとそちらを優先する。(女性・51歳)
・お店の方にペコペコしすぎること。(女性・55歳)
・食事の食べ方(笑)(女性・55歳)
・口調がキツイ。(男性・56歳)
・お風呂の後、中で身体を拭かないで、脱衣場で拭くこと。マットも、バスタオルもびちゃびちゃになる。(女性・58歳)
・すぐに怒るし怒鳴るので何も言えない。(女性・68歳)
・許せないと思うところがない。(男性・70歳)
 
 

8.今の夫婦の状態を一言で表現すると、どんな言葉が浮かびますか。あなたの考えに近いものを選んでください

 
 
8.今の夫婦の状態を一言で表現すると、どんな言葉が浮かびますか。あなたの考えに近いものを選んでください
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位は「同志」となりました。男女別にみると、上位3つの順位は同じですが、「主従」「親子」を選んだのは全員女性、男性では「その他」を選んだ人が多くなっています。「きょうだい」「幼なじみ」「師弟」「宿敵」「ライバル」を選んだ人は、0でした。
 
 
 

9.定年後、あなたの夫はどのタイプだと思いますか。また男性の方は、自分はどのタイプだと思いますか(●ご主人さまタイプ=「男は仕事、女は家庭」というガチガチの亭主関白。常に上から目線 ●濡れ落ち葉タイプ=妻の行く先にまとわりつくようについてくる。まるでストーカーのよう ●座敷わらしタイプ=趣味がなく仲間もいない。出掛けるあてもないので、リビングに常駐している ●燃え尽きタイプ=人生のすべてを会社に捧げ、燃え尽きている。何もやる気になれない)

 
 
 
 
 
 
 
9.定年後、あなたの夫はどのタイプだと思いますか。また男性の方は、自分はどのタイプだと思いますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「座敷わらしタイプ」を選んだ人が28%で最も高くなりました。男女別にみると、男性は女性よりも「その他」を選んだ人が多く、また「ご主人さまタイプ」を選んだ人が0となっています。女性で「ご主人さまタイプ」を選んだ人は6%でした。
 
 
 

10.来世でも、今のパートナーと一緒になりたいですか

10.来世でも、今のパートナーと一緒になりたいですか
《クリックで拡大表示》
 

 
「はい」41%、「いいえ」13%、「わからない」46%となりました。男女別にみると、女性は男性に比べて「はい」の割合が高くなっています。男性は「いいえ」が0の一方、「はい」も女性より低く、「わからない」人が約7割となっています。
 
 
 

11.芸能人、有名人、歴史上の人物で、あなたにとって理想の夫婦といえば、どなたですか

 
 
●三浦友和、山口百恵夫妻(4人)
・素敵です。(女性・68歳)

●中尾彬、池波志乃夫妻(3人)
・中尾夫妻のような、いくつになっても仲良い夫婦でいたいなと思う。毎日朝ご飯あんなには作りたくないけど。(女性・39歳)
・年をとられてますます素敵ですね。(女性・55歳)
・奥様がご主人の欠点をうまく飲み込んでいるところが 素晴らしい。(男性・70歳)

●DAIGO、北川景子夫妻(2人)

●藤本敏史、木下優樹菜夫妻(2人)

●その他(各1人)
・桑田佳祐、原由子夫妻(女性・24歳)
・ジャシンダ・アーダーン(ニュージーランド首相)とパートナー(女性・29歳)
・魔裟斗、矢沢心夫妻(女性・29歳)
・森可成夫妻が理想です。戦国武将には珍しく、生まれた六男三女の全てが正室えい(妙向尼)との子どもだったそうです。(女性・29歳)
・藤井隆、乙葉夫妻(女性・34歳)
・豊臣秀吉・ねね夫妻(女性・35歳)
・ヒロミ、松本伊代夫妻(女性・44歳)
・三浦知良、三浦(設楽)りさ子夫妻(男性・45歳)
・キュリー夫妻(女性・49歳)
・佐々木健介、北斗晶夫妻(女性・50歳)
・前田利家、まつ夫妻(女性・51歳)
・オノ・ヨーコ、ジョン・レノン夫妻(女性・54歳)
・渡辺徹、榊原郁恵夫妻(男性・56歳)
・津川雅彦、朝丘雪路夫妻(女性・65歳)

・自分たちが理想(特に深刻な不満はないので)。 皆さん、ほとんど同じ悩みを持っているとテレビで見たので。見た目だけでは椎名桔平夫妻。(女性・44歳)

 

12.夫や妻から言われてうれしかった一言やエピソードをお書きください。

 
●嬉しかった一言
・ありがとう(女性・44歳、女性・50歳、男性・51歳)
・ごちそうさま。美味しかったよ。(女性・24歳)
・子ども二人産んだとは思えん体型よ!(女性・29歳)
・寝る間際に、いつもありがとうと言ってくれました。(女性・31歳)
・単純ですが、「ありがとう」です。直接言われることはあまりなく、毎日メールでおはよう&いつもありがとうございます。から始まりメールがくるので、こちらもおはよう&いつもありがとうを返すようにしています。文章にすると意外と何がありがとうか考えるので、夫婦円満にはいいかなと思っています。私も何かしてもらったら「ありがとう」を伝えるようにしています。(女性・35歳)
・特にというわけではないけど、たまに「ありがとう」と言われるとそれだけでうれしくなります。たまに(年に1回ぐらい?)しか言わないけど。(女性・39歳)
・もし、私(妻)が寝たきりになったら、下のお世話も喜んでしてあげる。(女性・39歳)
・結婚して良かった。(女性・44歳)
・子どもが赤ちゃんの時に泣いている理由がなんでもすぐわかったので、 すごいなと言われて嬉しかった。(女性・44歳)
・いつも、家族のために、一生懸命に働いてくれて、ありがとう。(男性・45歳)
・「ありがとう」です。何かをするとちょっとしたことでもありがとうは言ってくれます。食事をつくって出してもまずありがとうです。その一言で許せる気がします。(女性・47歳)
・恋女房(女性・51歳)
・大丈夫。貴女はちゃんとしている。(女性・54歳)
・ありがとう いただきます ごちそう様 いたって当たり前なんですが・・・。(女性・55歳)
・頑張っているね。(女性・65歳)
・有難うと言ってくれるところ。(男性・70歳)

●嬉しかったエピソード
・仕事を辞めなくてはならなくなった時、認めて励ましてくれたこと。(女性・29歳)
・ご飯をおかわりしてくれるときはいつも嬉しい!(女性・34歳)
・値下げ交渉成功し、「さすが!」と言われた。 うれしい?少々複雑ですが。。。 色んな事に対し「ありがとう」と心からの言葉が欲しいですけどね。 理想です。(女性・44歳)
・これといっては無いが やっぱり 心つくして頑張った事に対して いつも ありがとう!! と言ってくれること。(女性・48歳)
・職場を辞めた時、次こそは、長く勤めようと思っていた時、休んで、ゆっくりしていいと、慰めてくれた。(女性・49歳)
・実父を早くに亡くしているが、生前の父をほめてくれたとき。(女性・50歳)
・息子が大学に合格した時。「あの子は、お前の子だから合格できた。あののんびりした息子は、良いものも持っているけれども、あのペースではとても受験勉強には勝てなかっただろう。お前が、小学生の時から、常にそばに寄り添って、押し付けることなく、そばで一緒に本を読みながら宿題や勉強をする環境を作ってやったから、あの子は伸びることができた。」 と言ってもらった時。(女性・55歳)
・病気で一週間入院していたが毎日一時間かけて面会に来てくれました。(男性・56歳)
 
 

<調査概要>いい夫婦・アンケート結果

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
アンケート期間  2018/9/8〜2018/9/20
男女52人回答
男性・13人(26%)
女性・39人(74%)

 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
 
先日お亡くなりになった樹木希林さんと内田裕也さんは、不思議なご夫婦でした。
長く別居生活を続けられ、芸能ニュースでは色々な問題が報じられましたが、最期まで離婚されず婚姻関係を続けていらっしゃいます。
夫婦や幸せな家族の形というのは、もしかしたら夫婦の数だけあるのかもしれません。

 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt