リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年12月8日号 リビングひろしま読者のオススメ 広島帰省土産5選
2018年12月8日号

リビング読者オススメ 広島帰省土産5選

2018年12月8日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

なくした学習机をつくろう【レポート】

 

 
 2018年10月14日、海田町の松川建設にて、災害支援イベント「なくした学習机をつくろう」を実施しました。
 西日本に大きな被害をもたらした平成30年7月豪雨。被災地域では、多くの子どもたちの机が土砂に浸かり、廃棄を余儀なくされました。広島リビング新聞社と「瀬戸内良質住宅研究会 レモンの家」が協力し、親子で学習机をつくるワークショップを開催。海田町や安芸区などで被災した家族が参加しました。
 
 
 
 机づくりに挑戦したのは、小学1〜6年生。電動ドリルを使っての作業にドキドキ。慣れない手つきで始めた子どもたちも、建築士のサポートでぐんぐん上達。
「使ったことのない工具を使えて楽しかった」
「スタッフさんの説明が、コツがつかめやすい説明だったので、苦戦せずに楽しくできた」と大満足だったよう。
 
 
 
 電動ドリルを使って資材を組み合わせたら、最後は机をやすりで磨きます。
「つるつる競争をしよう! 誰の机が一番、気持ちよくなるかな?」というス タッフの掛け声に、子どももたちは必死になって磨き始めます。
 磨き方のコツも学んで丁寧に仕上げ、自分で作った机が完成しました。
 
 

 今回のイベントは、広島リビング新聞社が企画し、「瀬戸内良質住宅研究会 レモンの家」の有志メンバーの協力によって実現。広島県産の木を手配し、子どもたちが組み立てやすいように資材をそろえ、工具を持ち寄り、作り方の指導までを地元の建築士たちが協力して行ってくれました。 参加者の声で一番多かったのは、スタッフへの感謝の言葉。
「子どもたちに大変優しく接していただいて、とてもよかった」
「スタッフがとても優しくて、作り方が分かりやすかった」
「とてもフレンドリーに、子どもたちの気持ちを盛り上げるように接してくれてよかった」など、たくさんの声をいただきました。

 

 

 
 NHK広島放送局も取材に訪れ、夕方のニュースで放送されるなど、子どもたちに とってもいい記念に。
「子どもふたりが楽しく作っていてよかったです。机作りと合わせて、テレビカメラを見れたのもうれしかったようです」
 
 
 
 会場は海田町の松川建設。災害前日に閉館した「天然温泉 さがの海田」のオーナーの宗像様より、温泉の食事処などで使用していた、立派なテーブルとベンチをご提供をいただき、希望者にプレゼントをしてくださいました。

 
 1日で15人の子どもたちの新しい机が完成。親子の感想の一部を紹介します。

○子どもたちの感想
「もっと小さい机かと思っていたら、大きくてびっくりしました。本格的な机が作れてとてもうれしかったです」
「ランドセルを掛ける部品を付けたことで、頑張れば他にもいろいろアレンジできそうだと思った。いろいろなものが入る便利なボックスやテレビ台、本棚、イスも作ってみたい」
「教えてくれる人も優しくしてくれたし、ネジが外れたときも直してくれたし。机をつるつるにしたときもすごく気持ちよかった」
  
○親御さんの感想
「被災後、教科書などを置く棚もなく、少し落ち込んでいたので、自分の机ができたことがとてもうれしかったようです。スタッフの方がフォローしながらも、子ども自身が作業できるようにしてくださり、自分で作ったという達成感も。大切にしてくれると思います」
「学習机が7月豪雨で浸水してしまい、子どもたちにかわいそうな思いをさせてしまいましたが、今回のイベントを知り、とても楽しみに参加しました。持って帰った机にすぐランドセルを掛けて、宿題をしていました。とてもうれしかったようです」
「水害に遭い、なかなか子どもと何かをする機会がなく、親子で参加し、同じ目標で遊んでいけるイベントだったので、大変良かった。また、ゼロから物をつくっていく楽しさ、完成した時の充実感など、木製の机が題材のおかげで、親子共々感じることができました」

 私たちスタッフも、子どもたちの笑顔や、感動する姿をみて元気づけられました。ご協力・ご参加いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

■協力社/PleasantDesign、松川建設(株)、旭ホームズ(株)、(株)日高建築工房、(株)田村建設、(株)岡田工務店※瀬戸内良質住宅研究会 レモンの家会員
 
 
 
提供:広島リビング新聞社

 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt