リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年12月6日号 帰省時に確認しよう 離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【このまち思いWEBガス展】10月26〜12月27日午後5時まで開催中★WEBでもガス機器をガス展価格で!
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
「リビングひろしま・子育て応援キャンペーン」 記事一覧を見る

第20回 子育て応援キャンペーン “ひとりじゃないよ”

「◯◯ちゃんがするっ!!」〜自我の芽生えと親の思い〜

@吉島公民館(中区)×ぴょんぴょんくらぶ

 広島リビング新聞社・子育て応援キャンペーン“ひとりじゃないよ”。今回は吉島公民館の未就園児交流サークル「ぴょんぴょんくらぶ」の皆さんが参加。広島県教育委員会「『親の力』をまなびあう学習プログラム」の教材を使い、同ファシリテーターの井手口ヤヨイさんを進行役に、座談会を開きました。
  
(左から)A・Rさん(3歳女児・1歳男児のママ)、H・Eさん(3歳女児・1歳男児のママ)、T・Aさん(小4女児・小2男児・3歳男児・1歳女児のママ)、K・Aさん(4歳女児・2歳男児・0歳女児のママ)、井手口ヤヨイさん
(左から)A・Rさん(3歳女児・1歳男児のママ)、H・Eさん(3歳女児・1歳男児のママ)、T・Aさん(小4女児・小2男児・3歳男児・1歳女児のママ)、K・Aさん(4歳女児・2歳男児・0歳女児のママ)、井手口ヤヨイさん

ぴょんぴょんくらぷ

未就園児と保護者のサークル。絵本の読み聞かせや工作、プール遊び、誕生日会など。毎週木曜、10:30〜12:00。問い合わせは吉島公民館(TEL:082-246-4121)
 

今回の教材エピソード

 幼児期は自我の芽生えの時期。自己主張も激しくなり、なんでもかんでも自分でしたがるようになります。行動範囲も広がり、親は気が抜けません。「危ない!」「またやっちゃったの」「いいかげんにしなさい」…。追いかけて、怒鳴ってばかりで、気が付いたらクタクタになっていませんか。しつけはきちんとしながらも、ゆっくり、ゆったり、余裕を持って…、そんな方法を探してみましょう。
 
広島県教育委員会「親の力」をまなびあう学習プログラムより抜粋。「親プロ」で検索して、ダウンロードできます
広島県教育委員会「親の力」をまなびあう学習プログラムより抜粋。「親プロ」で検索して、ダウンロードできます
 

【Q1】こんなとき、どうしていますか

A・Rさん 長女がやはり料理をやりたがります。まさに、急いでいるときに限ってやりたがったり、危なっかしかったり。でも、やらせてあげると喜ぶので、野菜をちぎったり、ゆで卵の殻をむいたり、できることがあればやらせています。
K・Aさん だいたい忙しいときに言ってくるよね。だから余裕があるときは、ホットケーキとかできることを準備して声を掛けるんだけど、そういうときはなぜか乗ってこない(笑)。
T・Aさん 私は、忙しいときに手伝わせると、このマンガのお母さんみたいになるのが分かっているので、「ジュース飲む?」とか言って、子どもの気をそらせちゃうことが多いです。


【Q2】この子どもやお母さんの気持ちを想像して、より良い対応を考えましょう

H・Eさん 「ヤメテ」って怒っちゃうと、子どもはまた怒られると思って、次に「やりたい」って言いづらくなりそう。親の顔色をうかがっちゃうんじゃないかな。
A・Rさん うちの子だったら「ヤメテ」って言われたら、しゅんとするより、「やろうと思ったのに、なんで怒るの?」って言いそう。1回やってみないと納得しないので、こちらも「そんなにやりたいならやらせてあげよう」ってなりますね。
T・Aさん 子どもの性格にもよるよね。うちは長女はやりたがったけど、自分ができないことは自分で嫌になってやめちゃうところがありました。だから、1個だけ切らせたら、それでいいよって。2人目の長男はそもそもやりたがらなくて。
K・Aさん 2歳児くらいだと、「ヤメテ」って言っても聞かないし…。もう少し説明して分かるようになったら、言って聞かせるのも有効だと思うんですが。
T・Aさん 小学生になると、習い事とかが忙しくなって、あまり「やりたい」とか言ってこなくなるかも。
一同 え〜寂しい!じゃあ大変でも、今のうちに一緒にいろいろやった方がいいのかな…。
K・Aさん 時間がないときは、今はできない理由を説明して、今度やる日を子どもに決めさせてあげたらいいかも。…って、私も今皆といて心と時間に余裕があるから言えるんだけど。
A・Rさん 忙しいときはつい「ヤメテ」って言っちゃうママの気持ちは、すごくよく分かりますよね。
H・Eさん こっちも余裕がないときは、ついイライラしてキツイ言い方になって、後から反省するんです…。
一同 そうそう。


【Q3】お手伝い、させていますか

H・Eさん 幼稚園でループタオルを使うようになって、洗濯物を干したがったり、畳みたがったり。ぐちゃぐちゃなんだけど、テレビばかり見ているよりはいいかな、とやらせています。子どもが寝た後、全部畳み直しになるんですけどね(笑)。
K・Aさん 次女のオムツを変えるとき、新しいオムツとお尻拭きを持ってくるように頼んだら、上の子2人で争うように持って来てくれるようになって。実際にすごく助かるので、オーバーリアクションで喜ぶようにしています。みんなが「やってあげた」「やってくれた」で、うれしい気持ちの連鎖になったら、家の中の雰囲気も気持ちが良いですよね。
井手口さん 手間が掛かっても、子どものやる気を尊重してやらせてあげたり、やってくれたことを喜んでみせたりすることは、すごくいいことだと思います。お手伝いには以下のの効果があるとも言われています。子育てやコミュニケーションにうまく役立てていけると良いですね。


子どもを伸ばすお手伝い

【1】気が付く子になる
【2】サッと動ける子になる
【3】生活技術の基本が、頭でなく、体で覚えられる
【4】生きることに前向きな子になる
【5】物を大切にする子になる
【6】人ときちんと向かい合える子になる
【7】コミュニケーションができる子になる
【8】大人へと成長させる
【9】家族の一員としての自覚が育つ

教材から抜粋

 

座談会を終えて・・・

A・Rさん 急いでいるときはなんで今はダメなのか、説明してあげるという姿勢が、自分に抜けていたと感じました。
H・Eさん みんな穏やかだと思っていたので、同じようにイライラすることがあると分かって少し安心しました。
K・Aさん お手伝いの効果まで意識していなかったので、これからは積極的に「お手伝いして」と頼もうと思います。
T・Aさん お手伝いしたい気持ちを早めに止めることが多かったので、やる気を大切にしてあげたいと思いました。

ファシリテーター・井手口さんより

 子どもの性別や年齢、個性によっても、対応が異なってくると思いますが、皆さん上手に向き合っていらっしゃると感じました。子どもたちが誰しも持っている能力は、体験を通して伸びていきます。ママも工夫しながら、ゆとりを持って接することができるといいですね。
 

 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2018年10月6日号掲載)
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt