リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年10月13日号 薬膳茶タイム 食材をちょっと足すだけで七変化! 飲む薬膳で毎日元気
2018年10月13日号

薬膳茶タイム★食材をちょっと足すだけで七変化
2018年10月13日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 子育てママ応援講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト

新着トピックス

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
【サンフレ 男気の証明】 サンフレッチェ広島の選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】

【Vol.32】 和田拓也選手 【背番号33・DF】

 移籍1年目で、J1開幕からスタメンフル出場の和田拓也選手。堅い守りで流れを引き寄せるDF陣の一角を担い、試合を重ねるごとに存在感が増しています。
 
和田拓也選手 【背番号33・DF】|リビングひろしま
和田拓也選手 【背番号33・DF】
 
 リーグ中断中、緊張の糸は切れてないかと意地悪な質問に、「韓国キャンプの前からハードに練習していたので、あとは疲れを取ってリーグ戦に向けて準備するだけ」と、物静かな発言の中に頼もしさを感じさせる和田拓也選手。中断前の15節までスタメンフル出場です。その好調さの理由を聞くと、「チームが調子の良い中に自分がうまくはまり、実力以上のものを引き出してもらっています」と、謙虚な発言。初めは、探り探りのプレーだったそうですが、チャレンジしながら勘所をつかみ、今の結果につながっていると冷静に分析します。

 3月10日の鹿島戦では、J1初ゴール。「あれはボールが良い所へ回ってきただけ。1対0で競り勝てたことがうれしいですね」と、小さな笑みがこぼれます。アウエーで、しかも鹿島との勝利が、以後の快進撃につながったことは確かです。

 和田選手のストロングポイントを聞くと、「僕には絶対的な武器がない分、バランスの良い攻守を心掛けています」と、予測を生かした読みを強調。チームの失点が1ケタ台ということがその証です。

 サッカー人生を振り返ると、ジュニア、ユース、トップと東京ヴェルディ一筋に歩んできました。“サッカー主義”という特殊な文化の中で、心身共に磨かれたと感謝の言葉を述べます。ユースまではFWでしたが、トップから“サイドバックなら欲しい”ということで、しぶしぶDFに。「当時は“嫌です”という選択肢はなかったので…」と笑います。

 予測を生かしたパスカットや、攻撃の素早いポジショニングに、今後ますます期待が高まります。
 
 

WEB オリジナル

移籍1年目ながら、開幕から15節まで、スタメンフル出場を果たしている和田拓也選手。失点がJ1チーム内で唯一の1ケタ台で、堅い守りで流れを引き寄せるディフェンダー陣の一角として、試合を重ねるごとに存在感が増しています。
 
 

「自分が持っている以上のものを引き出してもらっています」

編集部

今の調子はいかがですか。
 

和田

韓国キャンプの前から、結構ハードに練習してきたので、今はその疲れを取りながら、試合に向けて準備をしています。
 

編集部

移籍1年目でスタメンフル出場を果たされています。好調さの要因は何ですか。
 

和田

チームの調子がいい中に自分がうまくはまり、自分が持っている以上のものを引き出してもらえています。初めは探り探りやってきましたが、最近は、攻める場面と守る場面が分かるようになりました。開幕当初はロストが多かったですけど、チャレンジすることで良くなっていると感じています。
 

編集部

特に失点が1ケタ台(8点)ということは、ディフェンダーとして誇れますね。
 

和田

そうですね。他のチームと違う点は、前線の選手もしっかり守備をして、チームに貢献しているところです。後ろの選手にとっては、楽に守らせてもらっているような感じですね。
 

編集部

3月10日の鹿島戦ではJ1初ゴールを記録。どんな感触でしたか。
 

和田

自分が点を取ってやろうなどという考えはありません。あのときは、うまくボールが回ってきたところでシュートができたわけです。チームの調子が良かったわけではなかったし、しかもアウエーで1対0で勝てたことがうれしかったですね。
 

「僕には絶対的な武器がない、だから…」

編集部

和田選手のストロングポイントを教えてください。
 

和田

試合のバランスや流れを読みながら、そのときに必要なプレーができることですかね。予測を生かした読み、というのは意識していています。僕には爐海讚瓩箸い絶対的な武器がない分、バランスよく気を配ることを心掛けています。
 

編集部

1対1の競り合いに強いイメージがりますが…
 

和田

数字ではよく分かりませんが、サイドバックなので、やられたら失点につながります。意識しているというか、そこは必死にやっています。
 

編集部

サンフレッチェからオファーがあったときは、どんな気持ちでしたか。
 

和田

昨年所属していた大宮がJ2への降格が決まったタイミングだったので、素直にうれしかったです。自分のこだわりは、J1でプレーすることだったので、オファーは前向きに受け取りました。ただ西日本は、僕たち夫婦にとって未知の世界だったので多少の不安はありました。
 
 

サッカー人としての基礎は東京ヴェルディ

編集部

プロ9年間で、東京ヴェルディ、ベガルタ仙台、大宮アルディージャ、そしてこのたびサンフレッチェ広島へ移籍となりました。今までで印象深いチームはありますか。
 

和田

東京ヴェルディでは、ジュニア、ユース、そしてトップでお世話になりました。1年目から何もできない中で、サッカー選手として成長させてもらいました。東京ヴェルディは、特殊な文化があるというか、サッカー主義みたいなところがあるので、僕にとってサッカーをするには、いい環境でした。
 

編集部

2016年6月には脱臼、9月には靭帯損傷、2017年9月には肉離れと、ケガに悩まされました。立て続けのケガで気がめいることはありませんか。
 

和田

ケガをしないにこしたことはないと思いますが、だいたい年に一回ぐらいやっていました。おととしは9月からシーズンが終わるまでケガをしていたんですけど、みんなに驚かれるくらい、回復が早かったですね。ケガをしても気がめいることはなかったです。あまりそういう感情に流されたくないので、気持ちを切り替えるようにしています。
 
 
 

「サイドバックへのコンバートは嫌でした」

編集部

サッカーを始めたのは何歳のころですか。
 

和田

小学校2年生だったと思います。たしか先輩に誘われたのかな? 結構一緒にいた友達がサッカーをやっていたので、それで誘ってもらったと思います。
 

編集部

高校2年まではFWでした。DFに変わられたきっかけは何ですか。
 

和田

その当時の東京ヴェルディのトップチームでは、犢況發料手はいらない瓩噺世錣譴泙靴拭9覯擇粉蕕屬譴そろっていた年でしからね。爛汽ぅ疋丱奪ならほしい瓩箸いΔ海箸如↓爐犬磧△前がやれ瓩函帖でもサイドバックは嫌でした。「何でやらなければいけないんだろう」と思っていました。たぶん、FWでも出られたと思うんですけど、当時は犒です瓩箸いα択肢がないので…。
 

編集部

プロを意識したのはいつですか。
 

和田

そういう気持ちがあんまりなくて、漠然といつかはなれるだろうと思いながら、東京ヴェルディのジュニアからユースへと進みました。「プロになるためにはどうしよう」と考えたことがなく、逆に「なれなかったらどうしよう」と思うこともなく、普通にその一瞬一瞬を一生懸命やっていましたね。
 

編集部

2017年3月にご結婚されていますが、ケガの際、家族の支えがあったのでは? 感謝の気持ちを言葉で表現される方ですか。
 

和田

そうですね、ケガしたときはお見舞いに来てもらったりしました。僕の性格上、かしこまって感謝の気持ちを伝えることはないですが、ことあるごとにお礼は言うようにしています。それぐらいです。
 

編集部

7月18日から始まるJ1リーグ戦、ファンへコメントをお願いします。
 

和田

まだまだ厳しい戦いになると思いますが、一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします。
 

 
 

読者から和田拓也選手への質問

Q:

自分の性格は? シャイな方ですか。
 

和田

自己中でマイペース。でも亭主関白ではないですよ。あまり人とつるむのが好きじゃないというか、付かず離れずの距離感がちょうどいいですね。
 

Q:

そこまで冷静でいられる理由はなんですか。(かのうさん)
 

和田

試合で心掛けているのは、あんまり感情で左右されたくないということ。常に一定でいたいと思っています。普段はそうじゃないんですけど…。
 

Q:

験担ぎやルーティーンは?
 

和田

試合に対して、験担ぎやルーティーンを作るのは嫌なんです。何もせずに自然体というのが、僕流です。それに束縛されたら、試合ができなくなるという不安がありますから…。 
 

Q:

和田選手はいろいろなポジションをこなされますが、一番楽しいと思えるポジションは
どこですか。(白石いちごさん)
 

和田

難しいですね。逆に、「ここ!」というのがないですし、プレーできているときは楽しいので。やっぱり、今はサイドバックが一番楽しいですかね。
 

Q:

チームでなんと呼ばれていますか。(いつここさん)
 

和田

「たく」とか「和田」とか言われています。
 

Q:

好きな食べ物は?(ゆっき―さん)
 

和田

お寿司(すし)ですかね。甘いものも好きですが、栄養管理師さんに注意を受けることもあります(笑)
 

Q:

広島で付けたかった背番号はありますか。33番は、和田選手によく似合っていると思います(Sky Roadさん)
 

和田

こだわりかどうかは分かりませんが、過去に22番をずっと付けていたので、22番がよかったかなと思います。でも、33番をほめていただき光栄です。
 

Q:

W杯は見ていましたか。印象に残った試合はありましたか。自分のプレーにヒントになった試合などはありますか。
 

和田

今回、珍しく見ました。特にブラジル対ベルギーがよかったですね。結構、国の色が出ていて、普段はまったく見ないんですけど、国を背負って戦う姿が面白いなと思いました。自分のプレーへのヒントのためというよりは、まったくの娯楽として見ていました。
 

 

動画


 

PROFILE プロフィル  和田拓也選手 【背番号33・DF】

1990年7月28日生まれ、神奈川県出身。2018年に大宮アルディージャから移籍。「オファーは素直にうれしかったです。こだわりはJ1でプレーすることだったので…」と言いつつも、西日本へ行くのは初めてだったので、夫婦共にとても不安だったとか。好きな食べ物は寿司と甘いもので、栄養管理師さんに注意されているそうです。
  
【自分の性格は?】
「プレー中は、感情に左右されず、常に一定でいたいです。普段はそうじゃなくて、自己中でマイペース。でも亭主関白じゃないですよ。言葉じゃ言えないけれど妻には感謝しています(笑)」
 
  
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2018年7月21日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt