リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年7月14日号 豪雨災害情報 広島の力で支え合おう まずは今、できることから
2018年7月14日号

豪雨災害情報 広島の力で支え合おう まずは今、できることから
2018年7月14日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 夏休みキッズ講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
【リビング病院ガイド】 広島の総合病院・病院・医院・クリニック・診療所・歯医者など エリア別で探す! 診療科目別で探す! 

レチナクリニック横山眼科

加齢で起こりやすい「網膜前膜(もうまくぜんまく)」と
「黄斑円孔(おうはんえんこう)」セルフチェックで早期発見、早期受診を

 

横山光伸医師に聞きました 気になる目の病気Q&A

 

【Q】白内障の検査で「網膜前膜」の疑いがあると言われました。どんな病気ですか。(67歳・男性)

目を片方ずつ手で覆って見る ●障子の桟など格子状のものがゆがんで見える→網膜前膜の疑い●人の顔などの中央がしぼんだように見える→黄斑円孔の疑い
目を片方ずつ手で覆って見る
●障子の桟など格子状のものがゆがんで見える→網膜前膜の疑い
●人の顔などの中央がしぼんだように見える→黄斑円孔の疑い
 
 
【A】 加齢などにより、目の中にあるゼリー状の硝子体(しょうしたい)が縮む時に起こるトラブルの一つです。縮む際に網膜の中心部にあたる黄斑(おうはん)に、硝子体の一部が膜状に付着したまま残ると、固く縮む際に網膜も一緒に縮んでしまいます。そのため物がゆがんだり、大きくまたは小さく見えたりします。
 同じように硝子体が縮む際に黄斑の一部を引っ張って穴が開いてしまうと「黄斑円孔」になります。この場合は、中心がしぼんだように見えます。
 

【Q】未然に防ぐことはできますか。

 
【A】 予防は難しいですが、早く気付いて早く処置するほど後遺症も残りにくくなります。目の調子が悪いと感じたら、目を片方ずつふさいで見え方を確認してください(図)。両目では気付きにくいので、必ず片方ずつチェックしましょう。
 

【Q】手術で治りますか。

 
【A】 設備の整った専門医であれば、日帰り手術も可能で、早ければ一週間で社会復帰できます。「黄斑円孔」は比較的症状が残りにくいですが、「網膜前膜」は見え方に多少後遺症が残ります。早いほど後遺症も軽度なので、違和感を感じたら早めに専門医の受診を。
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2018年7月14日号掲載)
 
 

レチナクリニック 横山眼科 

【住所】 広島市中区東千田町1丁目1−53 hitoto広島ナレッジスクエア1F
【TEL】 082−242-6123
【FAX】 082−242-6117

【外来診療時間】 8:30〜12:00 (外来受付時間8:30〜11:00)
※​水曜日午前は予約外来のみ
※午後は手術のみ
【休診日】 水曜日午後、第2・4木曜日、日曜日 
※祝日は基本的に診療

 

レチナクリニック横山眼科 HPへ
レチナクリニック横山眼科 HPへ
 

レチナクリニック横山眼科

加齢によっても起こり得る「網膜剥離(網膜剥離)」
日帰り手術で社会復帰の早い術式も

 

横山光伸医師に聞きました 気になる目の病気Q&A

 

【Q】加齢でも網膜剥離が起こると聞いたのですが…。(65歳・女性)

当院資料より抜粋(©Japanese Opthalmological Society)
 
【A】 外から入ってきた光・画像を映す網膜に穴が開いて剥がれると、視力低下やゆがみ、視野障害などを生じます。原因としては、事故やスポーツによる外傷によるものが有名ですが、体質的に網膜剥離の原因をもって発症するものが大半を占めます。その多くは、目の中の透明なゼリー「硝子体(しょうしたい)」が縮み、網膜が引っ張られることが原因です(図)。
 
 

【Q】自覚症状や予防方法はありますか。

 
【A】視界の中に虫がいるような黒点が見える“飛蚊症(ひぶんしょう)”が出現したり増えたりすることがありますが、全く自覚症状がなく発症することもあります。遺伝的な要因もあるので、身内に網膜剥離を起こした人がいれば、早めの検査が予防につながります。

 

【Q】どのような手術になりますか。

 
【A】外側から行う「バックリング手術」と、内側から行う「硝子体手術」があります。白内障が進み、水晶体を変えた方がいい場合などは硝子体手術を行いますが、そうでなければバックリング手術を行います。網膜が復位すれば1〜2週間で社会復帰ができますが、バックリング手術のインプラント術式は、さらに早期の復帰が可能です。多くは日帰り手術で対応可能ですので、専門医に相談を。 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2018年6月23日号掲載)
 
 
 
クーポン・読者特典 掲載一覧へ
クーポン・読者特典 掲載一覧へ
口コミサイト『みてみて広島』でクチコミチェック♪ 検索
口コミサイト『みてみて広島』でクチコミチェック♪ 検索
 
 
 

バックナンバーを見る  【掲載記事】

 

Google マップ


リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt