リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年7月21日号 インスタ映え 進化型スイーツ プレゼントが当たるインスタキャンペーンも♪ 【Instagramキャンペーン】夏スイーツを投稿してお得をゲット
2018年7月21日号

インスタ映え 進化型スイーツ インスタキャンペーン実施中♪
2018年7月21日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
現地完成見学会に行こう! 「ソフィスガーデン府中北小学校前」  分譲宅地9区画、新しい街が府中町に誕生
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 夏休みキッズ講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
【サンフレ 男気の証明】 サンフレッチェ広島の選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】

【Vol.30】 馬渡和彰選手 【背番号27・DF】

 サイド攻撃を期待されて移籍した、馬渡和彰選手。「やっとたどり着いたJ1」と語るその原動力は、“あのころに戻りたくない”という反骨心でした。
 
馬渡和彰選手 【背番号27・DF】|リビングひろしま
馬渡和彰選手 【背番号27・DF】
 
 
 今年、J2の徳島から移籍した馬渡和彰選手。「オファーがあったときは、うれしいと言うよりも驚きの方が大きかったですね」と振り返ります。JリーガーとしてJ3からスタートし、着実にステップアップ。「J3やJ2では、金銭的にも環境的にも苦しかったです。僕自身、若くして結婚して子どもがいましたし、ケガもあって、はいつくばってでもやるしかないという状況でした。必ずJ1をつかみ取ってやるという気持ちでやってきました。もうあのころには戻りたくないです」と語ります。

 馬渡選手のストロングポイントを伺うと、「攻撃的なDF」と即答。高い位置でボールを受けたら、スピードを生かし、縦に突破してボールを上げるなど、攻撃に厚みを持たすことを強調します。その一方で「守備が課題で、攻守のバランスを見ながら、状況判断が必要です」と冷静に自己分析します。

 昨年、気持ちがはやるあまり、ボールパーソンを小突いて退場処分を受けました。「ボールパーソンに手を出す行為は明らかにダメ。それにチームにも迷惑をかけてしまいました。1点にこだわるがゆえに、あのような感情が出てしまいました。気持ちのコントロールが必要です」と反省。その後、主力選手としてチームに貢献します。「サッカーで恩返ししなければ何も残らなかった」と話します。

 順風満帆とは言えない人生ですが、ここまでやってこられたのは、サポーターや家族の支えがあったからこそ。「もし家族がいなかったら、辛いことを放棄していたかも。でも、僕ってよく亭主関白だと言われるんですよね…」と優しく笑います。 
 
 

WEB オリジナル

 今期、J2の徳島ヴォルティスから移籍した馬渡和彰選手。JリーグYBCルヴァンカップ戦の4試合は、すべてスタメンから出場し、特に3月14日の名古屋戦では、馬渡選手からのアシストで渡選手がゴール。息がぴったりと合った絶妙のシーンでした。今後の活躍が期待されています。
 

“はいつくばってでも、つかみ取ってやる”という反骨心

編集部

今年の抱負として「タイトル!」と色紙に書かれました。その意味をもう一度教えてください。あわせて、個人の目標があれば教えてください。
 

馬渡

今まで自分のキャリアの中で、チームが優勝して、上のカテゴリーに上がるという経験がありませんでした。今J1という日本のトップカテゴリーにいるので、「ぜひ優勝したい」という気持ちで「タイトル!」と書きました。
自分自身では、牴親静性瓩箸牴織▲轡好鉢瓩箸は、特に決めてはいません。爐茲蠡燭瓩鯡椹悗靴董得点やアシストをしたいと思っています。
 

編集部

JリーグYBCルヴァンカップの3月14日の名古屋戦では、馬渡選手からのアシストで渡選手がゴール。息がぴったりと合った、絶妙のシーンでしたね。
 

馬渡

渡選手とは昨年から同じチームでやっていますし、僕のクロスの軌道とか種類とか、彼が一番把握していると思います。いいところに入ってきてくれて、僕は決めてもらえて感謝という感じですね。このクロスに関しては、自分らしさが出せたかなと思います。
 

編集部

サンフレッチェからオファーがあったときは、どんな気持ちでしたか。
 

馬渡

最初は、他のチームからもオファーがあったのですが、サンフレッチェ広島からオファーがきたことをマネージメント会社から聞いたときには、正直、驚きの方が大きかったです。「えっ、まじかよ。あの広島が?」みたいな。近年は、一番多く優勝しているチームですし、昨年は降格のピンチもありましたが、僕からしたらビッグクラブであることに変わりないですから、うれしい反面、驚きでした。
 

編集部

移籍に際して、サンフレッチェからどのような話があったのでしょうか。
 

馬渡

新しい監督になる中で、「ムービング・フットボール」という言葉を何度も聞きました。攻撃的に、選手もボールも、そして人の心も動かすサッカーということで、これこそが自分に合うのではないかと思いました。その中で、サイド攻撃はとても重要だと言われ、そこは自分の強みでもあるので、ビッグクラブで試合に出られるチャンスがあると思いました。
 

編集部

入団会見のとき、「やっとたどり着いたJ1。目標にしていた」と発言されました。キャリアは、着実にステップアップしていますが、その原動力は?
 

馬渡

僕のキャリアだけを見ると、順風満帆に見えるかもしれませんが、J3やJ2でやっていたときの下積みというのは、正直めちゃめちゃしんどかったですね。金銭的にも環境的にも、自分の置かれた状況にも…。若くして結婚して子どもがいる中で、いろいろな苦労があったし、ケガが多くてサッカーが出来なかったり、正直あのころには、もう戻りたくないです。原動力と言えば、はいつくばってでも、やるしかない状況の中で、つかみ取ってやるという気持ちを常に持ち続けてきたことでしょうか。自分が頑張らなきゃ、家族が路頭に迷うことになるので…。サッカーが好きでサッカー選手になったので、サッカーを長く続けたい、その思いから、やるしかなかったのです。J3出身の選手がJ1をつかみ取れるのは、わずかだと思います。そのわずかに食い込んでいけたというのは自分の自信にもつながります。
 
 

攻撃に厚みを持たせることが強み

編集部

馬渡選手のストロングポイントを教えてください。DFですが、攻撃が好きなのでは?
 

馬渡

僕は、攻撃的なDFでしょうね。自分でどうこうするというよりは、人に使われて強みが生きるタイプだと思っています。上手い人にボールをあずけたり、上下に動いたり、高い位置でボールを受けたら、スピードを生かして縦に突破してボールをあげたりとか、そういうところで攻撃に厚みをもたせることが、僕のストロングポイントだと思っています。
 
 

編集部

課題はありますか。 
 

馬渡

守備に関しては、他の選手よりも課題が多いかもしれません。攻撃が好きなので、上がっていった分、相手にスペースを空けてしまうことになるので、失点につながるリスクもあります。バランスを見ながら、状況判断も必要です。

 

編集部

昨年のボールパーソン(ボールボーイ)事件についてお聞きします。この事件から、学ばれたことはありますか。
※気持ちがはやるあまり、ボールを渡すのが遅れたボールパーソンに詰め寄って小突き、退場となった事件。
 

馬渡

考え方をもっと改めなければいけないと思いました。確かにあれは、すぐに始めたらチャンスだったかもしれないけど、自分があのような行動をしたことによって、早い時間に僕が退場したので、チーム一人一人の負担が増えて、試合にも負けて、勝ち点3を落としてしまいました。もちろん、ボールボーイに手を出すということは、あきらかにあの行動はダメです。気持ちのコントロールなど、考えなければいけないと思いました。でも、あのシーンで1点にこだわっていなかったら、あのような感情にはならなかったとも思います。僕のとがった部分は、自分のいいところでもあるのですが、やはり感情をコントロールできないといけませんね。
 

編集部

出場停止期間以降、主力としてチームに貢献されましたね。
 

馬渡

サッカーで迷惑をかけたのですから、サッカーで恩返しするしかないです。そこでできなかったら、何も残らないと思います。「ああいうことがあったけど、馬渡選手は頑張ったな。チームのために頑張ったな」と、思ってもらえるようにやってきたつもりです。
 

家族の支えがあったから、ここまでやってこられた

編集部

J1リーガーになられたとき、奥さまは何て言われましたか。家族の支えもあったのでは?
 

馬渡

下積みの時代から妻と二人三脚でやってきて、やっとたどり着いた舞台です。今は、なかなか出場機会がありませんが、J3やJ2のときよりも、観客の多さや雰囲気からか、妻が「和(馬渡選手)の存在が遠くなったね」と言います(笑)。でも家族の支えがあったから、ここまでやってこられたことには、間違いありません。家族がいなかったら、辛いことを放棄していてもおかしくなかったと思います。守るべきものや、責任とかがあったから逃げなかったと思います。やるしかない状況だったのでしょうね。僕は、よく亭主関白だと言われますけどね(笑)。子どもと一緒にいるときは、かなり癒やしになります。練習から帰ってくると、子どもが「パパ、一緒にサッカーをしよう」と言ってくるんです。サッカーを好きでいてくれる、ボールを蹴りたいという、その気持ちが、純粋にうれしいですね。疲れて帰ってきても、一緒にボールを蹴っている時間というのは、いい時間です。それに、スタジアムに毎試合、見に来てくれているんですよ。
 

編集部

ファンへ一言、お願いします。
 

馬渡

いつもたくさんの応援、ありがとうございます。自分は今、なかなかJリーグで試合出場の機会が得られていませんが、腐らずにしっかりとやることをやっていきたいです。チャンスのときにしっかりと結果を出せるように頑張りますので、試合に出たときには熱い応援をよろしくお願いします。
 
 

読者から馬渡選手への質問

 
 

●やぶもとさん

広島に来て良かったと思ったことはありますか。
 

馬渡

僕のプロキャリアの中では、一番栄えている町にやってきたので、そこは良かったです。買い物がしやすいですからね(笑)。 
 

●dayannohahaさん

ずっと王子と呼び掛けても振り向いてくれますか。
 

馬渡

J3の鳥取のときの話ですね。今でも、まったく大丈夫ですよ。
  

●akinaさん

サポーターから呼ばれたいニックネームはありますか。チームメイトからは何と?
 

 

馬渡

和彰なので、前のチームでは「カズ」と呼ばれていましたが、サンフレッチェでは森選手がいるので…。千葉選手が僕と会話をしている中で、小池徹平の声に似ていると言って、それから皆に、徹平(てっぺい)って呼ばれています。
 

●みずきさん

髪色がよく変わりますが、どんな色が好きですか。
 

馬渡

僕は髪が伸びるのが早いんです。3週間に1回のペースでヘアサロンに行くのですが、そのときにカラーをします。黒だったり、シルバーだったり、金髪だったり、いろいろです。あれこれと試したのですが、僕は派手好きなので、金髪がいいですね。
 

●DNT123さん 他

試合前に欠かさない事や、何か決めているルーティンとかありますか。
 

馬渡

特にないですが、ピッチに入るときは、自分が右サイドのポジションに入るなら右足から入るし、左サイドなら左足から入ります。特に意味はないです。
 

●オフセットさん 

子どものころに憧れていた選手は誰ですか。
 

馬渡

ベッカム選手が好きでした。カッコいいし、上手いし。スター性があるので。
 

●よしおかほのかさん

もし、サッカー選手になっていなければどのような職業に就きたかったですか。
 

馬渡

爐發掘舛覆蕕亅瓩箸いο辰呂△泙蟾佑┐覆い里琶かりません。ただ、バスケットが好きなので、サッカー選手かバスケの選手になりたいと思っていました。生まれ変わってもそうだと思います。 
 
 
 

動画


 

PROFILE プロフィル  馬渡和彰選手 【背番号27・DF】

1991年6月23日生、東京都出身。髪が伸びるのが早く、3週間に1回はヘアサロンへ。「派手好きなので、髪の色は金髪が好き」とか。験担ぎは、右サイドのポジションなら右足から、左サイドなら左足からと決めているそう。子どものころに憧れていたのは、ベッカム選手。「カッコイイし、うまいし、スター性があるから」というのが理由。
  
【心が癒やされる瞬間とは?】
「子どもが、“パパ、サッカーしよう”と言って、一緒にボールを蹴っているときですかね。試合があるときは、毎回見に来ていて、サッカーが好きなことが純粋にうれしいですね」

 
  
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2018年5月19日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt