リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年5月26日号 教育・子育て情報
2018年5月26日号

2020年度から変わる大学入試 『学びをデザイン』

2018年5月26日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【6/23開催】シニアのための“お金の教養講座”無料招待
新光クリーニング 「リビングを見た」で30%オフ ※広島市内・5点以上の集配に限る。Yシャツ・特殊品は除く。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

 このひとにあいたい 【話題人登場】

“一生懸命頑張ることは恥ずかしくない” 絵本に込められた その大切さ

タレント・画家 緒方かな子さん

タレント・画家 緒方かな子さん
タレント・画家 緒方かな子さん
 
 
 広島東洋カープ緒方孝市監督の妻・かな子さんが絵を描き、娘の佑奈さんが文章を手掛けた絵本『ぼくのヒーロー』が出版されました。母と娘による初の絵本は、昨年の9月から、本格的に出版に向けて作業が進みました。「全てが急ピッチでした。カープの優勝旅行の最中でも、出版社と原稿をメールでやり取りする程で、出来上がったときは、安堵感でいっぱいでしたね」と笑います。 

 カープの選手たちが、どんなに苦しくても最後まで諦めずに頑張っている姿を描いた同書。「ページごとに、苦労して描いたことが思い出されます。特にカープの赤色や、選手が特定されないように描くことなど」と振り返ります。娘の佑奈さんについてうかがうと、「応援歌のフレーズから文章を考えるなど、工夫していましたね。“もっとこういうアングルで描いたら”“文章はこうした方がいいんじゃない”など、スマホでやり取りを繰り返しました。親子というより、友だち感覚での乗りでした」と、仲の良さを感じるコメントも。

 「一生懸命頑張ることを恥ずかしいと思うのではなく、ダメでも挑戦することに意味があると思います。子どもたちへは頑張ることがカッコイイことを、そして親御さんへは、頑張る子どもたちを見守ってあげてほしい」、そんな願いを絵本に込めたそうです。

 夫を支えながら、3人の子育てをしてきたかな子さん。最後にその秘けつを尋ねると、「全てを完璧にこなすのではなく、“これぐらいできたらいいかな”という余裕も必要。できなかったら子どもに頼るのもいいのでは」と、明るく爽やかな笑顔が印象的でした。 
 
 

PROFILE  緒方かな子(おがたかなこ)さん

広島県出身。1990年、「中條かな子」でデビュー。1996年、当時カープの選手だった緒方孝市さん(現監督)と結婚。油絵や水彩画を趣味とし、油絵は「二科展」で入賞、「白日会」では、会友となり特別賞を受賞
 
【新刊の紹介】
『ぼくのヒーロ』絵/緒方かな子、作 /緒方佑奈、話/西田篤史、文/清水浩司、発行社 /ザメディアジョン、32ページ、1,500円(税込み)
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2018年3月3日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt