リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年5月26日号 教育・子育て情報
2018年5月26日号

2020年度から変わる大学入試 『学びをデザイン』

2018年5月26日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【6/23開催】シニアのための“お金の教養講座”無料招待
新光クリーニング 「リビングを見た」で30%オフ ※広島市内・5点以上の集配に限る。Yシャツ・特殊品は除く。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
「リビングひろしま・子育て応援キャンペーン」 記事一覧を見る

第16回 子育て応援キャンペーン “ひとりじゃないよ”

「ちゃんとしてね!」 で伝わってる?

@東地区センター(安芸郡府中町)×わくわくキッズクラブ

 広島リビング新聞社・子育て応援キャンペーン“ひとりじゃないよ”。今回は安芸郡府中町東地区センターの未就園児交流サークル「わくわくキッズクラブ」の皆さんが参加しました。テーマは「子どもへの接し方」。府中町教育委員会の「親の力」をまなびあう学習プログラムの教材を使い、同ファシリテーターの久光千登勢さんを進行役に、座談会を開きました。
 

今回の教材エピソード

 お菓子売り場に一目散に走って行った子どもを追いかけ「待ちなさい!!ちゃんとお利口にしなさいって言ったでしょ!も〜、いつもいつも言うことを聞かないんだから。もう、連れてこないわよ!!」と、ママは怒りながら腕をつかみました。 「いやだ〜!お菓子欲しいよ〜買って、買って〜!」と、子どもは大声で泣きながら抵抗します。ママは、買い物もそこそこに、泣く子供を連れて家に帰りました。「また今日もお利口にできなかったわ。どうすれば言うことを聞いてくれるのかしら」。家に帰ってもぐずる子を前にママはため息です。
 
府中町教育委員会の「親の力」をまなびあう学習プログラムより抜粋。「親プロ」で検索して、ダウンロードできます
《クリックで拡大表示》府中町教育委員会の「親の力」をまなびあう学習プログラムより抜粋。「親プロ」で検索して、ダウンロードできます
 
 

【Q1】エピソードを読んで、子どもとママの気持ちを考えてみましょう

 
M・Yさん 子どもは「お菓子を買ってもらえるの楽しみにしていたのに、うそつき!」、ママは「怒るばっかりで買い物できなかった。もう一緒に行きたくない」と感じていると思います。
M・Nさん 子どもは「なぜ怒られるのか分からない」って感じてそう。ママは「一緒に行くのが不安。次はパパについてきてもらおう」かな。
Y・Mさん 子どもは「お母さん、いつも怒る」。お母さんは「何しにいったんじゃろ」と、 ため息をつく感じですね…。
K・Kさん 子どもは「思ったことを言っただけなのに怒られた」。ママは「また怒ってしまった」と反省するんじゃないかな。
久光さん 皆さん、よく気持ちを考えてあげられていますね。こんなとき、皆さんならどうしていますか。
Y・Mさん イヤイヤ期は意志の疎通が難しいので、先におやつを持たせてから買い物したりしていました。


 
  
M・Yさん 買えるときばかりではないので、上の子は3回に1回など回数を決めてます。難しいときは夫に来てもらって、子どもを見てもらっている間に買い物を済ませます。
K・Kさん 家におやつがあるから、と言い聞かせたりします。「後でね」と言っておいて、さっとレジに行き、「あ、買うの忘れてた」とごまかしたり。レジまで行ってしまえば忘れるので(笑)。
M・Nさん イヤイヤ期を過ぎたら、言い聞かせて分かるようになるかな。お兄ちゃんが我慢したら下の子も我慢したりとか…。
M・Yさん そうでもないよ(笑)
久光さん 皆さんも思い当たると思いますが、親子のコミュニケーションサイクルには、バッドサイクルとグッドサイクル(下図)があります。教材のケースは、まさにパッドサイクルに陥ってしまったときですね。これがグッドサイクルになるように、吹き出しの言葉を少し考えてみましょう。



 

【Q2】買い物以外の経験も思い出して、グッドサイクルの声掛けを考えよう


久光さん 買い物以外ではどうですか。こんなことで困ったりしたというケースを思い出してみてください。
K・Kさん 最近は何でも自分でやりたがるので、料理していても「自分が卵を割る!」とか言ってきて。つい「ほら、こぼれた!殻が入った!」とイライラとし、ダメ出しをしてしまうことも。
Y・Mさん 自分が「何時までに」と効率良く家事をしようとしているときにペースを乱されると、ついイライラしちゃうよね。
M・Yさん 食べなかったり、おもちゃを片付けなかったりすると「鬼さんが遊びに来るよ」と言うと、結構効果があります。


 
 
 
Y・Mさん クリスマス前は「サンタさんが来ないよ」とかね(笑)。あんまり言い過ぎると効かなくなるので、とっておきのときに。
M・Nさん でもせっかく作った料理をきちんと食べてくれないと、やっぱり悲しいよね。
久光さん 困る場面はいろいろありますよね。子どもに注意するときに、教材のように「お利口にしていてね」と言うのでは漠然として分かりにくく、「牛乳を買おうね」のように“具体的に"言うと伝わりやすくなります。では、食事や片付けの時にどんな言葉かけをしたらグッドサイクルになるかそれぞれ考えてみましょうか。


 
 

グッドサイクルの会話にしてみよう

《クリックで拡大表示》
■座談会のママたちが考えた一例
(1)「今日はおうちでホットケーキを作るから牛乳を買おう」
(2)「牛乳が買えたね、ありがとう」(M・Nさん)

(1)「かっこいいお兄ちゃんになったから、我慢できるかな?」
(2)「我慢できたね、かっこいい!」(K・Kさん)
 

座談会を終えて・・・

Y・Mさん 具体的な言い方の方がいいと知って勉強になりました。かわいい盛りの子育てを楽しみたいです。
M・Nさん みんな同じようなことで悩んでいることが分かって、自分一人じゃないと心強くなりました。
M・Yさん みんな工夫していることが分かりました。いろいろな声掛けの仕方が聞けてうれしかったです。
K・Kさん グッドサイクルの声掛けは大切だなと思いました。これからは少し意識して言葉にしてみます。

ファシリテーター・久光千登勢さんより

 座談会のまとめでは、「片付けてね」「こっちに来てね」など「動詞」で表現すると具体的で伝わりやすくなることや、「〜しない」など否定的な表現を避けることなどの、声掛けのコツもお伝えしました。子育てに正解はないので、楽しんでコミュニケーションをとってほしいです。
 
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2018年2月10日号掲載)
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt