リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年2月17日号 簡単ヘルシーな時短料理「せいろで一石四鳥」レシピ付き♪
2018年2年17日号

簡単ヘルシーな時短料理「せいろで一石四鳥」レシピ付き♪
2018年2月17日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【kaita style】海田に住もう!子育て支援サービス「ネウボラ」が注目される。リビング読者が体感!「ロイヤルシティビュー海田」子育てママが安心の快適マンションが誕生!
【募集中】 2017年10月29日(日)「工場研学会」  1日体験して楽しみながら家づくりが学べる「工場研学会」。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
【JTサンダーズ 男気の証明】 JTサンダーズの選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】

【Vol.3】 井上 航選手 【背番号10・リベロ】

“気がつけばそこにいる”のキャッチフレーズが、ぴったりの井上航選手。ムードを変え、チームを動かすリベロを目指します。リベロでは珍しく得意のジャンプトスで試合を盛り上げます。
 
井上 航選手 【背番号10・リベロ】|リビングひろしま
井上 航選手 【背番号10・リベロ】
 
 
 入団1年目からスタメンで活躍する井上航選手。好調な理由を聞くと、「自分の中では、納得できた試合は数える程しかありません。まだできる、もっとできる、いつもそんな思いに駆られています」と意外な返答。昨季の黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会では、JTを優勝に導く活躍をし、若鷲賞とベストリベロ賞を受賞しました。「この試合で活躍できたことは、結果的に自信にはなりましたが、もう過去のことですから…」ときっぱり。

 170僂琉羮總手のポジションはリベロ。サーブレシーブやアタックレシーブを専門とし、攻撃への起点となります。「相手のアタックが決まったと誰もが諦めた瞬間、それを僕が拾ったときの大歓声や、味方に勇気を与えること、それがリベロの魅力ですね」とほほ笑みます。井上選手のもう一つの特長がポジショニングの良さ。ブロックで弾かれた球やスパイクでのこぼれ球に素早く反応します。「これは勘ですね。チーム内では守備の決め事はありますが、言われたことだけではなく、常に考えて動くことで、勘がさえてきます」とも。

 井上選手の母校は、世界一の名セッターと言われた猫田勝敏さんと同じ小学校。「当時は超スパルタ的な指導でしたね。チームメートや保護者に支えてもらって続けられました。さらに進学した崇徳高等学校では、もっと練習が厳しくて。だから、今ではどんな練習にも耐えられます」と笑います。

 終戦直後、バレーボールで心を一つにして復興を遂げた広島。ボールにくらいつく井上選手の姿に、その伝統を感じるファンも多いようです。
 
 
 
 

「観衆を魅了し、味方を勇気づける」そんなリベロになりたい

編集部

井上航選手のキャッチフレーズは、「気がつけばそこにいる」ですが、気に入ってますか。
 

井上

つけられたときは、何のことか分からなかったのですが、周りの人から「そういうことだよ」と言われて、納得。このキャッチフレーズで、ファンの皆さんが喜んでくれるなら、僕もうれしいです。
 

編集部

肘をケガされていたようですが、今の状態はいかがですか。
 

井上

もう特に痛いところもなくて、大丈夫です。
 

編集部

入団1年目ですが、試合にスタメン出場し、順調に成長されていますね。
 

井上

自分の中では、「まだできる」というか、納得できた試合というのが、数えるぐらいしかありません。「まだまだできるのにな」「もっとできるな」と、試合が終わった後にいつも思っています。
 

編集部

昨季の黒鷲旗(くろわしき)全日本男女選抜バレーボール大会で、リベロとしてJTサンダーズを優勝に導く活躍をし、若鷲賞とベストリベロ賞を受賞しましたね。
 

井上

初めて試合に出た大会で優勝して、いいスタートがきれたと思います。一つの自信というか、いいきっかけにはなりました。しかし、もう過去のことですから…
 

編集部

レセプション(サーブレシーブ)の安定感や、ティグ(スパイクレシーブ)の精度など、井上選手のストロングポイントは何ですか。
 

井上

一番は、チームのムードを良くするよう心掛けていることです。それと、ジャンプトスは、僕の一つの武器なので、スパイカーに打ちやすいトスを上げるように努力しています。
 

編集部

井上選手と言えば、「オーバーハンド」と言われています。アンダーハンドより、オーバーハンドで丁寧にパスを出すことを意識されていますね。
 

井上

リベロなので、レセプション(サーブレシーブ)を返すのは当たり前だし、ディグ(スパイクレシーブ)も他の選手より拾わなきゃいけないポジションです。しっかりレセプションを返して、しっかりディグをあげて、攻撃の起点になるレシーブをしようと心掛けています。でも、なかなか思った通りにいかないですね(笑)。JTサンダーズに入ってから、監督に「リベロがジャンプトスできるのはいいことだ」と言われて、意識してやるようになりました。小さいころは、「基本に忠実に膝を曲げて」と指導を受けて育ちました。今は基本から応用へと発展させてプレーしています。しっかり膝を曲げることは大事だと思います。それができているから、ジャンプトスもできているのかなと思っています。
 

編集部

リベロは、「観衆を魅了し、味方を勇気づけるポジション」と聞きましたが…
 

井上

試合中に、相手のスパイクが決まったと思った瞬間、僕がそのスパイクを拾ったとき、会場の大歓声が自分でも聞こえます。そこからチームの反撃が始まり得点できたときに、リベロというポジションに魅力を感じます。
 

編集部

もう一つ井上選手の特長といえば、スパイクやこぼれ球に素早く反応したり、ブロックで弾かれた球を捕球するなど、ポジショニングの良さがあげられますね。
 

井上

これはもう犂瓩任垢諭2燭盥佑┐困法屬海海僕茲襦」と思ったところに体が入っているみたいな感覚です。
 

編集部

あるコメントで「決められたポジション取りでは拾えない」という発言もありましたが…。
 

井上

一応、チーム内で守りのべースはあります。そこから自分で考えて、言われたことだけをやるんじゃなくて、自分の考えを生かすこと、それが犂瓩砲弔覆るのかもしれませんね。
 

編集部

勘を鍛える努力をしていますか。
 

井上

何もないです。別に天才プレーヤーでもないし。ただし、練習はちゃんとしていると自分でも思うので、そこからくる自信だと思います。「あれだけやっているからできる」という気持ちでしょうか。
 
 

「このチームに誇りを持っています」

編集部

JTサンダーズへの入団は、迷いはなかったですか。
 

井上

全然なかったです。小さいときから見ていたチームで、僕自身このチームに誇りを持っています。地元の人にも愛されているチームですし、僕が入って優勝に貢献したいと思っています。
 

編集部

入団に際し、元JTサンダーズの小澤さんの影響が強かったようですね。
 

井上

大学2年の夏合宿で、ここに来ました。小澤さんに呼ばれて、「Tシャツやる」と言われました。ノースリーブのTシャツでした。そしたら、「お前それもらったからJT来いよな」と小澤さんが言われたのですが、そのときは入団するなんて全く意識していませんでした。でも本当にうれしい出来事だったと、今でも覚えています。その後、東海大学に、コーチとして来られた際、「その話をしたのを覚えているよ」と言われました。
 

編集部

「ムードを変えるリベロ」「チームを動かすリベロ」など、こんな選手になりたいという目標や、目指す選手像はありますか。
 

井上

元JTで、今はサントリーで活躍されているリベロの酒井選手が小さいときからの憧れです。酒井さんがいるだけで、チームの雰囲気が一瞬で変わりますし、「一人でこんなに変わるんだ」と思うぐらい、酒井さんの存在感というかオーラはすごいです。味方からしたら心強く、敵からしたら嫌になるぐらい…。技術的には、酒井さんに追いつけないかもしれないですけど、雰囲気づくりだったら追いつけるのではないかと、目標にしています。追いつけるように頑張っていきたいと思います。
 

編集部

猫田選手と同じ古市小学校の出身だそうですね。バレーを始めたきっかけは?
 

井上

最初は野球が好きで、ソフトボールチームに入っていました。小学校2年生ぐらいのときに皆で「バレーボールをやろうぜ」という話になって、バレーボール部に20人ぐらい入ったんです。でも最終的に残ったのは5人ぐらいでしたね。すごく厳しい監督で、週末は朝から晩まで練習が普通だったし、超スパルタ的できつかったですね。それで、辞めたいということが何度かあって、そのたびにチームメイトや、保護者の皆さんに支えられて続けました。進学した崇徳高校では、練習がとても厳しいのですが、逃げることはなく、辞めたいと思うこともなかったです。今、地元でプレーできているのはすごく幸せなことだと感じています。
 

編集部

プロを意識したのは? 
 

井上

たぶん、大学3年生、4年生ぐらいだったと思います。
 

編集部

東海大学では、リベロ賞を何度も獲得していましたね。そういうこともプロを目指すきっかけになったのでは?
 

井上

いや、個人賞とかは気にしていませんでした。
 

編集部

大学での練習は相当厳しかったのではないですか。
 

井上

いや、そんなにきついとは思いませんでした。とにかく高校時代の練習量がものすごかったので、今ではどんな練習にも耐えることができます。
 
 

読者から井上航選手への質問

れもこさん

趣味がギターとのことですが、どんな曲が弾けますか。ロードバイク(自転車)も趣味?
 

井上

基本的にコードを見れば、なんでも弾けます。この前も、後輩がきて、ギターが置いてあるのを見て、「どうせ置いているだけでしょう?」と言われたから、弾いたらビックリしていました。「ガチじゃん」と言われましたよ。ロードバイクは、別に凝ってはないんですけど、普通に持っていて、暇つぶしや気分転換に乗っています。
 

ゴマさん

なんでそんなにかわいいんですか。試合中、航くん見ていると笑顔になれます。
 

井上

かわいさで売っていないんですけど…(笑)。でも、いつも応援いただきありがとうございます。
 

ゆかさん

「アディ兄ちゃん」と呼ばれていますが、「アディー」の由来を教えてください。
 

井上

入団当初、アディダスの服をいつも着ていて、入団したときに吉岡さんから「アディオだな」と言われて、そこから「アディー」になり、先輩たちからそう呼ばれるようになりました。
 

碧雷のち満月の夜さん

和菓子と洋菓子とでは、どちらが好きですか。差し入れの参考にさせてください。
 

井上

断然洋菓子です。プリンとかチーズケーキとか、チョコケーキとか、シュークリームが好きですが、特にプリン系が大好きです。
 

千尋さん

リベロ以外でやってみたいポジションはありますか。
 

井上

中学まではスパイカーをやっていたので、最初は「スパイクしたいな」と思っていたんですけど、体もきついし、「もういいかな」と思っています。リベロ一筋で頑張ろうと決めています。
 

あやかさん他

遠征先に必ず持っていくものってありますか。または験担ぎやルーティーンは?
 

井上

別にないですね。ルーティーンも別にないです。決めると、面倒くさくなるので作らないようにしています。
 

ホリメロさん

結婚願望は?タイプの女性は?
 

井上

(ちょっと間をおいて)今はバレー一筋でいいです。タイプの女性ですか? そうですね、自分がリードしたい派なので、それについてきてくれる人かな。行きたい所などは、自分がぱっと決めて、「行くぞ!」みたいな乗りですね。亭主関白じゃないですよ。「嫌だ」と言われたら、考え直しますから…
 
 

 

PROFILE プロフィル 井上 航選手 【背番号10・リベロ】

1994年7月5日生まれ、安佐南区出身。趣味は音楽を聞くこととギター。「基本的にコードを見れば何でも弾けますよ」。ロードバイクで気分転換もするそう。ニックネームは“アディー”。「入団したときアディダスの服ばかり着ていたので、吉岡選手からつけられました」と苦笑い。洋菓子やプリンが大好き。

【気になる女性のタイプは?】
「今はバレー一筋で頑張ります。行きたい所や、やりたいことがあったら、僕がバシっと決めたい性格ですが、亭主関白じゃないですよ…」

 
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2018年2月10日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt