リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年2月17日号 簡単ヘルシーな時短料理「せいろで一石四鳥」レシピ付き♪
2018年2年17日号

簡単ヘルシーな時短料理「せいろで一石四鳥」レシピ付き♪
2018年2月17日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【kaita style】海田に住もう!子育て支援サービス「ネウボラ」が注目される。リビング読者が体感!「ロイヤルシティビュー海田」子育てママが安心の快適マンションが誕生!
【募集中】 2017年10月29日(日)「工場研学会」  1日体験して楽しみながら家づくりが学べる「工場研学会」。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

暮らしの気になる数字

笑い・アンケート結果 2017/12/16〜2017/12/28

心から笑えるのは「友達とおしゃべりしているとき」

 普段から「よく笑う。笑い上戸」の人は20%、「まあまあ笑う」人は43%。家庭で、「『笑いや笑顔』が絶えない家族」は16%、「どちらかというと『笑いや笑顔』が多い家族」は39%。また昨年、「『笑い』の多い1年だった」人は12%、「どちらかと言えば『笑い』が多かった」人は28%と、4割が笑いの多い1年を過ごした結果となりました。そんな皆さんが心から笑えるときについて尋ねたところ、トップ5が右のような結果に。友達や家族、子どもなど親しい人と一緒にいるときに、心から笑える人が多いようです。
 
 

1.NHK連続テレビ小説「わろてんか」を見ていますか

1.NHK連続テレビ小説「わろてんか」を見ていますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「毎回見ている」32%、「ときどき見ている」13%と、55%が見ている結果となりました。見ている人は、50代で最も高く59%、次いで60代以上57%、最も低かったのは30代で27%。男性43%、女性45%と男女では大きな差がみられませんでした。
 
 
 

2.あなたはよく笑いますか

2.あなたはよく笑いますか
《クリックで拡大表示》
  
  
 
 
「まったく笑わない」人は、2%に留まり、98%が笑う機会がある結果となりました。「よく笑う。笑い上戸」の人は、男性よりも女性に多く、男性8%、女性20%。年代別では、50代が最も高く24%となっています。
 
 

3.2017年は、笑うことが多かったですか

3.2017年は、笑うことが多かったですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「『笑い』の多い1年だった」12%、「どちらかと言えば『笑い』が多かった」28%と、40%が笑いの多い1年と答えました。「『笑い』の多い1年だった」人は、男性よりも女性に多く、男性7%、女性13%となっています。
 
 
 

4.あなたの家庭では、「笑う・笑顔」と「笑わない・怒る」、どちらが多いですか

 
4.あなたの家庭では、「笑う・笑顔」と「笑わない・怒る」、どちらが多いですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
最も多かったのは、「どちらかというと『笑いや笑顔』が多い家族」で39%となりまいた。また、「笑いや笑顔」が多い家族は55%、「笑わない・怒る」ことが多い家族は20%と、笑いや笑顔が多い家族が多い結果となっています。
 
 
 

5.あなたはどんなときに、心から笑えますか(複数回答)

 
5.あなたはどんなときに、心から笑えますか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位は「友達とおしゃべりをしているとき」で、35%が選ぶ結果となりました。上位に挙がった項目をみると、友達や家族、子どもなど、誰かと一緒にいるときに、人は心から笑えるようです。行動としては、「バラエティ番組を見ているとき」がトップでした。
 
 
 

6.あなたが笑うときの状況について、当てはまるものは?

 
6.あなたが笑うときの状況について、当てはまるものは?
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「人前でも、独りでも気にせず笑える」を選んだ人が70%を占める結果となりました。一方、「人前でも、独りでもあまり笑わない」人は、12%。女性8%に対し、男性21%と男性が多く、年代別では50代以上でこちらを選んだ人は0となっています。
 
 

7.笑うと泣くとでは、どちらがストレスを発散できるかと思いますか

 
7.笑うと泣くとでは、どちらがストレスを発散できるかと思いますか
《クリックで拡大表示》



 
「笑うこと」を選んだ人が最も多く、63%。一方、「泣くこと」は14%でした。「笑うこと」を選んだ人は、女性よりも男性に多く、男性71%、女性55%。年代別では、30代が他と比べて低く、27%に留まっています。
 
 
 

8.あなたにとって笑いを一言で例えると、どんな表現ができますか。
例えば、「心のバロメーター」「潤滑油」「ガス抜き」「幸福」「万能薬」「健康・長寿の源」など、その理由も一緒にお答えください。

  
 
 
・アンチエイジング(女性・28歳)
・相乗効果 自分が笑えば相手も笑顔になってくれる 周りが明るいと楽しく感じる。(女性・28歳)
・やすらぎ なんとなくです。(男性・30歳)
・健康維持の特効薬(女性・34歳)
・幸せの証。幸せじゃあないと笑えない。(女性・34歳)
・心の風邪薬(女性・36歳)
・昔(女性・39歳)
・『元気の源』 気持ちが落ち込んでいるときに笑うと元気になるし、笑いは周りの人も巻き込んで自然とみんなが元気になっているから。(女性・40歳)
・ストレスの軽減(女性・43歳)
・免疫アップ(女性・43歳)
・安心→旦那や友達と一緒に笑っているとホッとする。(女性・45歳)
・素直な自分が現れる。笑っているときが幸せと思うから。(男性・46歳)
・大病をして、ストレスをためないように思ったことは口に出すようにしています。楽しい時は笑い、悲しい時には泣くということを我慢しないようしました。おかげさまで随分と心が軽くなりました。(女性・46歳)
・心と顔のリラックス(女性・47歳)
・家族円満の潤滑剤(男性・50歳)
・幸せのサプリメント(女性・52歳)
・関西人やなぁ。(女性・53歳)
・感情のリセット…どんな悩みやストレスがあっても、大笑いするとゼロまで持っていける。(女性・53歳)
・人生の潤い(女性・55歳)
・健康・長寿の源(女性・61歳)
・人を優しくするお金のいらない薬(女性・66歳)
・お付き合いをするとき、笑わないと敬遠される。社交(女性・67歳)
・嬉しい、楽しい、頑張れる。(男性・72歳)
 
 
 
 
 

9.最近、大笑いしたことをお書きください。また「笑い」で失敗したことなど、エピソードがあればお書きください

 
 
・キスマイブサイクという番組が好きでよく笑っています。キュンキュンもするし、大爆笑もできるし、大好きな番組です。(女性・28歳)
・1歳と4歳の息子が隣室で静かにしていたので、不安になって覗いてみたら、二人で段ボールに入って寝ていました。可笑しくて可愛くて、思わず笑ってしまいました。(女性・29歳)
・忘年会の余興で、アニマルフレンズ踊りましたが、練習してなくて全然踊れなくて大笑い、笑ってごまかした。 彼氏の名前に、平成の平が入っていて、平成生まれだから、平が入っているのね。って話したら、昭和生まれだよ。って、つっこまれて、一人で大笑いしました。(笑) 笑で失敗は、思い出せないのでないかと。(女性・34歳)
・母と神楽を見に行って、神楽の1000万もする衣装を着させてもらったとき、大笑いをしました。(女性・36歳)
・上司が余興でブルゾンちえみをしたのを見て。(女性・39歳)
・子ども達が「見てみて!」と言いながらにゃんこスターの物真似をして見せてくれたときに、唇を尖らせて顔をしわしわにしていたのを見て、思わず吹き出してしまいました。笑いで失敗したことは今までないです。(女性・40歳)
・サンドイッチマンの漫才を見て。(女性・42歳)
・お笑い芸人のコントを見たとき(アキナ)。(女性・43歳)
・ネコが遊びに来て、ネコに手を振ったら、足をあげていた。おちゃめでかわいい。(女性・44歳)
・70超えた両親の子どもじみた喧嘩話や、どんくさい話を友達に話して大笑いしました。(女性・45歳)
・お葬式の一番笑ってはいけない場面で笑ってしまったことがあります。正座をしていた時間があまりにも長く、足がしびれてしまったおじさんが思いきりよく倒れてしまったのには悪いと思いながら笑ってしまいました。もちろん声は出しませんでしたけど。(女性・46歳)
・ザ・ドリフターズの様々なコントDVDを鑑賞して、大笑いしました。(男性・46歳)
・猫の行動(男性・46歳)
・的が外れた、大勘違いを自分がしたとき。(男性・46歳)
・家族で夕食を食べながら会話しているときに、何気なく言った言葉が面白くて、ツボにはまってしまった。(女性・47歳)
・今年から県外で一人暮らししている大学一年生の娘とのラインで、 友達たちと鳥取砂丘に遊びに行っている写真を送信され、娘の写真の後ろにたくさんの人々が小っちゃく映っていたので、「うんちがいっぱいじゃね!!」とライン返信したら、奥さまと下の娘が爆笑していました。(男性・50歳)
・日帰りでしたけど、上の娘の大学の合格発表に神戸まで行ってきました。娘が生まれて初めて二人っきりで旅行ができ、受験も見事合格し、帰りの新幹線で楽しくゆっくり会話できました。色々な昔話でもりあがり、楽しく大笑いできました。一生の思い出です。(男性・50歳)
・最近ではありませんが、友人とホテルに宿泊し、目が覚めて見た目の前の友人の寝顔が相当笑えました。いえ、かわいらしかったです。ごめんなさい。(女性・52歳)
・些細なことでも常にバカ笑いしているので、これといったエピソードはありません。(女性・53歳)
・ペットの犬がおやつをおねだりする姿。(女性・54歳)
・孫の行動。(女性・61歳)
・毎日失敗の多いのですが、人に話し、笑いにすることでしのいでいます。先日は枕元に置いている携帯を鞄に入れたつもりでしたが 入っていたのはテレビのリモコン、携帯を探してリモコンが出てきて大笑いでした。(女性・66歳)
・写真撮影をするとき、いつも笑っていると、あなただけ笑っているので変だと言われた。(女性・67歳)
・バラエティー番組で芸人の話術に大笑いすることが多い。(男性・72歳)
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女54人回答
男性・14人(26%)
女性・40人(74%)
 
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
 
1年前のこの頃、子どもの受験で親も緊張の毎日でした。
雰囲気を和ませようと笑うのですが、上手く笑えなかったように思います。
心から笑えたのは、最終的に進路が決まったときでしょうか。
子どものうれしそうな、満面の笑みは今も忘れられません。
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt