リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年新春号(1月7日号)ワンの地域ブランド、126人にプレゼント
2018年 新春号

ワンの地域ブランド、126人にプレゼント
2018年新春号(1月7日号)

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【募集中】 2017年10月29日(日)「工場研学会」  1日体験して楽しみながら家づくりが学べる「工場研学会」。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

 このひとにあいたい 【話題人登場】

特別なことをしなくてOK、ありのままの日本文化を伝えたらいい

作家 唯一 心さん

作家 唯一 心さん
作家 唯一 心さん
 
 
 ホームステイを引き受けたことや、南米と佐渡に旅をする旅雑記、古いマンションに住む5人の女性の生き方などを書き留めた『隣のおばさんと異人さん』(文芸社発行)が出版されました。
 
 この書籍の著者・唯一心さんは、隣のおばさんの隣人の娘さんという設定。隣のおばさんは、過去に広島ホームステイ協会の副会長を務めた経験があります。「夫の仕事でアメリカで暮らしたことから、二十数年前にホームステイを受けてほしいという話がありました。最初に受け入れたのは、イタリア人。分からないことだらけで、とにかく至れり尽くせりでしたね」と振り返ります。
 
 その間に、引き受けた外国人は35カ国36人。フランスやイスラエル、台湾など、さまざまな国や地域の人たちが本書に登場します。手探り状態だったそうですが、相手と意思疎通ができず悩んだことも。「日本の文化を知りたくてホームステイをされているのだから、ありのままの生活を見せたらいいんだと開き直りました。例えば町内会清掃での草取り。私たちにとっては日常のことですが、彼らは楽しそうに手伝ってくれました」と言います。日本でしかできないことをさせてあげることが大切。喜ばせようと、あれこれし過ぎないことだそうです。
 
 日本はまだまだ、ホームステイを受け入れる家庭が少ないのが現状。「特別なことをしなければいけないのでは…と身構えてしまうのかも。私もそうでしたから。でも不安なのは、ホームステイをする人も同じ。気を使い過ぎず、楽しむ気持ちがあれば大丈夫ですよ」と、隣のおばさんはアドバイスします。この本が、異文化交流の参考になるかもしれませんね。
 
 

PROFILE  唯一 心(ゆいこころ)さん

広島市在住。作家。2012年から“隣のおばさん”シリーズを出版。『隣のおばさん狸+狐+人間≒9000人』をはじめ、最新版『隣のおばさんと異人さん』まで、全5シリーズです
 
【新刊の紹介】
『隣のおばさんと異人さん』(文芸社発行)1,200円(税別)

 
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2018年1月7日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt