リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年12月6日号 帰省時に確認しよう 離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

離れて暮らす親へ 「私」ができる防災対策 【防災情報】
2019年12月6日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【このまち思いWEBガス展】10月26〜12月27日午後5時まで開催中★WEBでもガス機器をガス展価格で!
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

暮らしの気になる数字

腕時計・アンケート結果 2017/7/15〜2017/7/27 

「外出の際は必ずつける」人39%


 腕時計を持っている人は、89%。個数は「1個」が最も多く、全体の4割近くを占めました。購入した場所は、「時計専門店」が1位で、44%が選ぶ結果に。持っている腕時計のタイプは、「アナログ表示」が76%を占め、最高額は、「1万円未満」と「10〜15万円未満」がそれぞれ18%と、二極化しました。腕時計をつける頻度は、「外出の際は必ず」という人が多く、39%、「まったくつけない」人は16%となっています(上)。腕時計をつけない理由としては、「スマホやケータイがあるから」を選んだ人が最も多い結果となりました。
 
 
 
 

1.あなたは、腕時計をいくつ持っていますか

1.あなたは、腕時計をいくつ持っていますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
腕時計を持っている人は、89%。個数としては、「1個」が最も多く、全体の39%、持っている人の44%に上りました。男女別に見ると、「4個以上」を選んだ人が男性に多く、男性26%、女性7%となっています。
 
 

2.その腕時計は、どこで買ったものですか(複数回答)

2.その腕時計は、どこで買ったものですか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
  
 
 
1位は「時計専門店」で、44%が選ぶ結果となりました。近年は、インターネットなどでの通販を利用して買い物をする人が増えていますが、腕時計に関しては、まだ13%と少なく、実際の店舗を利用している人が多いようです。
 
 

3.あなたが腕時計を選ぶ時のポイントとして、あなたの考えに近いものをあげてください(複数回答)

 
3.あなたが腕時計を選ぶ時のポイントとして、あなたの考えに近いものをあげてください(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位は「デザイン」で、64%が選ぶ結果となりました。男女別に見ると、少し傾向が異なり、女性では「デザイン」が1位で、トップ3が全体と同じですが、男性では「価格」が1位、2位「デザイン」、3位「時計が狂いにくい、正確性」となっています。
 
 
 

4.あなたは、どのくらいの頻度で腕時計をつけますか

4.あなたは、どのくらいの頻度で腕時計をつけますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
最も多かったのは「外出の際は必ずつける」で、39%、次いで、「特別なお出かけの時ぐらい」18%となっています。また、腕時計を「つける」人は84%、「まったくつけない」人は16%と、頻度の差はあるものの、つける人が殆どでした。
 
 

5.腕時計をつけない、その主な理由を選んでください(「腕時計をつけない」「あまりつけない」人、複数回答)

 
5.腕時計をつけない、その主な理由を選んでください(「腕時計をつけない」「あまりつけない」人、複数回答)
 
 
 
 
「スマホやケータイがあるから」を選んだ人が最も多い結果となりました。その他の理由としては、「こどもをだっこしたときにこどもに傷をつける恐れがあるから」「子どもを抱っこする時に邪魔だから」「オシャレの為 」が挙がりました。
 
 
 

6.あなたの腕時計のタイプは?

6.あなたの腕時計のタイプは?
 
 
 
 
「アナログ表示」76%、「デジタル表示」12%と、アナログ表示の腕時計を持っている人が多い結果となりました。男女別に見ると、女性では5%しかいなかった「デジタル表示」が男性では多く、24%となっています。
 
 
 

7.持っている腕時計の最高額は?

7.持っている腕時計の最高額は?
 
 
 
 
最も多くの人が選んだのが、「1万円未満」「10〜50万円未満」それぞれ15人と、二極化する結果となりました。「50万円以上」を選んだ人は、女性よりも男性に多く、女性3%、男性15%となっています。
 
 

8.100万円以上もする高額な腕時計を持ってみたいですか

 
8.100万円以上もする高額な腕時計を持ってみたいですか
 
 
 
 
「ぜひ持ってみたい」を選んだ人は、約1/4に留まり、多くの人は「持ってみたいとは思わない」を選ぶ結果となりました。「ぜひ持ってみたい」人は、男性29%、女性18%と男性に多く、50万円以上の腕時計を持っている7人中6人となっています。
 
 

9.腕時計で困ったことや不満や悩み、気になることがあればお書きください

 
・若かりし頃、結婚式やお茶会の席で腕時計を着けるのがマナー違反だと知らず、着けてしまっていたことがある。(女性・28歳)
・黄色の腕時計がお気に入りで、職場にも着けて行っているのですが、上司から黄色はやめろと言ってきます。お気に入りの時計を着けて、効率の良い仕事ができれば良いのではないか。ビジネスマンはシルバーの時計でないといけないという過去の概念を押し付けるのはやめてほしい。(男性・30歳)
・高い腕時計は、高級すぎて逆に使えない。(男性・30歳)
・水の中も大丈夫という時計、どの程度まではいってもいいのかわからなくて、以前からずっと気になっています。(女性・30歳)
・革製を長持ちさせるために、メンテナンスはどうしたらよいのでしょうか。(男性・31歳)
・電池が切れ、交換に行った際、中の状態が悪く電池を変える事さえできなかった。電池切れで2年ぐらい放置していたのがダメだったようです。(男性・35歳)
・つけていたらそこだけ日焼けのあとになるから つけない。(女性・36歳)
・金属のベルトのものをしてみたいが、皮のベルトじゃないと腕にフィットしない。(女性・40歳)
・電波時計はしまっておくと動かなくなるので使いづらいです。(女性・41歳)
・引っかかったり、ぶつけたりする。(女性・43歳)
・老眼が始まると文字盤が見えづらい。携帯の大きな表示のほうが見えやすい。ライトもつくし。(女性・47歳)
・革ベルトがすきですが、かえベルトがあまり、お店においていない。(女性・48歳)
・夏に腕の部分があせもになる。(男性・48歳)
・4〜5年に1度、メンテナンスが必要なのでちょっと面倒に思う。カルティエの時計(女性・49歳)
・修理が高い。(男性・49歳)
・スイスで買った腕時計。ガラスに傷がつき、電池が切れた状態。電池交換一つとってもどこでもできるわけではなく、放置してしまっています。(女性・51歳)
・時間がくるっているのに気が付かず、その時計をつけて外出してしまったこと。(女性・53歳)
・純正のベルトの替えが取り寄せになったりする。 腕時計の跡が付く。ブレスレットタイプがアクセサリーとしても使えるので好きだが、衣類に引っかかり、持ち物に傷をつけるので、日常生活では使いにくい。(女性・54歳)
・TPOに合わせて時計を選ぶが、煩わしくて、外してしまう。動き回っているときはいいが、目的地に着いたり、レストランで食事とか、静止の時には、時計と指輪が気になって外してしまう。そして、外した後の収納にも困る。自動のものは、全部電池切れになっている。もったいないなとおもいつつ、使わないのでもう数年間電池交換していない。 アンティークで手巻きのものと、手巻きで手にはめていると振動で動くタイプのものばかり使っている。(女性・57歳)
・電池切れが急にやってくる。もうすぐ電池が切れますよみたいなお知らせ機能付きの時計ってあるのでしょうか?(男性・57歳)
・メンテナンスにお金がかかること。(男性・65歳)
・自動巻時計の時は、しばらくつけてなかったりすると、止まってしまい、何回も時計を振っていたことを思い出します。今は、ソーラで家の蛍光灯でも充電できるタイプを使っています。本当に、便利になったものですね。(男性・68歳)
 
 
 
 

10.就職祝いや合格祝いで腕時計をもらったなど、腕時計にまつわる思い出があればお書きください

 
 
・結婚指輪の代わりに買ったので外出の際は主人も私もつけています。(女性・30歳)
・高校生になって初めてのアルバイトのお給料で、大好きなおじいちゃんに何かしてあげたいと思い、おじいちゃんの腕時計がキズだらけだったのを思いだして時計をプレゼントしました。初めての時計選び。文字盤が見やすいのがいいな、日にちやアラームがついているのがいいね、これは派手すぎるかな?と母に買い物についてきてもらって悩みながら楽しく選んだのを覚えています。渡すときははずかしくて照れてしまったけれど、おじいちゃんが、すごく喜んでくれて、ほっとしました。あれからかなりたちますが、電池が切れては交換し、今でも大事に使ってくれています。(女性・30歳)
・龍が如くの限定時計を手に入れました。(男性・30歳)
・就職して、初めてのボーナスで自分にご褒美で時計を買いました!(男性・31歳)
・私と弟からのクリスマスプレゼントで母へ腕時計をプレゼントしました。母が亡くなり、高校生になった孫が大事に使っています。(女性・36歳)
・今の腕時計は夫が買ってくれた。4年くらい経ってから、似たような時計を中学生の子ども向けにも買ったが、私は大きすぎて時計屋さんでベルトを1cm短く調整してもらったのにたいして、子どもは時計がきつく長く調整してもらっていた。子どもの成長を感じた。(女性・39歳)
・親戚のおばちゃんから就職祝いで腕時計をもらいました。すぐになくしてしまってすごく申し訳ない思いをしました。(女性・40歳)
・学生時代の入学祝いに親からもらいました。それをつけて3年間高校に通い、一度無くしたのですが、運良く戻ってきて今も大切に使っています。(女性・42歳)
・高校の入学祝にプレゼントしてもらった腕時計。長年愛用していたが、30歳の時に壊れてしまった。それ以来、購入も、着用もしていない。(女性・47歳)
・まだ就職して数年目でお金のない時に婚約し、妻とおそろいのペアウォッチが欲しかった。友人の結婚式で東京に行った際にアメ横によって学生時代行きつけだった時計店に立ち寄り、今の時計を購入。それから時間のたつのは早く、あれから21年が経過した。いまでは傷だらけになった時計だけど、仕事で大変だった時も、夫婦げんかした時も、こどもの受験で心配した時もその時計を見ながら乗り越えてきた。女性も時計もその時から浮気することなく今を迎えることができた。これが幸せってことなのかな?(男性・48歳)
・仕事を始めて最初のボーナスで購入したカルティエの時計は、今でも大切に使っています。もう一本は父の古希のお祝いに贈った時計を形見として私が使っています。(女性・49歳)
・小学生のときに初めて買ってもらった時計が、ミッキーマウスの時計で、大事に使っていたけど、ねじが切れて、泣く泣く新しい時計に変えたこと。(女性・52歳)
・今は亡き父母に大学の入学祝いに買ってもらった。その当時は結構高価だったのでデザインも気に入っていて嬉しかった。なんだか淋しい。(女性・57歳)
・九州にバス旅行に行った帰り、座席に着いたら、案の定、時計と指輪が外したくなり、指輪は準備していたケースに入れ、時計はショルダーバッグの外ポケットに入れて、他の荷物とまとめていた。 広島に着き、忘れ物や落とし物がないようにと、アナウンスがあり、座席の下も確認した。銀色に光る何かを見たが、私はガムもアメも食べてないし、と手には取らなかった。自宅に着き、荷物を片付けていて、お気に入りの腕時計がないこが発覚、バスで落とした以外ないと、バス会社へ電話し、翌日、座席の下で見つかり、受け取りに行った。(女性・57歳)
・いままでに3回時計を落とした。なぜ腕から落ちたのかまったく分からない。(女性・58歳)
・結婚祝いにもらった腕時計のガラスを壊してしまったが、交換が高くて、直さないままでもっている。(男性・58歳)
・県外で就職した息子が、初ボーナスで家族みんなにプレゼントを送ってきました。私と妹には腕時計、父親にはマフラー。日頃は電話もうるさそうにするので、何かあったのかと心配になりました。娘は彼女がいないからこっちに回ってくるのだとルンルン。家族を思いながら選んでくれたのを思うと、うれしくて有難くて、ずーっと大切に毎日使っています。(女性・60歳)
・奥さんからのプレゼントで感激しました。(男性・65歳)
・幼いころに別れた母が亡くなり、形見として「オメガの腕時計」を貰いましたが動かなくて、修理に出し、オメガ本社まで送って貰いましたが直らなくて残念に思いましたが、今も大切に保管しています。(女性・65歳)
・初めてのボーナスで自分の気に入ったブレスレットタイプの腕時計を買ったときは、”大人になったなあ、”と感慨深かった。(女性・67歳)
・初めて買った時計は、高校に入学したとき、小学校の時から学校で貯金していたお金で(貯金)買ったこと思い出しました。(男性・68歳)
・結婚の時 父からプレゼント 50数年になり動かないが 持っている。(女性・79歳)
 
 
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女94人回答
男性・34人(36%)
女性・60人(64%)
 
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
 
学生時代は腕時計をつけていましたが、
こういう仕事をするようになって、
腕時計や指輪・・・手の周りに物をつけなくなりました。
当時は、紙と鉛筆で原稿を書いていたため、
煮詰まると気になって仕方なくなるんですね。
それが習慣となってしまい、現在に至っています。
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt