リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2018年1月20日号 開運文字「少し変えるだけで運気アップ」
2018年1月20日号

開運文字「少し変えるだけで運気アップ」
2018年1月20日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【募集中】 2017年10月29日(日)「工場研学会」  1日体験して楽しみながら家づくりが学べる「工場研学会」。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

 このひとにあいたい 【話題人登場】

無理して母親を演じなくていい、 いろんな育児方法があるのだから

エッセイスト・小説家 山崎ナオコーラさん

エッセイスト・小説家 山崎ナオコーラさん
エッセイスト・小説家 山崎ナオコーラさん
 
 
 「私は育児で、つらいとか大変とか感じたことがありません。私の場合は、楽しいことばかりです」と話すのは、今年6月に出版したエッセイ『母ではなくて、親になる』の著者、山崎ナオコーラさん。現在、1歳のお子さんを育児中です。
 
 子育てを含め、仕事や社会的なことなど山崎さんが人としてどうありたいのか、日常のささいなことが描かれています。「このエッセイは、家族以上に読者に対して心をさらけ出して書きました」。女性らしさにこだわらず、育児をしている自分のことを本にすることに意味がある、そう考えるようになった気持ちまで話してくれました。
  
 「妊娠中、“もうすぐ父親になるんだから”と、夫に言ってしまい、すぐに反省したことがありました。夫は頼りがいがないですが、優しいんです。だから、“父親”というくくりにすると夫の良さがなくなってしまうような気がして。夫に父親を求めないのなら、女性的な長所のない私も母親じゃなくていいやと思いました。父親や母親というくくりではなく、“親”になろうと決心したんです」と話します。
 
 山崎さんは、女性らしさにこだわらずに子育てをしています。「女性らしさを大事に子育てをした方が、生き生きする人もいます。そういう人を否定しているわけではありません。私は女性らしさがなく、気遣いとかができないので…」と笑います。
 
 同書は育児を応援している本ではないと言い、「育児をしていない人でも、楽しく読んでもらえるような読み物になっています。手にとっていただけたらうれしいですね」と語ります。 
 

PROFILE  山崎ナオコーラ(やまざきなおこーら)さん

1978年福岡県生まれ、埼玉県出身。エッセイスト、小説家。國學院大学文学部日本文学科卒業後、2004年、会社員として働きながら書いた『人のセックスを笑うな』で第41回文藝賞を受賞し作家デビュー。現在1児の親。
 
■新刊の紹介
エッセイ『母ではなくて、親になる』(表紙上)河出書房新社発行 1,512円(税込み)
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年9月9日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt