リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
WEB特典あり 【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2019年10月11日号 紅葉・秋のお出掛け情報 【紅葉の名所10選】
2019年10月11日号

紅葉の名所10選★紅葉・秋のお出掛け情報
2019年10月11日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
11/10★「鉄道・農業」お仕事体験の旅★10月23日に全線開通する芸備線車両を貸切、車掌体験や農業祭・小松菜の収穫体験などイベント盛りだくさん。家族や友だちと一緒に楽しい時間を過ごしませんか
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
【リビングカルチャー倶楽部】リビング特選♪秋のボディー改造プロジェクト★今年こそシェイプアップしたい皆さん、リビングカルチャー倶楽部の好評企画「秋のボディー改造プロジェクト」がお勧めです ★カルチャー倶楽部NEWS
【リビングカルチャー倶楽部】リビング特選♪ リビングペーパードライバー教室 リビングカルチャー倶楽部では、好評の「ペーパードライバー教室」をこの秋も開講します★高陽自動車学校★広島モータースクール★ロイヤルドライビングスクール★
新サイト【ettoco広島OPEN】「ettoco広島(えっとこひろしま)」は、広島の「グルメ」「お出かけ」「エンタメ」「暮らし」の情報をお届けするサイトです。広島の「楽しい」「知りたい」をお届けしています。広島のえっと、ええとこ、のっとるよ♪

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

暮らしの気になる数字

海外旅行と留学・アンケート結果  2017/3/18〜2017/3/30

子や孫を「留学させたい」人は77%

 
 家族で海外旅行を「ぜひしたい」人は41%、「機会があればしたい」人は30%。行先としては、「ヨーロッパ」が1位、「太平洋の島々」が2位、具体的な国や地域としては、イタリア、フランス、ギリシャなどヨーロッパが上位を占めました。海外留学については、子や孫に「ぜひさせたい」と思う人は23%、「機会があればさせたい」と思う人は54%。特に40代以上では8割を超える人が「させたい」と考えている結果となりました。理由としては、「日本とは違う価値観に触れさせたい」がトップで、70%が選んでいます。
 
 
 
 

1.家族で海外旅行をしたいですか

1.家族で海外旅行をしたいですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
海外旅行を「ぜひしたい」、「機会があればしてもいい」合わせて71%となりました。男女別に見ると、男性41%、女性80%と特に女性の割合が高くなっています。一方、「したくない」人は11%。40代が最も多く25%が選ぶ結果となっています。
 
 

2.家族で海外旅行をするなら、どこへ行きたいですか(複数回答)

 
2.家族で海外旅行をするなら、どこへ行きたいですか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 

1位は「ヨーロッパ」で、約半数の51%が選ぶ結果となりました。上位に挙がった地域を見ると、東アジアなどの近場よりも遠いエリアとなっています。また、治安が悪い地域が多い中東は8位、アフリカを選んだ人は0となっています。
 
 

3.2で上げた地域で、ぜひ行ってみたい国や地域を具体的にあげてください

 
・イタリア(7人)
・フランス(6人)
・ギリシャ(4人)
・ドイツ(4人)
・ベトナム(4人)
・アメリカ(3人)
・オーストリア(3人)
・ハワイ(アメリカ)(3人)
・バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)(3人)
・オーストラリア(2人)
・シンガポール(2人)
・スペイン(2人)
・タイ(2人)
・済州島(韓国)(2人)
・バリ島(インドネシア)(2人)
・パリ(フランス)(2人)
・ポーランド(2人)

・1人
イギリス、インド、カナダ、カンボジア、スイス、台湾、ベルギー、ポルトガル、マレーシア、ロサンゼルス(アメリカ)


・パリに行きたいです。 映画の中でしかみたことのない、素敵な景色を家族と一緒に見たいからです。(女性・26歳)
・リゾート地へ行きたいです。(女性・27歳)
・イタリアで教会を見て回りたいです。特に、ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を見てみたいです。(女性・28歳)
・グリーンランドでサンタクロースに会わせてあげたい。 サンディエゴの動物園に連れて行ってあげたい。(女性・33歳)
・イタリアのクレモナ(女性・46歳)
・カリブ海エリア(女性・53歳)
・マチュピチュ(女性・54歳)
 
 

 
 
 

4.海外旅行で、何を一番期待しますか。楽しみとしますか

 
・ご飯です。日本とは違った食文化を味わって見たいです。(女性・26歳)
・行くだけで満足。雰囲気を楽しみたい。(女性・27歳)
・現地の人と交流しながら、美味しいものを食べる。(女性・29歳)
・景色や町の散策。(女性・30歳)
・観光。ほとんどがおそらく一生いかないであろう場所なので目に焼き付けたいから。(女性・34歳)
・開放感(女性・37歳)
・きれいな景色を見たい。(女性・39歳)
・有名なものを見たい。(女性・41歳)
・街並み(女性・42歳)
・民族や宗教などの文化を実際に見ること。(女性・42歳)
・美味しい食べ物やエステが格安で食べられる所です。(女性・43歳)
・景色の良さ(女性・43歳)
・異文化に触れたり、現地の美味しい食事(女性・46歳)
・景色、建築物を見る、歴史を知る、伝統芸能を見る、聞く。料理やお菓子を食べる。買い物(女性・49歳)
・家族とのレジャー体験、異文化交流など(男性・50歳)
・MLB(男性・51歳)
・歴史探訪(女性・52歳)
・雄大な自然を見てみたい。(女性・54歳)
・のんびりできること。(男性・66歳)
・日本に無いスケールの大きさを見たい。(男性・71歳)
 
 
 
 

5.子・孫を海外留学させたいですか(子ども、孫がいる人)

5.子・孫を海外留学させたいですか(子ども、孫がいる人)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
全体の71%が回答。「ぜひさせたい」「機会があれば」留学させたい人が77%となりました。年代別に見ると、小さな子どもが多いであろう20代では50%に対し、40代では86%、祖父母世代の60代以上では83%となっています。
 
 

6.留学させたい理由は何ですか(子や孫を海外留学させたい人、複数回答)

6.留学させたい理由は何ですか(子や孫を海外留学させたい人、複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
全体の55%が回答。1位は「日本とは違う価値観に触れさせたい」で、70%が選ぶ結果となりました。次の設問で、留学の良い面、悪い面を具体的に挙げていただきましたが、価値観が多様であること、自立、自己主張の必要性が挙げられています。
 
 
 

7.留学してよかったことや困ったことをお書きください(留学経験がある人またはその家族)

 
 
・いろんな人たちと関わることができる。日本では味わえない環境で生活が出来、一生の思い出になる。(女性・27歳)
・保守的な日本人とは違って積極的な人が多いから、視野が広まりやすい。言葉がある程度わかってないと怖い。(女性・33歳)
・ホームスティしかしたことは無いのですが、価値観が大きく変わりました。(女性・37歳)
・食事が合わない 自己主張しないといけない。(女性・39歳)
・スコットランドに半年留学経験がありますが、とにかくいろんな価値観の人がいること、自分の意見、主張しないと、後回しにされることなど、日本ではなかなか身につかないことですが、海外留学することによって経験出来ました。また、日本では当たり前のことが、当たり前ではないことがたくさんあって、日本の素晴らしさを客観的に感じることもできて、 とても良かったです。(女性・40歳)
・価値観が根本から覆され、自分の考えがすべて正しくて当たり前ではないということが学べた。(女性・42歳)
・何事も経験。失敗することがあっても、それが自分の経験として活きると思う。(女性・42歳)
・自分自身が日本の歴史をもっと知るべきだと思った。日本の誇れる文化を紹介するために、たくさんの知識を身に付けなくてはいけないと思った。(女性・49歳)
・大学時代に行った語学研修で現地(アメリカ)の友達もできて、休みの日には湖や教会に連れていってもらったり、神戸で大学講師をしていた人の家に招いてもらったりと、とても楽しい時間を過ごしたこと。そして日本に帰国してからそのうちの一人が仕事で日本に来た時に、わざわざ広島に立ち寄って会いにきてくれたときは感激しました。(女性・49歳)
・ホームスティの受け入れを体験しましたが,家族ともども積極的に話そうとする意識が芽生えたのが良かったです。相手にどうすれば自分の気持ちが正しく伝えられるのか考えさせられました。(男性・50歳)
・体調を壊して病気になったこと。(女性・51歳)
・短期間だったため、語学面での成長はそれなりでした。しかし、行っている間は毎日のようにホームシックによる<泣きのメール>が届いていましたが、内面的な部分で予想以上に成長して帰ってきました。在学中の学校側の全面サポートでの留学だったので安全面での心配もなく、留学させて良かったと思っています。(女性・52歳)
・視野が広がった。日本を客観的に見られるようになった。教科書で学べない歴史を学ぶことができた。自立心が強くなった。(女性・54歳)
・ショートステイでは、度胸はつくが語学力までは上がらないので半年は滞在した方が良い。(女性・54歳)
・自立した行動ができている。(男性・59歳)
・言葉が分からなくて困った。留学生仲間の友達ができて嬉しい。(女性・67歳)
 
 
 
 

8.子どもの学校や友人から「留学生を受け入れてほしい」と言われたら、あなたの家庭はどうしますか

 
8.子どもの学校や友人から「留学生を受け入れてほしい」と言われたら、あなたの家庭はどうしますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「長期でも短期でも」「短期なら」受け入れる人52%、「受け入れ先が決まらないようなら、しぶしぶ受け入れる」12%となりました。次の設問で具体的な理由を上げていただきましたが、異文化交流を期待する半面、住居事情で難しい人も多いようです。
 
 
 

9.8でお答えの理由をお書きください

 
●長期でも短期でも受け入れる
・なかなかない機会なので、是非やってみたい。たくさん話してみたいです。(女性・28歳)
・今までに、ショートですが、何度か受け入れています。自分自身も親切にしていただいたことがたくさんあるので、恩返ししたいです。また、日本のよさもたくさん知ってほしいです。(女性・40歳)
・日本文化や生活を広めたいので。(女性・42歳)
・外国の方とコミュニケーションを図りたいから。(女性・52歳)

●短期なら受け入れる
・時にはそのような判断も大事だと思ったりする。(男性・29歳)
・子どもに良い影響がありそうだから。(女性・32歳)
・異文化についていろいろ学びたいから。(女性・41歳)
・交換留学に興味あり。家族ぐるみでのお付き合いができれば理想。(女性・42歳)
・異文化の人々と交流し、色々な価値観を知ることができるし、世界平和に貢献できる。(女性・43歳)
・長期になるとこちらも気疲れしそうに思うので短期なら構わない。(女性・52歳)
・留学生の受け入れがどれだけ負担になるか分からないから、まずは短期で受け入れてみる。(男性・64歳)
・外国人が泊ったことがあるが言葉が通じなくて困った。(女性・67歳)

●受け入れ先が決まらないようなら、しぶしぶ受け入れる
・相手に、ここちよい環境を与える自信がない。(女性・37歳)
・他人の世話ができるほどの余裕はないが、我が子にとってよい経験にはなると思うので。(女性・37歳)
・介護とかあって世話をする余裕がない。(女性・50歳)
・家族の世話で手いっぱいで今は難しい。(女性・54歳)
・留学生の国による。(男性・66歳)

●考える余地もなく断る
・お口に合う料理を出せる自信がありません。(女性・28歳)
・日本語しかしゃべれないから。あと家が下水道が通ってないから。(女性・34歳)
・もし何かあっても責任取れない。(女性・42歳)
・家が狭い。(女性・43歳)
・留学生に提供できる空き部屋がないため。(女性・52歳)

●分からない
・空きのへやが無いのでためらいますが、困っているなら考えます。(女性・43歳)
・ぜひ受け入れたいが住宅事情がよくないので、難しいと思う。(女性・49歳)
・本当は受け入れたいが、住宅事情がよくないのでできないと思う。(女性・49歳)
・家族が協力できるかどうかが大切。(男性・59歳)
 
 
 
 
 

10.海外旅行や留学などで、「行って良かった」というエピソードがあればお書きください

 
・小学生の頃に、姉妹都市との交流イベントで一週間韓国に行きました。お互いに英語もほとんど話せなかったので、韓国人とのコミュニケーションは難しかったのですが、一緒にゲームや食事をする中ですごく仲良くなれました。実際に行ってみないとわからないことも多いと実感しました。(女性・28歳)
・日本より家族愛が目に見えて強いなと感じた。もっと相手に伝わるように伝えたいなと思った。(女性・33歳)
・オーロラみにアイスランドへ! 帰国する夜にオーロラを見られた感動よりも、お友達と一緒に毎夜毎夜寒い夜に完全防御して遅くまでオーロラが出てないか夜空を見上げていたことのほうが記憶に残ったこと!笑(女性・34歳)
・イタリアやフランスでは、教科書で見た絵画や建造物がたくさんあり実際みることでより感動した。スケールの大きさを感じた。(女性・36歳)
・精神的に強くなれたと思う。(女性・39歳)
・旅行しかありませんが、新しい文化を知ってその国の事を好きになり、たくさん研究をすすめています。今はたくさん友達がいます。(女性・39歳)
・家族で海外旅行を何度かしましたが、生きた英語に触れるという経験は、とても貴重なことです。実際、英語力のブラッシュアップのモチベーションになって、高校卒業して、単独で語学留学する 目標を立て、頑張っています。(女性・40歳)
・タイに行きました。現地のおいしい料理やフルーツが食べられてよかった。(女性・41歳)
・スペイン バルセロナで、サッカー観戦したこと。 サッカー自体に興味がなかったが、日本にはないスタジアムの規模、サッカーの盛り上がりに感動した。(女性・42歳)
・台湾で台湾人の語学力の凄さに感心しました。(女性・42歳)
・語学研修ではたくさんの国の人が来ていて、刺激を受けました。特に学生ではない国からの支援できていたインドネシアや台湾、中国な人達からは、日本の大学生にはない熱心さを学んだ。(女性・49歳)
・大学時代に5週間のサマースクールに参加したのだが、その時に他のアジア諸国(中国、台湾、インドネシア)やユーゴスラビア、トルコ、ギリシャなど多くの国の人達と交流できたこと。現地のアメリカ人とも偶然に知り合いになり、教会に連れていってもらったり神戸で大学講師をしていた人の家に行ったりと有意義な5週間を過ごした。後にそのアメリカの友人が日本に来たこともある。(女性・49歳)
・トルコは最近、治安が悪くなったが、遺跡などもあり、価格も安くぜひ行ってほしいところだ。(女性・50歳)
・ベトナム留学は、思っていたより発展していて過ごしやすかったこと。 韓国留学は、徴兵制度等日本では考えられないような事を若者たちが考えていて自分たちがとても幸せな国であることを再確認できたこと。娘が留学して感じたことです。(女性・51歳)
・オーストラリアに行ったとき、ホテルの目の前がすぐ海で、ホテルから水着で海に行くことができました。(女性・52歳)
・海外に行く機会があると、なるべく現地の方々の話を伺ったり、資料館を見て回ったりします。日本で習った歴史の見方とは全く違っている事が多く、一つ一つの歴史事項を多面的に見ることが出来るのは大きい収穫です。(女性・52歳)
・韓国に初めて行った際、旅行会社を通じて、韓国の方に歴史巡りを案内していただきました。自分たちではなかなか訪れにくい所に行ったり、土地の方が開いているお店で飲食できたりととても貴重な体験ができました。(女性・52歳)
・地元の方とコミュニケーションがうまく取れ、目的地や目的のものが一人で探せた時。(女性・54歳)
・ハワイの自然がきれいだった。思ったより良かった。(男性・59歳)
・フランスは期待通りよかった。(女性・63歳)
・イスラム諸国の風俗を肌で感じられた。(女性・67歳)
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女73人回答
男性・17人(23%)
女性・56人(77%)
 
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
 
高校生の夏休みにホームステイを経験、20代の頃、ワーキングホリデーなどを使って
少しだけ海外で働いたことがあります。
大変な思いや不快なこともありましたが、とても楽しく、貴重な体験ができました。
学べたのは、世界は広いこと、そして自立と自律でしょうか。
そういった経験があったので、我が子も、本人の希望もあり、短期でしたが行かせました。
価値観や文化の違いに驚いたようでしたが、よい経験になったようです。
里心がつかないよう、またしっかりと現地の方と関わってもらいたかったので、連絡はしてこないようにと言って送り出しましたが、私の方が落ち着かない日々を過ごしました。
空港で再会した時の安堵感は、今でも覚えています。

 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WATARI Developed : Netprompt