リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年12月16日号 ハンドメード・クリスマス「リースもツリーも子どもと一緒に作ろう」 SHUFU-1ミセスの高橋さんと平見さんに、クリスマスを華やかに彩る技を教えてもらいました。
2017年12月16日号

クリスマスリースもツリーも子どもと一緒に作ろう
2017年12月16日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【神石高原ティアガルテン】 自然と遊び、自然から学ぶ 有機農業家に教わる有機野菜の栽培&有機野菜を使ったランチ  広島県神石郡神石高原町上豊松72-8
【今年は2days!!】ヒューマンフェスタ2017ひろしま 開催決定!
【募集中】 2017年10月29日(日)「工場研学会」  1日体験して楽しみながら家づくりが学べる「工場研学会」。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
【なんでも調査隊】 地域の話題や疑問・質問など、広島に関する身近な「知りたいこと」をリビングひろしま編集部が調査します! 【記事一覧を見る】

知ってる?「子ども手続代理人」制度

寺西環江さん|リビングひろしま
弁護士の寺西環江さん(広島弁護士会所属)
 

 親の問題に振り回される子どもたちに、最低限の権利を持って意見を述べる機会が与えられるそうで、それが「子どもの手続代理人」制度です。この制度の利用方法などについて、弁護士の寺西環江さんに聞きました。

この制度は、どのような時に利用されますか。

 
 離婚や親権争いなど、家庭内のトラブルをめぐる裁判所の調停などで、子どもが弁護士を通じて意見を述べることができる制度です。

なぜ、そのような制度が必要なのでしょうか。

 
 通常、子どもとの面接は、調査官と呼ばれる裁判所の職員が担当し、聞き取り調査などを行います。しかし、その聞き取り調査は、平日の限られた時間しか対応できないことや、裁判官に命じられた内容の聴取が目的であって、子どもたちが本心を伝える機会が限られています。そこで子どもたちに専任の弁護士が付き、心の奥に抱えている問題を引き出したり、知りたい情報を提供することで、主体的に裁判所の手続きに参加できる権利を守ることができます。

どのような手続きが必要ですか。

 
 子どもたちは、直接、弁護士の依頼ができます。または、親の代理人
である弁護士が、必要に応じて制度の利用を裁判所に申し立てることもできます。費用は原則、両親で折半ですが、子どもからの申し込みの場合に限り、負担を軽減する制度もあります。自分の将来は自分で考えたいという子どもたちの素直な思いを届けるため、この制度の利用を促進していきたいです。

 
  
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年5月20日号掲載)
 

   

地域の話題や疑問・質問を募集

このコーナーでは、広島に関する身近な「知りたいこと」を募集中。
知りたいことと住所(〒)、氏名、電話番号を書き、Eメール=h-living@hliving.jp へ応募を
※件名に「なんでも調査隊」と明記してください
※詳しくは「リビングひろしま.com」応募・投稿のルールを参照
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt