リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年8月5日号 夏こそ爛好僖ぅ広疚と香りでシャキッ
2017年8月5日号

夏こそ爛好僖ぅ広瓠時短キーマカレーレシピ付き
2017年8月5日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
【カープ 男気の証明】 広島東洋カープの選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】

【Vol.6】 加藤 拓也選手 【背番号13・投手】

プロ初登板・初勝利で、ルーキーとは思えないピッチングを見せた加藤拓也投手。「ふてぶてしい」と言われることもありますが、実際は野球に対する厳しい姿勢の表れ。器の大きさを実感しました
 
加藤拓也選手 【背番号13・投手】|リビングひろしま
加藤拓也選手 【背番号13・投手】
 
 ノーヒットノーランを期待させた4月7日のヤクルト戦。「6、7回ごろから意識しました。でも、意識はしてもやることは変わらないですから」と、至ってクール。むしろ、最後まで投げ切れなかったことに悔しさをにじませます。2回目の登板では、惜しくも黒星。“3失点なら上出来”との評価に、「点を取られた時点で、負けた責任は僕にある」とビシッと厳しい口調。そうした姿は、野球に取り組む、真剣さの表れです。

 マウンド上で見せるガッチリとした体格は、頼もしいかぎり。大学時代にウエートトレーニングを重点的に行ったそうで、ベンチプレスは格闘家並みとか。「大学では、周りにすごい選手ばかり。僕は身長も低いし足も遅い。生き残るためにも、体を鍛えようと思いました」と明かします。

 自分の強みを聞くと、球種よりも犖かって行く姿勢瓩箸。「練習して上手くならないと面白くないじゃないですか。上手くなりたいから何をするか、必要なことをやっているだけです」と、理論的に自身のモチベーションを高めています。

 野球人生で感謝すべき人を聞くと、間髪を入れず“両親”と返答。初勝利のボールは、早速両親のもとへ送りました。そんな加藤選手ですが、「大学で野球はやめようと思っていました。プロを意識したのは3、4年生のころ。親に、プロがだめなら留年して就職活動をすると言いました」。大物ルーキーの意外な一面です。今シーズンの目標を伺うと、数字はあえて示さず、「1年間けがをせず戦うこと」と、言葉をかみしめていました。
 
 

 


■4月7日の初白星の試合を振り返ってください。

編集部

4月7日のヤクルト戦で、プロ勝利となりました。ノーヒット・ノーランは何イニングごろから意識しましたか。
 

加藤

ノーヒット・ノーランについては、6、7回ごろから意識しました。ベンチの中は、それほどでもなく普通でした。球場のざわざわは7回から感じていました。でも僕としては、意識してもやることは変わらないですから。
 

編集部

あの試合は、投手と守備が一体となった良い試合でしたね。
 

加藤

野手の方々が、心強かったという印象があります。
 

編集部

監督のコメントに、「テンポがよかった」とありました。ご自身はいかがでしたか。
 

加藤

僕自身は分からないし、そのことは、まわりが決めて(評価して)もらうこと。もともと、間を開けるタイプではないので、いつも通りにやっていた感じですね。
 

編集部

ヒーローインタビューで、「最後まで投げ切ろうと思った」と発言されていましたね。
 

加藤

延長が続いてみんなが投げていたので、僕が少しでも力になれればと思っていました。
 

■4月14日の黒星となった試合を振り返って

編集部

チームの連勝が10でストップしてしまいましたね。失点3点というのは、決して悪いわけではなかったように思うのですが、この試合はいかがですか。
 

加藤

自分の責任だと感じています。四球の数が多かったし、バントも失敗しました。その後の回で失点もしました。3点ならOKとも言われますが、点を取られた時点で、投手に責任はあると思います。投手は、勝たせることはできないですが、負けないようにすることはできます。負けたのは自分の責任です。
 
 

編集部

ファンの声として、「四球が多いのは、のびのび投げているから。加藤投手の持ち味でもあるのでは」という見方もあるようですが…
 

加藤

僕自身、四球を出そうと思って出しているわけではないですし、少ない方にこしたことはないです。
 

編集部

「制球を意識すると投球が縮まるのでは?」と心配する声もありますが…
 

加藤

自分自身のやれることをしっかりやるだけです。
 

■体づくりについてお聞きします

編集部

ひときわ、体つきががっちりしていますね。
 

加藤

大学に入ってから、ウェートトレーニングを重点的に行ってきたので、その影響が大きいです。全身の筋肉をつけるように、ベンチプレスもけっこうやります。ベンチプレスは、そこそこ上がりますよ。
 

編集部

全身に筋肉をつけようと思ったきっかけは?
 

加藤

大学に入った時、4年生に白村明弘投手とかすごい人がいました。僕は、身長もそんなに大きくなかったし、足も速くなかったし。生き残るために、体に力をつけようかなと思ったのです。筋肉とは思わないですが、体の強さを鍛えようと思ったのです。
 

編集部

心もタフな感じがします。自分に厳しいとも聞きますが、いかがですか。
 

加藤

「もっともっと」というような、そんな意識はありません。ただ、自分自身が必要と思っているだけで、向上心が「めっちゃあるね」と言われても分からないのが正直な気持ちです。「練習しているので、うまくならないと面白くない」「できないことが、できるようにならないと面白くない」。そのために、必要なことをやっているだけです。うまくなりたいから何をするか、というだけですね。
 

編集部

スタミナもある方ですか。
 

加藤

そうですかね。100球投げても、あまり変わらないですね。
 

編集部

もっと高みを目指したいですか。
 

加藤

目標は分からないですが、自分のできる範囲を広げていきたいです。
 

編集部

ご自身の一番の強みは何だと思いますか。
 

加藤

まっすぐが一番よかったと思っていましたが、最近はそうでもないかと…。向かっていく姿勢とかは、一番よいかなと思っています。
 

編集部

加藤投手はフォークを武器にされています。曲がり方が違うフォークがあるのですか。
 

加藤

自分としては、投げ方は変えていないです。ストライクゾーンに投げるのと、低めに投げるのとでは変えていますが…
 

性格についてお聞きします

編集部

加藤投手の性格について、ネットではいろいろと言われていますが、ご自身はどう思われていますか。
 

加藤

性格的には、人見知りだと思います。どちらかと言うと、シャイな方じゃないですかね。
 

編集部 

度胸があるとも、ふてぶてしさがあるとも言われていますが…
 

加藤

それは分からないです。人に対して、どう思われるかを意識してもしょうがないですから。使われる立場なので、もちろん意識する部分はありますが…。特に、周りが言うことに対しては、僕自身は意識していないです。
 

編集部

強気で攻めるタイプですか。
 

加藤 

相手をねじ伏せてやろうとか、相手の出方を待つというのでもなく、自分のやりたいことをやろうというだけです。試合では、自分が主導権を持って投げ、後は相手が打つかどうかだけ。自分がそのボールに対して、どのようなアプローチができるかどうか。やはり、「ねじ伏せる」方には近いとは思いますが、そこに焦点を置いてはいません。
 

編集部 

野球人生で、感謝すべき人をあげるとしたらどなたですか。
 

加藤 

家族ですかね。大学に入ったときは、プロは考えていませんでした。大学で野球を辞めようと思っていました。プロを目指そうと思ったのは3、4年のときです。そのときに、親に「ダメなら留年して就職活動をする」と言いました。プロに行けなかったら就活するという意味でした。
 
 

編集部

プロ初勝利の記念ボールは?
 

加藤 

初勝利のボールは両親に渡しました。喜んでもらいました。
 

今期の目標についてお聞きします。

編集部 

これからはいろいろと研究されると思いますが、目標は?
 

加藤 

特に、数字としての目標はありません。今年は特に、一年間、けがなく戦えればいいですね。
 

編集部 

ファンへ一言、お願いいたします。
 

加藤 

今年、日本一を達成できるように、僕も微力ながら力になれるように、全力で投げて行きますので、今後とも応援よろしくお願いします。
 

■加藤選手への一問一答

Q ゲン担ぎは?
A ないです。

Q ルーティーンは?
A ないです。投げる直前に同じようなストレッチはします

Q 休日はどうしていますか?
A 基本は、寮で寝ています。ベッドの上から動いていないですね。同期の人とは、オフはかぶらないので一緒には出歩かないです。休養にあてています。

Q もう、広島風のお好み焼きは食べましたか。
A まだ食べていないですね。

Q 好きな食べ物は?
A 太りやすいので、夜は炭水化物を取らないようにしています。基本はすしが好き。ネタはえんがわ。バームクーヘンが好きですが、太るので食べていないです。

Q 好きなタイプの女性は?
A 自分をしっかり持って、人に流されない女性ですかね。どちらかといえば姉御タイプ。タレントでは木村文乃さんだったけど、もう結婚したので言うのはどうしようかなと思ったけど…

 

 

PROFILE プロフィル  加藤 拓也選手 【背番号13・投手】

1994年12月31日生、東京都出身。新人・ドラフト1位。性格は「人見知りでシャイな方」と自己分析。食べ物については、「太りやすいので、夜は炭水化物を取らないようにしています。すしは好きで、ネタはえんがわ。甘いものでは、バームクーヘンですね」と、このときばかりはニッコリ。
  
【理想の女性は?】
「自分をしっかり持っていて、人に流されない女性。どちらかといえば姉御タイプ。タレントでは木村文乃さんだったけど、もう結婚したし…」
 
 
  
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年4月29日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHIMBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt