リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年12月16日号 ハンドメード・クリスマス「リースもツリーも子どもと一緒に作ろう」 SHUFU-1ミセスの高橋さんと平見さんに、クリスマスを華やかに彩る技を教えてもらいました。
2017年12月16日号

クリスマスリースもツリーも子どもと一緒に作ろう
2017年12月16日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【今年は2days!!】ヒューマンフェスタ2017ひろしま 開催決定!
【募集中】 2017年10月29日(日)「工場研学会」  1日体験して楽しみながら家づくりが学べる「工場研学会」。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
【住まい特集】ゴールデンウイークは理想の住まいを考える好機!(「リビングひろしま」2017年4月29日号掲載)

 住まい特集

ゴールデンウイークは理想の住まいを考える好機!

 一生にそう何度も経験しない家づくり。多彩な選択肢の中から、自分にぴったりの選択をしたいもの。何となくの理想はあるけど、「あなたはどんな暮らしをしたいの?」と聞かれて、即答できる人は少ないのでは。“暮らしスタイリスト”の山田真佐江さんに、理想の空間づくりのコツを聞きました。ゴールデンウイークは、家族で理想の家づくりについて考えてみませんか。
 
 
 
暮らしスタイリスト 山田 真佐江さん
PinoStyle代表。インテリアコーディネーター、二級建築士。個人や企業への空間カウンセリングを中心に、インテリアコーディネートを行う
 
 
 

Lesson1:100通りの中から、自分の理想の家選び

 まず「何のためにマイホームがほしいのか」、そこで「どんなことがしたいのか」を書き出すことからスタート。例えば、「家族でくつろげる空間にしたい」とか、「仕事場と兼用するから、いつ人が来てもいい空間がほしい」など。
 つい、「キッチンはこんなデザインに」「トイレの壁紙は…」など細かい部分から入りがちですが、“自分たちの家づくりの骨格”を最初に考えておくと、後からブレずに済みます。
 100人いたら100通りの理想があります。制限を設けず、自分の理想を一つ一つ書き出していき、その中からどこを一番大切にしたいのかを考えてみて。
 

Lesson2:家族がハッピーになれる“共通項”をリサーチ

 家づくりの理想を書き出していくと、家族それぞれの思いが衝突することも。例えば、夫は「白と黒のクールな空間がいい」けど、妻は「木目でカラフルな感じがいい」というケースも。
 そんな時は、モデルルームやインテリアショップ、カフェ、レストランなどを訪れて、自分たちの居心地のよい空間を体感するのがオススメ。
 頭でイメージするだけでなく、実際の空間を体感することで、意見が逆行していた夫婦でも、「こんなダークな木目ならカッコイイね」など、意外な共通点や妥協できる点が見つかることも。家族みんながハッピーになれる家づくりを目指して。
 
 

Lesson3:写真や雑誌で自分の“好き”を整理

 「こんな家がほしい」というイメージが何となく固まってきたけど、言葉で「ナチュラルな家にしたい」と伝えても、受け取り方は人それぞれ。「ナチュラル=木目」とイメージする人もいれば、「ナチュラル=白壁」を思い浮かべる人も。
 小さな食い違いが、家づくりでは大きなダメージに。そんなミスを減らすには、写真で見せれば一目瞭然(りょうぜん)。雑誌の切り抜きをコラージュしてみたり、スマートフォンで好きな部屋の写真を集めておくのがオススメです。漠然としてあいまいだったイメージが具体化できる上、思いを明確に伝えるのにも役立ちます。
 
自分が好きなモノ、心地よいと思うモノを集めて、写真を切り抜いてスクラップ。A3用紙程度に収めることで、本当に自分にとって大切なモノが分かってくるはず
自分が好きなモノ、心地よいと思うモノを集めて、写真を切り抜いてスクラップ。A3用紙程度に収めることで、本当に自分にとって大切なモノが分かってくるはず
 
 

Lesson4:今日からできる“理想の空間づくり”トレーニング

 「いつかはマイホームを購入しよう」と計画していると、今の住まいをおざなりにしがち。「子どもがいるから」「古いから」「賃貸だから」と不便な暮らしを我慢して、「新築したら家電を買おう」「新しいマンションに入居するときに不要なものを処分しよう」と考える人は多いはず。
 新居に入居するまでの“今”の住まいで、理想的な空間づくりのトレーニングをしておきましょう。まずは、部屋の一角に自分の好きな小さなコーナーを作ることからスタート。玄関に好きなアイテムを飾ったり、トイレを飾り付けたり。その積み重ねが、大きな家づくりの練習につながります。
 家づくりは小さな一歩から実現できます。「目に見えない」気持ちを、「目に見える」部屋に変えることで、家づくりを成功に導くことができますよ。
 
間接照明とソファカバーで理想の空間に
間接照明とソファカバーで理想の空間に
 
 

 

  
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年4月29日号)
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt