リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年6月24日号 夏休みに親子で体験「リビングこども未来はっけん大学」
2017年6月24日号

夏休みに親子で体験「リビングこども未来はっけん大学」
2017年6月24日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
【サンフレ 男気の証明】 サンフレッチェ広島の選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】

【Vol.18】 稲垣 祥選手 【背番号15・MF】

 今期、“もっと成長したい”という気持ちで、甲府から移籍した稲垣祥選手。人生の節目ごとに、あえて苦しみを自分に課しています
 
稲垣 祥選手選手 【背番号15・MF】|リビングひろしま
稲垣 祥選手選手 【背番号15・MF】
 
 
 開幕から1カ月がたった3月下旬、“自分らしさは出せていますか”と、稲垣選手に切り込むと、「僕に求めてられているものを意識しながらやっているので、まだ自分らしさは出せていないかも…」と唇をかみしめます。
 
 昨年まではヴァンフォーレ甲府で、若手の有望株として活躍。運動量では他者を圧倒し、縦横無尽にかき回しながら、チームを勢いづけていました。「今はチームのバランスを考え、穴が開かないようにすることを優先させています」と話します。やりたいプレーについて聞くと、「ディフェンスにいたかと思えば、ゴール前にもいる。そんなエネルギッシュなプレーこそが、本来自分がやりたいこと」と、この時ばかりは笑顔がこぼれました。
 
 高校へ進学するときも、またサンフレッチェへ移籍するときも、新たなチャレンジを求めて、あえて苦しみを自分に課します。「もがいていないと、気持ちが悪いというのは僕の性分。はいつくばってでも、やっている方が僕らしいですね」と苦笑い。
 
 そんなスポ根丸だしの稲垣選手ですが、「僕は、サッカーの顔と普段の顔とは全然違うんですよ。姉と妹の間で育ったせいか、普段は相手に気を使うし、一歩引いて様子を見てしまいます」と告白。移籍して間もない今、サッカーの顔に割り切れるのかと質問を続けると、「サッカーの場で、気を使っている自分は嫌いですし、ピッチ上では言うことは言うようにしています。言わないと分かり合えないですから」とキッパリ。自然に気持ちが通じ合えた瞬間、稲垣選手らしさが爆発するときです。
 
 

WEB オリジナル

自分の持ち味は、まだ出し切れていない!

編集部

開幕から1カ月が過ぎ、自分らしさは出せていますか。

稲垣

今は、僕に求められているものを意識しながらやっているので、自分らしさは、すべて出せている感じはしないです。その中でも、自分の持ち味を出さなきゃとは思っていますが・・・

編集部

自分の良さや持ち味とは、どんなところですか。

稲垣

まずは、ボールを奪う力。次に予測して動けるところ。あとは、運動量をベースにして攻撃にも守備にも絡んでいくところです。本来なら攻撃面で飛び出していけたらいいのですが…

編集部

高校のときから、圧倒的に運動量はすごいですね。ハードワーカーとして、チームを勢いづける役割もあるのでは?

稲垣

そうなんですけど、運動量を発揮すればいいということではなくて、動くということはそこに穴があくということなので、自分の運動量を出すよりは、チームのバランスを考え、穴があかないようにすることを意識しています。特に僕はボランチなので、真ん中に穴があくと、相手にとってはチャンスにつながってしまいますからね。

編集部

甲府時代は、ボランチ、シャドー、アウトサイドなど、いろいろなポジションを経験されましたね。

稲垣

僕の一番の良さを出すには、ボランチだと思いますが、チームに求められるのであれば、どのポジションもやるつもりです。それは、監督にも言っています。

編集部

「やりたいプレー」というのはあるんじゃないですか。

稲垣

すべてのプレーに関わる選手になりたいですね。だから、最終ラインまで入ってディフェンスしていたかと思っていたら、相手のゴール前にいて決めているみたいな、そういうエネルギッシュなプレーこそが、本来自分がやりたいプレーですし、目指すところです。

編集部

昨年のオフ、広島からどんなオファーがあったのですか。

稲垣

足立強化部長と直接お話をした際、「広島に少し違った風を吹かせてほしい」と言われました。

編集部

「違う風」とは、どういうことだと解釈しましたか。

稲垣

先ほどもお話ししましたように、自分の持ち味のことや、プレーに強度を出すとか、量を増やすとか、そういったことだと思います。

編集部

入団会見のとき、「成長のために新たなチャレンジ」というコメントがありました。新たなチャレンジとは、どういうことですか。

稲垣

僕は、昨年まで3年間、甲府でプレーしていて、いつも残留争いでひやひやする戦いを毎日してきました。それはそれで僕自身の大きな財産にはなっていますが、優勝をめざした戦いをしたい、という思いがありました。また、3年間もいると、良いところも悪いところも出てくるので、そこに刺激を入れたいという思いもありました。

編集部

自分に厳しいですね。 あえて苦しみを自分に課すのはどうしてですか。

稲垣

僕の性分なんでしょうね。もがいていないと気持ちが悪いんです。調子がいいときや、すごくうまく事が運んでいるときは、逆に何かソワソワするんです。状態や流れが悪いとき、はいつくばってでもやっている方が僕らしいかな。
 

編集部

サッカー人としての基礎は、いつできたのでしょうか。高校のとき?

稲垣

今振り返ってみると、高校で基礎的な部分が出来上がりましたし、そのころのことが今も大きく影響しています。

編集部

高校へ進学する際も、「自分に足りないものがここにある」との考えで、帝京高校を選ばれました。人生の節目で、自分に試練を課されていますね。

稲垣

振り返ってみると、調子がいいからその波に乗るのではなく、悪いところや自分に足りないところなどを克服したくて、あえて逆境の場所に自分を置いています。

編集部

高校時代、恩師から「かき乱せ」と、常に言われていたようですが…

稲垣

僕がキャプテンをしていた3年生のときのことです。僕たちの世代というのは、良くも悪くも、仲良しグループで、けんかもそんなにしませんでした。その悪い部分を見られていて、仲良しグループを「かき乱してくれ」と、よく言われました。それは僕にとって、本来の性格からすると、すごく不得意なことだったんで、相当エネルギーを使いました。嫌なことでしたが、今までの自分とは違うことにチャレンジできたわけで、人間としての幅が広がったと思いますね。 高校時代はプレーだけではなく、プロになる土台を作ることができました。

編集部

では、本来の性格とはどのようなものですか。

稲垣

僕のイメージが変わるかもしれませんが、サッカーの顔と普段の顔が全然違うんですよ。僕は、姉と妹にはさまれて育ちました。男の世界で育っているという感じではなかったのです。でも、今は男の世界で仕事をしているし、勝負をしている。今の僕にとっては、不思議な感覚です。だから、相手に気を遣うし、「俺が俺が!」とガツガツ行くタイプではないです。例えば、食べ物があったら、譲り合うタイプですかね。

編集部

移籍すると気を使うことが多いのでは? サッカーの顔として割り切れますか。

稲垣

難しいですね。 人間だから一歩引いて様子を見るなど、気を使ってしまうこともあります。でも、そこは意識しないようにしています。サッカーでそういう気を使っている自分は嫌。ダメだなと思ってしまいます。高校のころも大学のころも、上下関係が強かったのですが、ピッチ内では、言うことは言うようにしていました。「弱い自分は絶対に出さないぞ」という気持ちは持っていました。

編集部

ボランチというポジションは、気持ちが通じ合うことが大切ですよね。言うことは言わないと、なかなかいいプレーができないのでは?

稲垣

言わないと分かり合えないですし、深い関係にもなれないので、遠慮しないようにすることです。それは、僕には染みついていると思います。

編集部

今期、ゴールやアシストなど、目標とする数字はありますか。

稲垣

優勝のタイトルを取ることを目標に、ここにきているので、タイトルを取るためにチームに貢献していくというのが目標です。

編集部

サポータへひとことお願いします。

稲垣

1カ月が終わって、厳しい戦いが続いています。選手たちは常に100%の練習をして、100%の試合を目指しています。サポーターの皆さんの声援もいただいて、はい上がっていきたいです。応援よろしくお願いします。
 
 
  

サポーターの皆さんからの質問

〈えりちゃさん〉「サンフレッチェに入団する前、サンフレッチェに対してどんな印象を持っていましたか」

稲垣

雰囲気としては、皆でサッカーをするというイメージでした。先制されたら面倒なチームでした。あとは、最終ラインからでも、しっかりとビルドアップしてくるから、みんなポジションの取り方がうまいなと思っていました。
 
〈ゆりきさん〉「日体大の応援スタイル“エッサッサ”は踊れますか。サンフレ劇場で披露してください」

稲垣

踊れません。 普通の学生はやらないですよ(笑)
 
〈mikiさん〉「オフの日の楽しみや気分転換は?」

稲垣

出かけるのが好きです。温泉とか、グルメとか、旅行しています。オフシーズンでは、いろいろなところへ行きましたよ。道後温泉とか行ってみたいですね。
 
〈2017一心さん〉「柏選手、佐々木選手と甲府のことなど話はされますか」

稲垣

結構話しますよ。翔くん(佐々木選手)は今ケガで離脱しているから、あまり話はしないですけど、カシくん(柏選手)とは甲府の話をしょっちゅうしています。お互い入ってきた情報を話し合っています。僕らにとって甲府は、大事なチームであることは変わらないですし、毎試合気にはなっています。
 
〈ホリメロさん〉「ゴールをした時のパフォーマンスを教えてください」

稲垣

ゴールを取るキャラではなんで(笑)。パフォーマンスのことより、まずはゴールすることを目指して、頑張ります。
 
〈編集部〉ゲン担ぎは?

稲垣

ゲンを担がないこと
 
〈編集部〉特技は?

稲垣

誰とでも仲良くなること。初対面の人とでも、普通に話すことはできますね。 “笑顔の爽やかさ”を売りにしています(笑)
 
〈編集部〉趣味はありますか。

稲垣

旅行や温泉など ゆったりした旅行が好きですね。
 
〈編集部〉理想の女性は?

稲垣

優しくてあいきょうのある女性。それだけあれば十分です(急に表情が固まりました)。
 
〈編集部〉愛称ですが、「ショウくん」と「ゴローくん」、どちらが自分にピタっときますか。

稲垣

ピタっとくるのは「ショウくん」ですけど、「ゴロー」も甲府のころからですからね、違和感ないですよ。
 
 

動画


 

PROFILE プロフィル  稲垣 祥選手 【背番号15・MF】

1991年12月25日、東京都生まれ。帝京高校、日本体育大学卒業。2014年にヴァンフォーレ甲府に入団。2017年にサンフレッチェ広島へ移籍。特技は、誰とでも仲良くなること。「笑顔の爽やかさを売りにしています」(笑)。趣味は、ゆったりした旅行で、オフには温泉やグルメを求めて出掛けるそうです。「ぜひ道後温泉には行ってみたい」とのこと。愛称はゴロー
  
【理想の女性は?】「優しくて、あいきょうのある女性ですかね。それだけで十分です」(コメント後、急に表情が固まりました??) 
 
 
  
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年4月22日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt