リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年3月25日号 進化してこそ優勝! リーグ連覇と日本一 カープ 【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

リーグ連覇と日本一 CARP【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
春のイベント 3/26ゲームセミナー 【参加無料】 IT教育の総合学園 広島情報専門学校 北海道情報大学 広島教育センター
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 春休みキッズ講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

暮らしの気になる数字

かかりつけ医・アンケート結果  2017/1/14〜2017/1/26 

決めたポイントは「利便性」と「医師」

 
 現在、かかりつけ医が「いる」人は61%。約4割が「いない」と答えましたが、そのうち90%が「いないが、いるとよいと思う」と答える結果となりました。かかりつけ医をどのように決めたかについては、上の通り。利便性とドクターとのコミュニケーションが上手くできるかがポイントとなっているようです。かかりつけ医を変えたり、変えようと思った人は26%で、7割以上が「ない」を選びました。かかりつけ医がいた方がよいと思う診療科目1位は「内科」で、以下「歯科」「小児科」と続いています。
 
 

1.あなたは、身近に何でも相談できる「かかりつけ医」がいますか

1.あなたは、身近に何でも相談できる「かかりつけ医」がいますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「いる」と答えた人は61%。女性よりも男性に多く、女性58%に対し、男性73%となっています。また、年代別では30代が他年代と比べて低く、他年代が70%を超えているのに対し、29%となっています。
 
 

2.どのようにして、「かかりつけ医」を決めましたか(かかりつけがいる人、複数回答)

2.どのようにして、「かかりつけ医」を決めましたか(かかりつけがいる人、複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位は「自宅や職場の近所」で、73%が選ぶ結果となりました。上位に挙がった項目を見ると、ポイントは「距離や待ち時間など時間がかからない」こと、「ドクターの説明や診察がうまく、相談や話がしやすい雰囲気」で選んでいるようです。
 
 

3.かかりつけ医がいた方がいいと思う診療科目は何ですか(複数回答)

 
3.かかりつけ医がいた方がいいと思う診療科目は何ですか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 

「内科」「歯科」「小児科」がトップ3となりました。特に「内科」は、73%が選ぶ結果となっています。また、「内科」と「歯科」両方選ぶ人も多く、全体の43%が選びました。
 
 
 

4.「かかりつけ医」がいない理由は何ですか(かかりつけ医がいない人)

4.「かかりつけ医」がいない理由は何ですか(かかりつけ医がいない人)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
最も多かったのは「あまり病院に行かない」で、75%が選ぶ結果となりました。現在、病院に行かず、必要性を感じないためいない人が多いようです。また、選択項目には、「メリットが感じられない」がありましたが、選んだ人は0でした。
 
 

5.「かかりつけ医」に何を求めますか(例えば、「詳しく説明をしてくれること」「気兼ねなく話ができる雰囲気」「必要時に専門病院を紹介してもらえる」など)

 
 
・自分の体の特徴や弱いところをわかってくれている。(女性・17歳)
・したしみ(男性・29歳)
・自分の意見をちゃんと聞いてくれること。先生の中には、自分が意見を述べると全否定されることがあり、話も聞いてくれないことが多いので。(女性・31歳)
・話をよくききだしてくれる。(女性・31歳)
・てきぱきとした診察。点滴、注射がうまいこと。(女性・33歳)
・いつもの自分を知ってくれている上での診療やアドバイスを受けられる。また、自分も安心して受診できる。(女性・36歳)
・一人一人詳しく時間をさいて説明をしてくれることです。(女性・36歳)
・病歴から現在の体調を診てくれる。また、今後の体調管理の指導をしてくれる。(女性・38歳)
・不調なとき、適切なアドバイスをくれる。(女性・43歳)
・過去の状態も知っていて何でも相談できる。(女性・46歳)
・患者自身のことをよく把握していて適切な治療、投薬をしてくれること。(女性・46歳)
・気兼ねなく話ができる、本音が言える。(女性・48歳)
・正しい情報や病気への対処法(女性・51歳)
・「詳しく説明をしてくれること」「気兼ねなく話ができる雰囲気」「必要時に専門病院を紹介してもらえる」などはもちろん、知識が豊富で的確な判断が出来ること。(女性・52歳)
・気持ちよく相談できる。(女性・53歳)
・質問に嫌がらず丁寧に答えてくれる。(女性・54歳)
・患者の病歴、体質等をよく理解して適切な判断をすること。(男性・63歳)
・何でも聞けるからよいと思います。(女性・64歳)
・人間ドックの結果に基づいて適切なアドバイスをし、必要に応じて専門医を紹介してくれる。(女性・73歳)
・気軽に話ができ、相談した時分かりやすく説明して対応処置が早くしてくれること。(男性・75歳)
 
 
 
 

6.「かかりつけ医」を「変えようと思った」ことや、「変えた」ことがあります

6.「かかりつけ医」を「変えようと思った」ことや、「変えた」ことがあります
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
 
「ある」と答えた人は26%にとどまり、74%が「ない」と答える結果となりました。かかりつけ医がいる人は、現在の医師や病院に満足していることがうかがえます。
 
 
 

7.かかりつけ医を変えようと思った理由は何ですか(変えようと思ったことがある人)

 
7.かかりつけ医を変えようと思った理由は何ですか(変えようと思ったことがある人)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
かかりつけ医を変えようと思ったことがある人が少なかったため、回答者が少なく7人が回答。選択項目はいくつかありましたが、「症状が改善しない」「対応に問題あり」「他に良い病院があった」「注射や薬が多い」を選んだ人が1人以上いました。
 
 

8.「かかりつけ医」がいてよかったと感じたと感じたエピソードがあればお書きください

 
・かかりつけのクリニックで他の人の処方箋を渡されそうになったが、スタッフさんが顔を覚えていてくれたので、間違われずに済んだ。(女性・28歳)
・継続して診察してもらうとだんだん距離が縮まっていき、なんでも相談しやすくなります。(女性・31歳)
・小児科で予防接種の予約をネットからしたところ、前回湿疹で受診したのですが、間隔が短いので接種はもう少し先の方がいいと、わざわざ電話をかけてくださったこと。(女性・33歳)
・小児科・子どもにも優しく、親も気持ちがいつも楽になります。(女性・37歳)
・以前の時はこの薬で治ったね。と覚えてくれていてうれしかった。(女性・39歳)
・なんでも相談できるので心強い。(女性・40歳)
・胃痛の時にいつもと違うといって胃潰瘍に気づいてくれた。(女性・41歳)
・様々な病気が早く回復したので、良かったです。(男性・45歳)
・うちの場合は子ども達が生まれた時からのかかりつけであったこと。その先生が独立し開院することになったとき、ついていった関係で家族全員が見てもらっています。途中でどんな病気にかかってもその時の体の調子に合わせた投薬をしてくれ、精神的にも支えてくれたことが大きかったと思います。(女性・46歳)
・休日前の診察で、休日不安な時でも連絡していいよと言ってくれたこと。(女性・46歳)
・学校で子どものことを言われた時にきちんと検査してくれて、適切な専門医を紹介してくれた。その時にできるだけのことはするからと断言してくれて、嬉しかった。(女性・49歳)
・実家に住んでいた時はかかりつけ医がいたので、夜間でも対応してもらえ子ども時代はずいぶんとお世話になりました。(女性・51歳)
・小児科のみ、かかりつけを持っています。医師・スタッフともにとても対応が良く、診断も適切で症状によっては専門病院を紹介・手配してくださいます。これまでのカルテ内容をしっかりと把握してもらっているため、その内容を踏まえた診断をしてもらえます。ただし、小児科なのでいつまでもお世話になることが出来ないのが残念です。(女性・52歳)
・持病が多く、かかりつけでない医院で合わない薬を処方され、たまたまかかりつけで用事があり相談したら、調べて確認してくれて、助かった事が何度か有ります。(女性・53歳)
・母親が最後まで診てもらった。(男性・65歳)
・深夜の発熱(男性・67歳)
・がんの早期発見。緊急時の対応(男性・67歳)
・エピソードはないが、かかりつけ医がいるので、いざという時に気軽に相談できるという安心感がある。(女性・73歳)
・過去のデーターがあり対応が早くて安心できること。(男性・75歳)
 
 

9.医師への不安や不満を感じたことがあれば、それをお書きください

 
・2歳になったばかりのイヤイヤ期の子どもが風邪をひいたので小児科を受診しました。ただの風邪で鼻づまりもないのに、ネブライザーでの吸入を処方されました。もちろん、10秒も我慢できずに機械をはずして泣いていました。(女性・28歳)
・以前行ったことのある産婦人科(生理不順で1年ほどかかりました)、毎回診察の度に子どもを作れと説教されて行かなくなりました笑 何度も子どもは欲しくないと述べているのに、何で説教されないとだめなのか。。(女性・31歳)
・前受診していた小児科は、先生をはじめ看護師さんも全て注射が下手…。子どもで入りにくいのでしょうけど、4回失敗で血だらけ。いまのところの小児科は、一発で入れてくれます。(女性・33歳)
・忙しそうにしていると、話しづらい。また、話しづらい雰囲気であると、不満感が残る。(女性・36歳)
・流れ作業のように淡々と診察をしていたと感じたとき。症状だけ聞いて「○○ですね」と病名を言われて薬を出されると、ネットで調べて自分で薬局に行った方が良かったなと感じたこともありました。(女性・36歳)
・話を途中で遮ったり、素っ気ないところは、凄くいやです。(女性・37歳)
・診断が早すぎて、本当にその病気・病名なのか不安。(女性・38歳)
・大きい病院への紹介のタイミング。(女性・40歳)
・症状が全く改善しないのに、ずっと同じ処方であった為。(女性・43歳)
・歯の調子が悪いですが、説明がいまいちで。(女性・43歳)
・大病院にかかったことがあったのですが、待ち時間が異常に長い。そして診察がたった3分。ありえません。手を触れるわけでもなく聴診器を当てるわけでもなく、目もあわせず、パソコンばかり見ている医師を見ていて腹が立ちます。あなたの相手は機械ですか?と聞きたくなります。そんな風に診られたためか、子どもが一時危険な状態になったことがあります。幸い元気になりましたが、その時のことを思い出すとぞっとします。(女性・46歳)
・自分が欲しい日数のお薬を貰えない。(女性・48歳)
・父の通院に月に数回付き添うのですが、先生が父を見るより、パソコン画面ばかりを見ていることに不安を感じます。父の様子をじっくりと看ていただきたい。(女性・51歳)
・1.呼ばれて診察室に入っていったら、医師が片手に手鏡、片手に毛抜きをもって、自分のひげを抜いていた 2.症状を話している途中で『はい、特に悪いところは見当たりません、もう結構です』と言って診察室から出ていくよう手を(シッシッ!というように)振られた 3.診察室に入ってから出るまで一度も患者に顔を向けることなく画面を見ていた 等々…(女性・52歳)
・年配の男性医師は、患者の話も聞かず決めつけで処理しがちで、症状も改善しにくいです。勇気をもって直談判して改善しましたが、ストレスです。新薬だからやりくり大変だし。(女性・53歳)
・座っていれば痛みがない腰部脊柱管狭窄症になり、あまりの辛さに手術を考えていると医師に相談したところ、あんた元気そうじゃないかと言われた。座って診察を受けているので痛みがなく、元気そうなのは当然。全く親身でない対応に呆れた呆れた。整形外科医なのに、病気の症状を知らないのか?(女性・54歳)
・医師には当たり前でも、患者は当たり前でないことがあるのだから、患者に分かりやすく説明してほしい。(男性・63歳)
・新しい先生だと、あまり質問出来なかったり、聞きたいことが聞けないので、あまりよいと思わないです。(女性・64歳)
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女49人回答
男性・11人(22%)
女性・38人(78%)
 
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
 
自由回答でも意見としてありましたが、成長した子どもの病院をどうするか、が目下の悩み。
特に、風邪を引いた時等お世話になることが多いであろう内科が上手く見つかればよいのですが、皆さんはどのようにして見つけていらっしゃるのでしょうか。

 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt