リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年3月25日号 進化してこそ優勝! リーグ連覇と日本一 カープ 【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

リーグ連覇と日本一 CARP【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
春のイベント 3/26ゲームセミナー 【参加無料】 IT教育の総合学園 広島情報専門学校 北海道情報大学 広島教育センター
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 春休みキッズ講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

サンフレッチェ広島 アンバサダー 森浩司さん(背番号77)

 広島出身でユースを含めて20年間、サンフレッチェ広島で活躍した森浩司さんが、今期初代・アンバサダーとして就任。サンフレッチェ広島の魅力を広く発信する広報大使として活動する予定です。(2017年2月1日取材)
 
 

選手の人間的な魅力を伝えたい


【Q】アンバサダーとして、どのような活動を予定していますか。

【A】  サンフレッチェ広島をもっと多く方に知ってもらうための活動を考えています。また、年少から年長のスクールの子どもたちに、サッカーの楽しさを伝えていきたいです。

【Q】選手にインタビューすることもありそうですか。

【A】  そうですね、クラブから言われればやりたいです。ファンにとっては、選手のプライベートなことも知りたいでしょうから、選手の人間的な魅力も伝えていきたいです。

【Q】インタビューするとしたら、まずは誰に?

【A】  まずは、兄のカズ(和幸選手)に聞いてみたいですね。 森保監督にもいろいろ聞きたいことがあります。今期入団した中林選手や、シウバ選手、そしてちゃじー(茶島選手)にもインタビューしたいですね。

【Q】茶島選手は今期、浩司さんの背番号を引き継がれましたね。

【A】  ちゃじーは僕と一緒で、ユース出身ですし、地元も一緒なんです。縁がありますね。自分らしくやって、背番号7は、ちゃじーの番号にしてほしいですね。期待しています。

【Q】ヨーロッパを回られた時、ドイツで浅野選手に会われました。どんな話をしたのですか。

【A】  主に世間話。ドイツでの生活や、ドイツのサッカーのこと、日本との違いなど…。「すごくさみしい」って言っていました。コミュニケーションを取ることが必要なので、ドイツ語を勉強していると言っていましたよ。


開幕2連戦のホームゲームがカギ

【Q】選手にとって、開幕戦は、緊張するのでしょうね?

【A】 いつもの試合よりは多少緊張しますが、それは人それぞれ。僕が若いときは、やっぱり緊張していましたが、年齢を重ねるごとに何か結果を残してやろうという思いになりました。

【Q】チームとして開幕戦は、どんな雰囲気ですか。

【A】 開幕戦で勝って、そのあとにつなげたいというのはどのチームも思うことです。そのため少し固い試合になることが多いですね。

【Q】開幕戦のときに何か特別なことをしますか。

【A】 特にはないです。 「一試合一試合、目の前のことに全力を尽くそう。どんな試合でも1/34だ」と、森保監督がいつも言われていました。それは選手にも浸透していました。監督は、すごく緊張した僕たちの心を和らげてくれていたのでしょうね。

【Q】今期、2シーズン制から1シーズン制に変わりました。戦い方で変わることは?

【A】 2シーズン制の時から、森保監督はいつも「年間で1位を取ろう。一つでも多くの勝ち点を取ろう」と常々言われていたし、選手もそういう思いでやっていました。年間で勝ち点を一番取っているチームが、一年を通じて安定した戦いができ、なおかつ強いチームだという証明になると、僕も思っています。だから、1シーズン制になっても、戦い方や選手の意識に変化はないはずです。

【Q】今期の見どころは?

【A】 長年広島で大活躍してくれた佐藤寿人選手が移籍し、僕も引退し、前線の入れ替えがすごくありました。新しく入った選手がどういうふうにチームに融合しているのか、そういうところを見てほしいですね。サンフレッチェのいいところは一つにまとまって戦えるところ。新しい選手が入っても、やりやすい環境をみんなが作っていると思います。その点にも注目です。

【Q】高円宮杯のフェアプレー賞、6年連続もありますね。

【A】 もちろん、その精神は選手に浸透しています。ただ、フェアプレー賞をとるために戦うのではなく、結果を残してこそフェアプレー賞の価値が上がると思います。目指すところをはき違えないようにしてほしいです。タイトルをとってフェアプレー賞も取れば、ものすごく価値があることだと思いますから、まずはタイトルを目標に、頑張ってほしいです。

【Q】年間で注目すべき試合や、対戦カードはありますか。

【A】 開幕2連戦がホーム・ホームなんです。僕も経験したことがありません。まずはそこがポイントでしょう。例えそこでうまく結果が出せなくても、うちのチームは修正する力を持っていますが、優勝争いに絡んでいくためには、この2連戦がポイント。勝利すれば、以後気持ちが乗っていくと思います。

※第1節はアルビレックス新潟戦、第2節は清水エスパルス戦



 

■アンバサダー・森浩司さんのサイン色紙を読者3人にプレゼント

※プレゼントは終了しました。

当選者は弊社の口コミサイト「みてみて広島」の「当選者の声」で賞品の感想を報告すると、ダブルチャンス
【応募資格】
■リビング新聞読者、および「リビングひろしま.com」「みてみて広島」の利用者
【応募方法】
はがきかウェブで。(1)氏名(2)住所(3)年齢(4)電話番号(5)チームや選手への応援メッセージを書いて、
〒730-8559広島リビング新聞社「サンフレ森浩司さんサイン」係へ。
HP=下のボタンをクリックし、応募フォームに必要事項をもれなく記入し応募してください。締め切りは2017年2月22日(水)必着。
※個人情報はプレゼントの発送のみに使用。当選者の発表は賞品の発送を持って代えます
【応募締め切り】
■2017年2月22日(水)
■応募締切後、厳正なる抽選の上当選者を決定します。
■当選者の発表は賞品の発送をもって代えます。同意の上、応募してください。
■応募者の住所・転居先が不明などで商品がお届けできない場合は、当選を無効とさせていただきます。
【個人情報の取扱い】
応募いただいた内容は、当社にて適切に管理します。原則として、広島リビング新聞社からの賞品の発送、ならびにマーケティング活動、広島リビング新聞社からの情報発信のみに使用し、それ以外の目的には使用しません。また、個人情報を業務委託先以外の第三者に開示することはありません。
 
提供:広島リビング新聞社
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt