リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年3月25日号 進化してこそ優勝! リーグ連覇と日本一 カープ 【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

リーグ連覇と日本一 CARP【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
春のイベント 3/26ゲームセミナー 【参加無料】 IT教育の総合学園 広島情報専門学校 北海道情報大学 広島教育センター
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 春休みキッズ講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

暮らしの気になる数字

紅葉・アンケート結果  2016/8/6〜2016/8/18

見に行く場所は「特に決めていない」33%

  
 毎年、紅葉を見に「行く」人は51%と約半数。同じ紅葉スポットへ毎年行く人は21%に留まり、多くは色々な場所をを訪れる結果となりました。見に行く場所については「特に決めていない」人が最も多く33%、次いで「日帰りで名所」が28%となっています。一緒に行きたい相手としては、1位「子どもたちを含めた家族」、2位「夫婦だけの家族」と上位を占めました。食事は「最寄りのレストランや料亭で食事」をする人が多く、次いで「食事をしない」「手づくり弁当を持参」となっています。

 
 
 

1.毎年、紅葉を見に行きますか

1.毎年、紅葉を見に行きますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「行く」51%、「行かない」49%と半々の結果となりました。「行く」人は男性より女性に多く、男性41%、女性55%。年代別では、30代で最も多く64%、次いで60代以上58%となっています。最も少なかったのは20代以下で25%でした。
 
 

2.紅葉はどこに見に行く?

2.紅葉はどこに見に行く?
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「特に決めていない」人が約1/3となりました。具体的な場所としては「日帰りで名所」を訪れる人が多く、全体の28%を占めました。選択項目に「泊りがけで名所」がありましたが、選んだ人は0でした。
 
 

3.毎年、決まった紅葉スポットですか

3.毎年、決まった紅葉スポットですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「はい」と答えた人は21%で、毎年紅葉を「見に行く」人の35%が選びました。また、場所としては、「日帰りで名所」を訪ねる人が圧倒的に多く、「はい」と答えた人の75%となっています。
 
 
 

4.決まった紅葉スポットはどこですか(毎年決まったスポットへ行く人)

 
●宮島、紅葉谷公園(8人)
・旦那と出会った思い出の場所だからです。(女性・25歳)
・揚げもみじを食べに。(女性・49歳)
・瀬戸内の海と紅葉のコラボレーションが素晴らしい。(女性・72歳)
 
●深入山(1人)
・紅葉ではなくススキ野原を見に行きます。(女性・49歳)

●帝釈峡(1人)
・すばらしい景色の中でありながら、それ程の人混みもなくゆったりと過ごせるところがいいです。(女性・51歳)

●平和大通りの樹々(1人)
 
 

 
 
 

5.紅葉やもみじ狩りは、誰と行きたいですか(複数回答)

5.紅葉やもみじ狩りは、誰と行きたいですか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
回答している人の年代もあると思いますが、1位「家族(子どもたちも含めて)」、2位「家族(夫婦だけ)」となりました。選択項目に「親類」もありましたが、選んだ人は0でした。
 
 
 

6.紅葉やもみじ狩りのときの食事はどうしますか

6.紅葉やもみじ狩りのときの食事はどうしますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「最寄りのレストランや料亭で食事」をする人が最も多く34%となりました。「弁当派」と「店で食事派」で見ると、「弁当派」44%、「店で食事派」34%、「しない派」22%となりました。
 
 
 

7.紅葉やもみじ狩りの場所選びとして、あなたが重要視することは何ですか(複数回答)

 
7.紅葉やもみじ狩りの場所選びとして、あなたが重要視することは何ですか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「今一番、見ごろの場所」が最も多く、49%が選ぶ結果となりました。上位に挙がった項目を見ると、期間が限定的な紅葉は、見ごろの時期に道路事情がよい名所へ出掛けたいようです。
 
 

8.あなたがおすすめする、紅葉やもみじ狩りの場所(日帰り・宿泊)を教えてください。分かれば住所もお書きください。またなぜおすすめなのかをお書きください。例えば、「もみじのボリュームが多い」「全山が燃えるように美しい」など。また、おすすめの場所を十分に堪能する裏ワザ(裏情報)があればお教えください。

 
 
 
 
■広島県内
●宮島、紅葉谷公園(14人)
・宮島といえば、真っ先に思い浮かぶのは厳島神社という方が多いかと思いますが、実は知る人ぞ知る、美しいもみじ狩りスポットでもあります。紅葉谷公園には、なんと約700本ものもみじがあり、11月中旬から下旬には辺り一面を、真っ赤なもみじが染め上げます。中でも、もみじ橋からの景色は一際美しく、通る人を平安貴族の気分にしてくれます。公園内には、お茶屋さんもあるので、日頃の喧騒を忘れ、まったり過ごすにはモッテコイだと思います。(女性・27歳)
・人力車に乗りながらの紅葉狩り、最高でした! 写真も撮っていただいたのですが、とても絵になるしいい思い出になりました! 来月子どもが産まれるので、ことしは紅葉狩りに行けそうにないけど、来年は家族三人で紅葉狩り行きたいですね♪(女性・28歳)
 
●帝釈峡(4人)
・帝釈峡遊覧船で両岸にそびえる断崖や奇岩を船上から眺めつつ、紅葉狩りをするのもおすすめです。(女性・51歳)
 
●三段峡(3人)
・川のそばでとても空気がいい。(女性・66歳)
 
●尾関山公園(1人)
・子どもが遊べる公園が市内にあるし、その近くには物産館やワイナリーもあるので1日楽しめます。(女性・38歳)
 
●千田公園(1人)
 
●比治山公園(1人)
・ここしか知らない。(男性・28歳)
 
●比婆山(1人)
・テレビのニュースでも出ますが、本当に錦を広げた感じがいい。(女性・31歳)
 
●広島空港周辺(三原市)
・もともとが山なので、ドライブしながら美味しい空気も楽しめます。(女性・40歳)

●平和大通り(1人)
・様々な木が植えてあり、彩も山に負けないくらいさまざま。それぞれの木の盛りが時期もずれてよい。(男性・67歳)

■広島県外
・愛媛県の小田深山 京都の興福寺。愛媛県の小田深山は赤や黄色だけでなくピンク色など多彩であり 渓谷とのコラボが最高です。 興福寺は落ちた紅葉の葉が織り成す赤のジュータンが最高です。雨でもいいですよ!(男性・40歳)
・島根県江津市桜江町 断魚渓 日帰り。紅葉がきれい 川、山、の風景がきれい。(女性・54歳)
・島根県匹見周辺がきれいだったように思う。色のバランスが取れている。(男性・59歳)
・大山。山歩きの最中もきれいだし、開けた場所から見てもとても見事です。寒い時期なので是非温泉に入って牧場でソフトクリームを食べて帰ってください。(女性・49歳)
・千葉のあちこちがよいと思います。紅葉がキレイなイメージです。(男性・29歳)
・浜田へ向かう高速道路の車窓からの眺め。正に山並に色とりどり。(女性・52歳)
 
 
 
 

9.近所の公園や街路樹など、あなたの生活圏内で、ちょっとしたおすすめ紅葉スポットがあれば、ぜひお教えください。

 
 
・広域公園(3人)
・安佐南区山本川沿いの桜並木(1人)
・アルパーク周辺の公園(1人)
・黄金山(1人)
・大町駅と万惣の間にある公園(1人)
・縮景園(1人)
・鈴が峰公園(1人)
・せせらぎ公園(西原から中筋・古市辺りまで)(1人)
・二葉山(1人)

・安佐南区の八木梅林公園近くの古川沿いの街路樹が、秋になると赤や黄色に染まり、とても綺麗です。(女性・27歳)
・江田島。 船から見る赤く染まった山を遠目で見るのもいいですよ♪(女性・28歳)
 
 
 
 

10.紅葉やもみじ狩りで楽しかったことや失敗したこと、これは気をつけたほうがよかったことなど、エピソードをお書きください

 
 
・紅葉狩りをするときは、事前に天気のチェックをしていかなかった、台無しです(*^^*)(女性・25歳)
・2歳の子どもと紅葉を見に行った際に、子どもが赤や黄色に染まったたくさんの落ち葉を見て興奮し、落ち葉を舞い上げました。私は、「キレイねー。」と、思いながら、我が子の喜ぶ様子を見ていたのですが、なぜか子どもが突然泣き出しました。私は驚いて、「どうしたの!?」と駆け寄ると、子どもが毛虫に刺されたのか、手が赤く腫れ上がり、痛がっていました。「綺麗な花には棘がある」と言いますが、「綺麗な葉には毛虫がいる」ので、くれぐれもお気をつけください。(女性・27歳)
・おしゃれしてハイヒールで行ったら案の定足が棒になりました(^^;))) スニーカーにしましょう。(女性・28歳)
・天気がいいと紅葉もきれいですが、意外に暑い(笑)水分補給を忘れずに。(女性・30歳)
・落ち葉が湿っていると、ちょっと滑るので、石の階段などは十分注意しないと、ころびます。(女性・37歳)
・昔、宮島に行った時渋滞にはまるし、フェリーも混雑して大変でした。ランチをとろうとして入った宮島口の有名なあなご飯屋さん(うえの)では1時間半待ちました。子どもが小さい今ではとても行く気になれないです。(女性・38歳)
・思っていたより寒くて風邪をひいてしまったことがあります。(女性・39歳)
・家から手作り弁当を持っていって、現地で食べるのが理想ですが、弁当作りに時間がかかって出発前に疲れてしまったことがありました。(女性・40歳)
・駐車場から遠いと思わず スニーカーのような靴でいかなかったところ、靴ずれをして血まみれになった。(男性・40歳)
・お団子を持って行くとみんなに好評でよかったです。(女性・41歳)
・トイレをなかなか見つけられず、大惨事寸前になったことがあるので、揉め事の原因にならないように、駅や飲食店では必ずトイレに行くよう促すなど、細やかな気配りを見せてトラブルを未然に防ぎましょう。(男性・43歳)
・ニュースで宮島のもみじ谷紅葉のニュースを見て、行ってみたら、色づいているのは紹介された1本だけだった。周りの人も「ここだけじゃん!」と憤慨していた。安易にニュースを信じてはいけないと痛感しました。(女性・49歳)
・宮島に着いてお弁当を食べていたら、鹿に囲まれてお弁当をみんな持って行かれた。(女性・49歳)
・結構暑い日だったので、家で作ってもっていったお弁当が、ちょっとヤバそうだったので、結局近くのコンビニで買いました。 最初から買えばよかった・・・。(女性・52歳)
・だんだん蒜山―大山スカイラインが時期になると混雑がひどくなり、難度の高い道なのに馴れないドライバーがトラブルを。早朝狙いで、現地で朝食をゆったりはおすすめ。(女性・52歳)
・紅葉を求めて行けば、山の中に入るので、トイレには気をつけたほうがいい。(女性・54歳)
・三段峡へ行ったとき、トイレが汚いのにはまいった。(男性・59歳)
・例年だと真っ盛りの時期に行ったが、その年は少し早ピークを迎えていたようで、散り掛かったものが多かった。(男性・63歳)
・写真を撮るには天気の日では影ができて黒くなりますが、逆により曇りや雨のほうが色がきれいに撮れていいということがありますよ。(男性・67歳)
・昨年、宮島に行きましたが、見頃を過ぎていたので、とても残念な思いをしました。(女性・72歳)
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女61人回答
男性・17人(28%)
女性・44人(72%)
 
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
 
近所に大変大きなイチョウの木があり、毎年紅葉を楽しみにしていました。
が、倒木の危険があるとのことで、昨年夏に残念ながら伐採され、秋の密かな楽しみがなくなってしまいました。
地域の安全性のためには仕方なかったと思いますが、今だに残念に思っています。
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt