リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年5月20日号 肌だけじゃダメ!紫外線対策「目も日焼け?」 
2017年5月20日号

肌だけじゃダメ!紫外線対策「目も日焼け?」

2017年5月20日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

LIVING Selection

皆の記憶に残る歌を残したい

 
シンガー・ソングライター

 丸本 莉子(まるもと りこ)

丸本 莉子さん(「リビングひろしま」2016年9月24日号掲載)
丸本 莉子さん
 
 ギターを背負って元気一杯あいさつををする、広島市出身の丸本莉子さん。8月に5枚目のシングル「ガーベラの空」をリリースしました。今回は、作詞家の藤林聖子さんとの共作。「私の曲はストレートな歌詞が多いのですが、このたび私にはない書き方を藤林さんから学びました。グンと世界観が広がりました」。情景や感情が伝わってくる歌詞が多く、その中でも「“前の彼氏のマグカップを〜”というフレーズは、肝となる部分。主人公の人物像が想像できますよね」とほほ笑みます。
 
 また、タイトルであるガーベラは、藤林さんのアイディアとか。「私は花を枯らしてしまうタイプなので、花をモチーフにするのは新鮮でしたね」と話します。ガーベラの花言葉は、“前進や希望”と前置きをしつつ、「私が好きな色は黄色のガーベラで、花言葉は“親しみやすさ”。曲を作るときのヒントになりました」と、丸本さんの明るさとリンクします。
 
 その一方で、初めての共作ということで、不安もあったとか。それを取り除いてくれたのはファンからの評価。“いい曲ですね”と言われて自信が膨らんだと振り返ります。
 
 現在、フリーライブツアーで全国を回っています。「上京してから路上ライブの数が減ってしまって…。自ら出会っていくことが大切だと感じ、1年間で1万人と出会うライブを企画しました」と、初心に帰ります。
 
 10月には、ミュージシャンの浜崎貴司さんとのコラボライブ、そして12月は恒例のワンマンライブが予定されています。「ライブに足を運んでいただき、丸本ワールドを体感してください。“広島といったら、カープと丸本莉子”と言ってもらえるような存在になれるよう頑張ります」と力強く語ります。 
 
 
取材・文/唐 乃梨子(広島リビング新聞社所属ライター)
 
 

PROFILE   丸本 莉子(まるもと りこ)

1990年生まれ。広島市安佐北区出身。全国300カ所以上を歌い歩き、安芸太田町のサポートソングやテレビ番組、CM、キャンペーンソングなど数多く手掛ける。2015年、シングル「ココロ予報」でメジャーデビュー
 
【ライブ情報】
■日時/12月3日(土) 18:00開場/ 18:30開演
■場所/BLUE LIVE 広島
■料金/全席自由 前売3,500円 (税込)、当日は4,000円(税込み) ドリンク代別
■問い合わせ/TEL:082(249)3571夢番地(広島)
 
 
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2016年9月24日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt