リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年3月25日号 進化してこそ優勝! リーグ連覇と日本一 カープ 【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

リーグ連覇と日本一 CARP【広島東洋カープ特集2017】
2017年3月25日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
春のイベント 3/26ゲームセミナー 【参加無料】 IT教育の総合学園 広島情報専門学校 北海道情報大学 広島教育センター
【リビング カルチャー倶楽部】 リビング特選♪ 春休みキッズ講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

暮らしの気になる数字

日本酒・アンケート結果 2016/7/30〜2016/8/10

好きな人は54%、どんなタイプでもOK

  
 日本酒を含めたお酒を飲む頻度は、「ほぼ毎日」が最も多く19%となりました。飲む場所は「家」を選んだ人が最も多く61%。よく飲むお酒の種類は、1位「ビール」、2位「日本酒」、3位「発泡酒等」となっています。今回のテーマ「日本酒」については「好き」と答えた人が54%(上)で、好きなタイプは「こだわりはない」「純米吟醸酒」「純米酒」の順になりました。そんな皆さんがお酒を飲む際に気をつけていること1位は「飲みすぎない」で6割の人が選ぶ結果となっています。皆さんは日本酒やお酒をどのように楽しんでいますか。

 
 
 
 

1.あなたは、どのくらいの頻度でお酒(日本酒も含め)を飲みますか

1.あなたは、どのくらいの頻度でお酒(日本酒も含め)を飲みますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
最も多かったのは「まったく飲まない」で約1/4が選びました。飲む人では「ほぼ毎日」が最も多く、全体では19%、飲む人の24%を占める結果となっています。男女別に見ると、男性では「ほぼ毎日」が最も多く61%、女性では「まったく飲まない」で25%となっています。
 
 

2.あなたは、お酒(日本酒も含め)をどこで飲むことが多いですか

2.あなたは、お酒(日本酒も含め)をどこで飲むことが多いですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「家で飲む」人が61%となりました。男女別に見ると、男性の方が女性よりも「家で飲む」人が多く、男性64%、女性57%となっています。また年代別では、60代以上が最も多く71%、最も少なかったのは20代以下で20%。その他の年代は60%台となっています。
 
 

3.あなたがよく飲むお酒の種類を3つまで選んでください

3.あなたがよく飲むお酒の種類を3つまで選んでください
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位「ビール」、2位「日本酒」、3位「発泡酒等」と、ビール類を飲む人が多いことがうかがえる結果となりました。「日本酒」を選んだ人は女性よりも男性に多く、女性35%、男性43%となっています。
 
 
 

4.あなたは日本酒が好きですか

4.あなたは日本酒が好きですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「好き」55%、「嫌い」15%となりました。「好き」な人が女性より男性多く、女性48%、男性61%。年代別に見ると、60代以上が最も多く71%、次いで20代以下と50代60%となっています。
 
 
 

5.日本酒が嫌いな理由はなんですか(日本酒が嫌いな人)

5.日本酒が嫌いな理由はなんですか(日本酒が嫌いな人)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位は「味・においが好きでない」で、半数近い人が選ぶ結果となりました。選択項目として「種類が多くて選ぶのが面倒」「太りそう・体に悪そう」「イメージが良くない」がありましたが、選ぶ人はいませんでした。
 
 
 

6.好きな日本酒のタイプはどれですか

6.好きな日本酒のタイプはどれですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「こだわりはない」を選んだ人が最も多く、回答してくれた人の42%を占めました。タイプ別では「純米吟醸酒」がトップで、23%となっています。この純米吟醸酒を選んだ人は男性よりも女性に多く、男性11%、女性23%となっています。
 
 
 

7.和らぎ水を知っていますか

7.和らぎ水を知っていますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「知っている」人は19%。前の設問で日本酒が「好き」と答えた人の22%、良く飲むお酒で「日本酒」を選んだ人の19%が「知っている」と答えています。日本酒を飲む飲まない、好き嫌いはあまり関係ないようです。
 
 

8.お酒(日本酒も含め)を飲むときに気を付けていることはありますか(複数回答)

8.お酒(日本酒も含め)を飲むときに気を付けていることはありますか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「飲みすぎない」「食事をしながら飲む」「楽しく飲むようにしている」がトップ3となりました。中でもトップだった「飲みすぎない」は、60%が選ぶ結果となりました。その他として、「お酒に合う料理を作る」が挙げられました。
 
 

9.秋から冬の味覚に合うお酒は何だと思いますか

9.秋から冬の味覚に合うお酒は何だと思いますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「日本酒」を選んだ人が最も多く、60%が選ぶ結果となりました。「日本酒」を選んだ人は30代で最も多く67%、次いで60代以上64%となっています。男女では差が見られませんでした。
 
 

10.日本酒にまつわるエピソードがあればお書きください

 
・自分が20歳になったとき、当時勤めていた人と仕事帰りにのむお酒が日本酒でした。忘れられない大人になったなあと思うひとときでした。(女性・25歳)
・二十歳になりたての頃は「燗を焼べる」という意味もわからなかった私が、今では何十種類もの銘柄を言えるほどの日本酒好きになりました。オリンピックはテレビ観戦する予定ですが、サッカーをみる時は、サッカー日本代表のエンブレムにも描かれている「八咫烏(やたがらす)」の名をとった奈良の純米酒を飲もうと思います。(女性・27歳)
・今は妊娠中なのでアルコールをやめていますが、アルコールは大好きです♪ お家でしんみり飲むお酒はあまり好きじゃないのですが、友達や主人と美味しいものを食べながらご飯屋さんで飲むお酒がとても好きです! 結婚記念日と大晦日は賀茂鶴ゴールドを飲む! というのが我が家の決め事になりました!(女性・28歳)
・西条の酒祭りが大好きで、毎年欠かさず参加しています。賀茂鶴で無料試飲から始まり、有料試飲4杯を立て続けに飲み、ぐでんぐでんになって立っていられなくなるのが毎年のお決まりパターンです(笑) でもやめられない!(女性・32歳)
・二十歳の時、クラス会をした際、同級生の女の子が升に入った日本酒を美味しそうに飲んでいるのに驚いた。知り合いに食事へ連れて行って頂いた際、桜の花びらの形をした金箔が入った、日本酒を飲んだの時の感動。(男性・34歳)
・20代前半のころ、マネージャーをしていた草野球部が優勝し、明るいうちから夜通し飲んで、飲みすぎ、気持ちよ〜く吐いて、友達に家まで連れ帰られました。翌朝、二日酔いで目覚めると、かばんの中からお店の猪口が大量に出てきました…。かばんの中は、日本酒の強烈なにおい…。もちろん御猪口は洗って返しに行きました…。若気の至り、後にも先にも潰れたのはその時だけです。(女性・36歳)
・冬になると日本酒が飲みたくなりますが、酔うので普段は飲みません。しかし正月になると、夫婦で夜ゆっくり日本酒を飲みながら、ゆっくり過ごすのが毎年恒例です。(男性・37歳)
・京都旅行にいったときに、3000円で提携居酒屋4店舗周れ、つまみと日本酒がいただける、街をあげての素敵なイベントで、2店舗目に相席したおじさんと意気投合して、おじさんの終電まで飲み明かしていました。日本酒のおいしさに触れました。10/1のアリスガーデンでのイベントもコスパ高くて最高です。(女性・38歳)
・醸造酒と純米酒が分からなかった頃、美味しいとリピートしていた日本酒が醸造酒だと知った時、愕然とした。(女性・42歳)
・日本食には日本酒だと思います。昔若い時に、おいしい高級料亭に連れていってもらって日本酒を初めて飲みました。おいしいお料理にはおいしいお酒、これ鉄則です。ただ人のおごりで、とてもおいしいからといって食べ過ぎたり飲みすぎたりすると大変なことになります。一緒に行った友達は気分が悪くなり二日酔いに苦しみましたが、なぜか私は元気なまま。食欲も旺盛なままなので、先輩が二度と誘ってくれなくなったのを覚えています。(女性・45歳)
・いつも飲む好きな酒を居酒屋で注文した時「味が違う??」と思いながら飲んだら、すぐ体調が悪くなり悪酔い。傷んだ酒でした。それ以来、店では日本酒を頼まなくなりました。(女性・49歳)
・普段、アフリカに住んでいる友人が遊びに来て、嬉しそうに日本酒の燗を飲んでいました。確かに海外では中々味わえないですよね。(女性・50歳)
・2年前広島に引っ越してくるまでこんなに日本酒の美味しい土地だとは知りませんでした。これまでは山形、静岡のお酒が好きでしたが、広島も加わりました。とくに呉、竹原が最高で、個人的には西条より好きです。もっと全国にアピールすべきだと思います。(女性・51歳)
・二日酔いして出社した時のこと。わざとメイクをせず顔色を悪くして風邪のふりをしていましたが、帰り際上司に「飲み過ぎるなよ。」と言われてしまいました。ばれていたか・・・。(女性・51歳)
・越乃寒梅や獺祭等飲みやすいお酒は、おちょこ一杯しか飲めないのに、ついつい飲み過ぎて忘年会で二日酔いになった。(女性・52歳)
・知り合いのエピソードですが、普段あまり日本酒は飲まない方なのですが、その日の日本酒は口にあったみたいでどんどんすすみ、かなり酔っていました。バス停まではなんとかたどり着いたらしいのですが、“ちょっとだけ”と思って横のブロックに座ったのが運のつき。そのまま眠ってしまい、結局最終バスをのがしてしまいました。結局奥さんに迎えに来てもらったそうですが、翌日こっぴどく叱られたそうです。(女性・52歳)
・毎日、必ず入浴後に夕飯を最初は発砲酒350mlで、次は日本酒でほろ酔い加減と決めている。毎晩熟睡できて自分にはあっていると思う。酒のつまみとともに好き放題飲んだ後は一口のご飯を食べてお酒を止める。これが日課である休肝日はない。たぶん15年この飲み方を続けているかもしれない。これにたどり着くまでは20歳の頃はウイスキー派で二日酔いが多々あり、その後日本酒を最初から飲むようになり、胃潰瘍になり、最初は度の軽いビールでのどを潤した後、日本酒を飲むようになったこの飲み方にたどり着くまでは自分を中々セーブできなかったと思う。(女性・55歳)
・仕事をしていた時は同僚との飲み会もけっこうありましたが、日本酒を飲むと途中で寝てしまうことが多く、電車やバスでの乗り過ごしがかなりありました。(男性・59歳)
・昔、皆で日本酒を持ち寄り、試飲会をしていた。(男性・59歳)
・昔、会社の人と飲んで階段から・・・携帯落としたりと色々やりました。退職の花束とタクシーでの帰宅で、ちいと控えようとさみしかったですが・・・再雇用になって、ちいと元気に飲んでいます。(男性・61歳)
・定年退職してから料理が趣味です。 美味しく出来上がった旬の肴で、家内と酒を少々いただくのが人生の楽しみです。(男性・63歳)
・子どもの時、父の膝に座り、父の飲むお猪口の酒を飲んで、酔っ払った記憶があります。(男性・67歳)
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女97人回答
男性・28人(29%)
女性・69人(71%)
 
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
 
これまで二度ほど悪酔いをして、家族に迷惑をかけたことがあります。
どちらも日本酒がらみだったので、子どもが社会人になるまでは、乾杯や献杯以外では口にしないことにしています。
美味しいからついつい飲みすぎてしまうんですよね。
いつかその日が来たときは、子どもと飲みたいと思っています。
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt