リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年8月5日号 夏こそ爛好僖ぅ広疚と香りでシャキッ
2017年8月5日号

夏こそ爛好僖ぅ広瓠時短キーマカレーレシピ付き
2017年8月5日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
【サンフレ 男気の証明】 サンフレッチェ広島の選手を 「リビングひろしま編集部」がインタビューします! 【記事一覧を見る】

【Vol.12】 takuya marutani 丸谷拓也 選手 【背番号28・MF】

 第2ステージはレギュラー出場が続き、今まさに波に乗る丸谷拓也選手。彼のトレードマークはスマイル。爽やかな笑い声が響く中でのインタビューでした。
 

takuya marutani 丸谷拓也 選手 【背番号28・MF】|リビングひろしま
takuya marutani 丸谷拓也 選手 【背番号28・MF】
 
 
 7月13日の柏戦、入団9年目にして、広島で初ゴールを決めた丸谷選手。「FWで入団し、なかなか得点できなかったのは本当につらかった。これからは、どんどん決めますよ」と満面のえみ。現在、攻撃の要となるボランチを任されていますが、過去にはDFの経験もあり、まさにマルチプレーヤー。「試合に出られるなら、どこでもやります。違ったポジションを経験すると、見えてくるものもあって、僕にとってはプラス」と頼もしいコメントです。
 
 笑顔が絶えない丸谷選手ですが、入団直前に骨折。リハビリからの出発となり、その後も試合に出られない辛抱の日々が続きました。そして4年後、大分へ移籍を告げられます。悩んだ末の移籍でしたが、大分のJ1昇格や、翌年にハットトリックを決めるなど、「この時の経験がその後のサッカー人生に大きくプラスとなりました」と振り返ります。
 
 高校時代、丸谷選手は成績優秀でした。「母は進学を強く希望していましたね。そんな時、唯一プロに誘ってくれたのがサンフレッチェでした。両親には、後悔したくないという気持ちをしっかり伝えました。だからこそ、信じて応援してくれる両親を裏切れません」と話します。昨年9月には第一子が誕生。「自分も両親のように、子どもを信じて育てていきたいです」と、パパの表情に変身。
 
 故郷の鳥取では、高卒のJリーガー第1号です。毎年正月には、ジュニアチームの初蹴りに参加しています。「子どもたちの目標として恥ずかしくないプレーや、努力を重ねないと…」と、あらためて身を引き締めて話します。
 
 

 

PROFILE プロフィル  丸谷拓也選手 【背番号28・MF】

1989年5月30日生、2008年広島に入団。12年途中から大分へ移籍。14年に広島へ復帰。好きな言葉は、「感謝・努力・自信」。親からは常に「自分を信じなさい」と励まされてきたそう。ゲン担ぎは、ピッチとタッチラインは左足から入ること。サッカーでもプライベートでも青山選手は師匠的な存在。好きな音楽はアニソン系。失敗しても笑顔でいたいそう。チャームポイントはえくぼ。
  
【好きなタイプは?】
ロベルト・バッジョ選手(イタリア)「小学生の時から好きで、髪形もまねていました。世界の人から愛された姿にあこがれていました」
  
 
 
  
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2016年8月20日号掲載)
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHIMBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt