リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年6月24日号 夏休みに親子で体験「リビングこども未来はっけん大学」
2017年6月24日号

夏休みに親子で体験「リビングこども未来はっけん大学」
2017年6月24日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
【リビング病院ガイド】 広島の総合病院・病院・医院・クリニック・診療所・歯医者など エリア別で探す! 診療科目別で探す! 

【医療法人ハンス】ハンス心療内科クリニック  TEL : 082-247-5577

変わるうつ病治療 最新の医療技術を導入

 今年5月に開院した「ハンス心療内科クリニック」(医療法人ハンス運営、広島市中区銀山町)。「薬を使わない診療」をモットーに、最新の医療機器を使いながらうつ病治療を行っています。そこで、理事長の長井敏弘先生に、うつ病治療の取り組みについて話を聞きました。
  
長井敏弘さん
「ハンス心療内科クリニック」「宮内総合クリニック」「みなみメンタルサポート」などを運営する医療法人ハンスの理事長。これらを運営する中で「“薬を使わない治療があれば”と望まれている方がいらっしゃることも分かってきた」と話します。元岡山大学医学部臨床教授。テレビ番組や、学校関係の講演会など幅広く活躍しています。今年11月には、福岡市天神2丁目に「ハンス心療内科福岡医院」を開院予定
 
 

広電銀山町電停前、土曜も午後5時30分まで診察
磁気刺激治療や認知行動療法などで治療

 
 「ハンス心療内科クリニック」は、広島市中区銀山町の広電銀山町電停前にあります。中心部にあるので通いやすく、土曜も午後5時30分まで開院。完全予約制で、待合室などはプライバシーに配慮したつくりになっています。
 理事長の長井先生は、「うつ」など心の病気の治療に長年携わっているスペシャリスト。「うつ病は、薬で良くなる方もいらっしゃれば、ずっと飲み続けてもなかなか効かない方もいらっしゃいます。また、認知行動療法が有効な方など治療効果は千差万別」と長井先生。
 
薬物療法の最新情報
 「心の病気の中には、薬物治療で完治するものも多くありますが、それは症状が軽度または一時的症状の場合で、うつ病を筆頭に多くの病気は、治療が長期に及ぶケースがほとんど。実際、難治性のうつ病で受診された患者さんの薬をゼロにし、症状が出なくなるまで5年かかりました。
 薬を処方すると症状は軽減します。しかし、何カ月かすると症状が元に戻ることが多く、薬を追加・増量するなど、結果、増えた薬の依存や副作用を新たに患者さんに負わせることになります。ドイツやフランスなどの国々では、森林浴(保険適用)や心理カウンセリングなど、薬物療法以外の治療法が中心になっています」とも話します。
 
TMS磁気刺激治療
診療で使用する医療機器
診療で使用する医療機器
 「最新医療機器“TMS磁気刺激治療”というのがあり、欧米の医療先進国では保険が適用され、うつ病で画期的な成果を上げています。元々は、脳梗塞で手足がまひした患者さんに対し、リハビリ目的で使われていました。日本でも多くの病院で使用されています。現在、日本の12の大学病院や医療センターで、この医療機器によるうつ病治療の治験が行われていますが、保険が適用されるのは数年先になりそう」と、最新医療について語る長井理事長。
 「うつ症状が長く続いており、薬でなかなか良くならない」「抗うつ薬などの副作用が強いので、薬を減らしていきたい」など、下表のような悩みがある人は、まずは一度、相談に行ってみませんか。
 

こんな悩みはありませんか

■ うつ症状が長く続いており、薬でなかなか良くならない
■ 抗うつ薬などの副作用が強いので、薬を減らしていきたい
■ うつ症状に対する薬物療法に抵抗がある
■ 仕事の都合などで、できるだけ早くうつ症状を改善したい
 
 

うつの悩みQ&A 【1】

【Q】 最近うつ症状が続き、薬を服用しているけど効果がないような…

 
【A】薬を使わない治療法で、「気分の落ち込みや薬を減らす」ことを目指せます
 うつ病は“心の病気”ではなく、“脳の病気”だと言われています。脳の「背外側前頭前野」は、意欲や興味に関わっていて、不安や悲しみなどの感情をコントロールする「扁桃(へんとう)体」のバランスを整えます。
 しかし、過剰なストレスが加わると「背外側前頭前野」の機能が低下し、「扁桃体」のバランスが崩れ、日々の活動が不安定に。これが「うつ病」の状態です。 上記で紹介した「TMS磁気刺激治療」は、「背外側前頭前野」に磁気刺激を与え、意欲や思考力を正常に機能させ、「扁桃体」の活動を安定化させるのを目的としています。回数に個人差はありますが、治療を続けて「気分の落ち込みや薬を減らす」「頭の中のモヤモヤを晴らす」「落ち着きを取り戻す」ことなどを目指します。副作用はほとんどなく、薬を服用中の人でも治療を受けられます。
 
 

【Q】 TMS磁気刺激治療は、何回受けると改善しますか。また、年齢や性別に関係なく、誰でも受けられますか

 
 
【A】回数は個人差があり、適応できるかどうかは医師が判断します
 TMS磁気刺激治療は、10回程度の治療で症状がかなり改善する方や、30回以上で改善傾向が見られる方など個人差がありますが、平均して20〜30回で改善に向かう方が多いようです。
 年齢や性別に関係なく誰でも受けられますが、脳内に金属があるなど、まれに適応できない場合も。また、問診や検査でこの治療が最適かどうかを医師が判断します。ケースによっては認知行動療法や薬物療法をお勧めすることもあります。
 
 

【Q】 うつ病以外の病気でもTMS磁気刺激治療で症状は改善しますか

 
【A】パニック障害などで起こる抑うつ気分に有効。不安感は主に「認知行動療法」で治療します
 パニック障害や社交不安障害、強迫神経症などは不安や恐怖を主症状とする病気ですが、続発的症状としての抑うつ気分は、TMS磁気刺激治療で改善が目指せます。
 主症状の不安感などは、達成感を積み重ねて意欲を高める「認知行動療法」が最も有効で、欧米では積極的に取り入れられている治療法です。
 まず、心理カウンセラーと一緒に「現実に目を向ける訓練」をして「認知」を修正。その後、「元気があれば何でもできる」(内から外)ではなく、「何かをすれば元気が出る」(外から内)という行動をすることで問題の解決を図っていきます。 また、達成可能な宿題を出し、達成感を体感。積み重ねると「前向きな気持ち」「外に出られるようになる」など意欲が高まり、心身が楽になることを目指します。
 
  

うつ病の検査方法

光トポグラフィー検査の様子
光トポグラフィー検査の様子
 以前は医師が患者さんの話を聞いて判断していましたが、最近は、うつ病かどうかを血流で鑑別補助できるようになりました。使用するのは「光トポグラフィー」という検査機器で、ヘッドセットを装着し、簡単な問題を出します。答えを考えている間の血液を安全な近赤外線で測定し、そのときの血液中の酸素飽和度で、他の疾患との鑑別を行います。これに加え、自分で現在のうつ状態や症状について記入する「BDI検査」も行います。
 医師による診察・光トポグラフィー検査・問診という、これらの結果を総合的にみて、「うつ病」「双極性障害(躁うつ病)」「統合失調症」のどれに該当するのかを鑑別します。 
 
 

診察の流れ

【1】完全予約制のため、下記に電話またはFAX で予約を
【2】予約した日時に来院し、個室で各治療方法を簡単に説明
【3】検査し、皆さんに適した治療とカウンセリングを実施
※全て保険適用外(全額自己負担)です
※検査費8,900円、治療費4,000円〜18,000円(全て税別)
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2016年10月15日号掲載)
 
 

【医療法人ハンス】ハンス心療内科クリニック  TEL : 082-247-5577

今年5月、最新の医療技術を導入した「ハンス心療内科クリニック」が開院

“薬を使わない”うつ病治療を知っていますか

長井敏弘さん。医療法人ハンス理事長。元岡山大学医学部臨床教授。テレビ番組や、学校関係の講演会など幅広く活躍しています
長井敏弘さん。医療法人ハンス理事長。元岡山大学医学部臨床教授。テレビ番組や、学校関係の講演会など幅広く活躍しています
 「うつ病でクリニックや病院に通っているけど、なかなか思うように改善しない」「できれば薬に頼らず、治したい」。医療法人ハンスでは今年5 月、広島市中区銀山町に「ハンス心療内科クリニック」を開院。「薬を使わない診療をモットーに、最新の医療機器を使いながら治療します。皆さんの心に寄り添いながらサポートしたい」と話す長井敏弘院長。うつ病治療の取り組みについて話を聞いてきました。
 
 
 

広島市中区銀山町電停のすぐ前 土曜も午後6時まで診察

 場所は広島市中区銀山町4-17、大同生命ビル1階。広電「銀山町電停」すぐのところにあります。
 完全予約制で、待合室などもプライバシーに配慮。中心部にあるので、買い物などで出掛ける予定があるときに合せて予約を入れたり、仕事の休み時間を利用して行くことができます。また、土曜も午後6時まで診察しているので、平日忙しい人も通いやすくなっています。
 
 

薬を使わない診療がモットー
磁気刺激治療や認知行動療法などで治療

診療で使用する医療機器
診療で使用する医療機器
 
 医療法人ハンスでは、「みなみストレスクリニック」「宮内総合クリニック」「みなみメンタルサポート」なども運営。長井院長は、長年「うつ」など心の病気の治療に携わっています。
 「うつ病は、薬で良くなる方もいらっしゃれば、なかなか薬が効かず、ずっと飲み続けている方もいらっしゃいます。また、認知行動療法が有効な方など、治療効果は人によって千差万別。長く診療してきましたが、その中で、“薬を使わない治療があれば”と望まれている方がいらっしゃることも分かってきました。そこで、“薬を使わない診療”をモットーにしたクリニックを開院しました」と長井院長は話します。
 
薬物治療について
 「心の病気の中には、薬物治療で完治するものも多くありますが、それは症状が軽度または一時的症状の場合で、うつ病を筆頭に多くの病気は、治療が長期に及ぶケースがほとんどです。実際、難治性のうつ病で当院を受診された患者さんの薬をゼロにして、症状が出なくなるまで5年の年月を要しました。
 薬の力は偉大で、処方すると症状は軽減します。しかし、何カ月かすると症状が元に戻ることが多く、追加の薬を処方したり、量を増やすなどし、結果、増えた薬の依存や副作用を新たに患者さんに負わせることに。ドイツやフランスなどの国々では、森林浴(保険適用)や心理カウンセリングなど、薬物療法以外の治療法が中心になっています」と長井院長。
 
TMS磁気刺激治療
 「医療先進国のアメリカでは、最新医療機器“TMS磁気刺激治療”が保険適用となり、うつ病で画期的な成果を上げています。元々は、脳梗塞で手足がまひした患者さんに対し、リハビリ目的で使われていました。日本でも多くの病院で使用されています。現在、日本の12の大学病院や医療センターで、この医療機器によるうつ病治療の治験が行われていますが、保険が適用されるのは数年先になりそうです」と、最新医療について語る長井院長。うつ病の完治に向けて積極的に取り組んでいます。
 「うつ症状が長期間続き、薬がなかなか効かない」「ストレスで落ち込み気味だが薬は使いたくない」など、下記の「うつの悩みQ&A」で挙げたような悩みがある人は、まずは一度、相談に行ってみませんか。
 
 

うつの悩みQ&A 【1】

【Q】 うつ病かどうか心配なので検査したい

光トポグラフィー検査の様子
光トポグラフィー検査の様子
 
【A】「光トポグラフィー検査」などで「健常」「うつ病」「双極性障害(躁うつ病)」「統合失調症」かどうかが調べられます
 以前は医師が患者さんの話を聞いて判断していましたが、最近は、うつ病かどうかを血流で鑑別補助できるようになりました。使用するのは「光トポグラフィー」という検査機器で、ヘッドセットを装着し、簡単な問題を出します。答えを考えている間の血流を安全な近赤外線で測定し、そのときの血流の状態で、健常かどうかが調べられます。これに加え、自分で状態や症状について記入する「SDS(うつ性自己評価尺度)」検査も行います。
 医師による診察・光トポグラフィー検査・問診という、これらの結果を総合的にみて、「健常」「うつ病」「双極性障害(躁うつ病)」「統合失調症」のどれに該当するのかを鑑別します。
 
光トポグラフィー検査の報告書。検査結果を自分で見ることができます
光トポグラフィー検査の報告書。検査結果を自分で見ることができます
 
 

うつの悩みQ&A 【2】

【Q】 うつ症状が長期間続き、薬がなかなか効かない

 
【A】薬を使わない治療法があります
 うつ病は“心の病気”ではなく、“脳の病気”だと言われています。脳の「背外側前頭前野」は意欲や興味に関わっており、不安や悲しみなどの感情をコントロールする「偏桃(へんとう)体」のバランスを整えます。過剰なストレスが加わると、「背外側前頭前野」の機能が低下し、「偏桃体」のバランスが崩れ、活動が不安定に。これが「うつ病」の病態です。
 上の本文で紹介した「TMS磁気刺激治療」は、「背外側前頭前野」に磁気刺激を与え、意欲や思考力を正常に機能させ、「偏桃体」の活動を安定化させるのを目的としています。副作用がほとんどなく、薬を服用中でも治療に問題はありません。
 
 

うつの悩みQ&A 【3】

【Q】 ストレスで落ち込み気味だが薬は使いたくない
    パニック障害が薬でなかなかよくならない

 
 
【A】症状改善に有効な「認知行動療法」があります
 認知行動療法はパニック障害、社会不安障害、強迫性障害など、不安や恐怖を主症状とする心の病気の改善に有効です。近年では、うつ病や適応障害、不登校、依存症など心理的苦痛や問題に対しても効果が期待できるとされ、欧米では積極的に取り入れられている治療法です。
 まず、心理カウンセラーと一緒に「現実に目を向ける訓練」をして認知の修正を行います。次に「元気があれば何でもできる」(内から外)ではなく、「何かをすれば元気が出る」(外から内)という行動をすることにより、問題を解決します。また、達成可能な宿題を出し、患者さんに「こういうことをすればうまくいくんだ」という達成感を体験、これらを積み重ねて意欲を高めてもらう治療法です。
 
 

診察の流れ

白を基調とした院内。ソファの配置などプライバシーに配慮しています
白を基調とした院内。ソファの配置などプライバシーに配慮しています
【1】完全予約制のため、下記に電話またはFAX で予約を
【2】予約した日時に来院し、個室で各治療方法を簡単に説明
【3】検査し、皆さんに適した治療とカウンセリングを実施
※全て保険適用外(全額自己負担)です
※検査費8,900円、治療費4,000円〜18,000円(全て税別)
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2016年5月28日号掲載)
 
 

ハンス心療内科クリニック

【住所】 広島市中区銀山町4-17 大同生命ビル1F
【電話番号】 082-247-5577  
【受付時間】 月〜土/9:00〜18:00
【休診日】 日曜日、祭日、第1・第3水曜日、年末年始、お盆   
クーポン・読者特典 掲載一覧へ
クーポン・読者特典 掲載一覧へ
口コミサイト『みてみて広島』でクチコミをチェックしてね
口コミサイト『みてみて広島』でクチコミチェック♪ 検索
 
 

バックナンバーを見る  【掲載記事】

 

Google マップ


 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt