リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年8月5日号 夏こそ爛好僖ぅ広疚と香りでシャキッ
2017年8月5日号

夏こそ爛好僖ぅ広瓠時短キーマカレーレシピ付き
2017年8月5日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
【リビング インタビューコーナー】 さまざまな分野でキラキラと輝きながら活躍する人物を紹介します 【記事一覧へ】

 素敵人

この地に生まれたことの意味を考え 「ヒロシマ」を発信し続けたい

NPO法人ANT-Hiroshima理事長 渡部朋子さん

NPO法人ANT-Hiroshima理事長 渡部朋子さん(「リビングひろしま」2016年5月28日号掲載)
NPO法人ANT-Hiroshima理事長 渡部朋子さん
 
 
 「原爆は、人間だけではなく、すべての生き物の上に落とされたもの」と語る渡部朋子さん。20歳のときの祖父の死をきっかけに、“生”と“死”について深く考え、広島に生まれた意味を強く意識するようになったといいます。「父母たちが体験した“ヒロシマ”についてもっと知りたいという思いに突き動かされ、被爆者の方や、原爆について知る方に会いに行って教えを乞い、多くを学びました。そんな私の姿を見て、それまであまり被爆体験を語ることのなかった母が、少しずつ話してくれるようになったんです」。“ヒロシマ”への思いはより深まり、一生かけて向き合いたいと思うように。
 
 結婚後、3人の子どもを育てながら、夫の法律事務所の事務長に。その後、身近な出来事をきっかけに、国際平和活動にも携わるようになりました。1989年にANTHiroshimaを設立。「サダコの絵本プロジェクト」をはじめ、被爆樹木を守り育てるプロジェクトや国際協力事業などを通じ、“ヒロシマ”の意味を発信し続けています。国内外、どこへでも出かけて行って、直接伝える。これが渡部さんの信念です。「初めの一歩は勇気がいるけれど、踏み出してみればなんとかなるもの」と、こぼれるような笑顔で語る渡部さん。疲れたときは、被爆樹木に“会い”に行くそう。惨禍を生き延びた命が、パワーを分け与えてくれているようです。
 
 

PROFILE  渡部朋子(わたなべともこ)さん

1953年広島市生まれ。特定非営利活動法人ANT-Hiroshima理事長。法律事務所の事務局長を務める傍ら、まちづくりや国際協力・平和教育・平和文化交流などの市民活動に携わり、1989年にANT-Hiroshimaを設立。“平和都市”広島を活動の拠点とし、「世界の、そして1人1人の平和づくり」を目標に、ヒロシマの経験と思いを伝えながら、市民や子どもたち、広島を訪れる海外の研修生などを対象に、国際理解や平和教育を実践している
※写真は同法人が行っている「サダコの絵本プロジェクト」により、ネパール語に訳された絵本。4月末、渡部さんによってネパールの子どもたちに届けられました
 
 
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2016年5月28日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHIMBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt