リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年8月5日号 夏こそ爛好僖ぅ広疚と香りでシャキッ
2017年8月5日号

夏こそ爛好僖ぅ広瓠時短キーマカレーレシピ付き
2017年8月5日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
【リビング病院ガイド】 広島の総合病院・病院・医院・クリニック・診療所・歯医者など エリア別で探す! 診療科目別で探す! 

田中歯科  TEL : 082-543-6477

顎の骨が痩せて総入れ歯が固定できない
インプラントで安定し、食事や会話も快適に

 

デンタル相談 

マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
田中歯科の田中強院長にインタビュー 
 
 歯科の最新医療について、西本雅子コンシェルジュが田中強院長に聞きました。
 
 

【Q】全ての歯を失って総入れ歯を使っている人の中には、入れ歯が固定されず、すぐに落ちて困ると悩む人も多いようですが…。

 
 
田中強院長
    田中強院長
【A】  無歯顎(歯のない総義歯)の場合、口を開けたり、くしゃみをした際などに入れ歯が落ちると悩む人は多いですね。入れ歯が動くので人とうまく話ができず、人前に出るのがおっくうになったり、入れ歯と歯茎の間に食べ物が挟まって痛いためおいしく食事ができないなど、快適な暮らしを妨げているケースも。
 そんなとき効果的なのがインプラント。顎の骨がやせて奥歯(臼歯)にインプラントを埋入するのが難しい場合でも、骨幅の安定した前歯には可能です。写真のように、上下に4本ずつ埋入し、このインプラントに入れ歯を留める装置を付け、入れ歯側にもゴムのリングを入れて固定できるようにします。今使っている入れ歯を使用することもできます。入れ歯が安定し、硬い物でも食べられるようになりますよ。経験と技術が必要な外科手術。臨床数を見て実績がある医院を選びましょう。まずは専門医に相談を。
 
 
 
 
上下の顎にインプラントを装着
上下の顎にインプラントを装着
 
インプラントに入れ歯を留める装置(アタッチメント)を付けます
インプラントに入れ歯を留める装置(アタッチメント)を付けます
入れ歯にはゴムのリングを入れて、インプラントと入れ歯が止まるように固定。カチャッと止まり、取り外しもスムーズ。総入れ歯でも大丈夫
入れ歯にはゴムのリングを入れて、インプラントと入れ歯が止まるように固定。カチャッと止まり、取り外しもスムーズ。総入れ歯でも大丈夫

 

 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年7月22日号掲載)
 
 

 

田中歯科   【インプラント】【出張】【公認コンシェルジュ】

【住所】 〒730-0051 広島県広島市中区大手町2-5-11-802
【TEL】 082-543-6477
【診療日】  木曜日・金曜日・土曜日
【診療時間】 9:00〜13:00  14:00〜18:00
※出張インプラントあり 
 

田中歯科  TEL : 082-543-6477

歯と歯の間の隙間、放っていませんか
見た目だけでなく、虫歯や歯周病の原因に

 

デンタル相談 

マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
田中歯科の田中強院長にインタビュー 
 
 歯科の最新医療について、西本雅子コンシェルジュが田中強院長に聞きました。
 
 

【Q】歯並びの悪さやすきっ歯などを放っている人がいますが、問題ないのでしょうか。

 
 
田中強院長
    田中強院長
【A】 歯並びが悪かったり、歯と歯の間に隙間があると、食べ物が詰まりやすくなり、歯周病や虫歯の原因になることも。見た目の印象も悪く、人の視線を気にして口元に手を当てて話したり、口を開けて笑えないという人もいるようです。
 43歳男性の場合、上の前歯に幼少時から隙間があり、見た目も悪く、歯周病も気になっていたとか。しかし、歯の間を詰めるには歯を削って大き
な歯をかぶせる必要があると言われ断念。その後、転んで前歯を打ち、根っこからウミが。すきっ歯も解消すべく、前歯2本を抜くことに。両サイドの歯を削るブリッジはしたくないとのことで、インプラント治療を行うことになりました。
 インプラント治療は、顎の骨に人工の歯根を埋め込んで歯をかぶせるので、健康な歯に負担を掛けることがなく、見た目も美しく整います。経験と技術が必要な外科手術です。臨床数を見て実績がある医院を選びましょう。専門医に相談を。
 
 
もともと隙間のあった前歯を転んで打ち、放っておいたことでウミが出るように
もともと隙間のあった前歯を転んで打ち、放っておいたことでウミが出るように
前歯2本を抜き、インプラント入れた状態
前歯2本を抜き、インプラント入れた状態
2カ月後、インプラントの頭出しをしてヘッドを取り付け、歯をかぶせます。すきっ歯も解消し、自然で美しい見た目に
2カ月後、インプラントの頭出しをしてヘッドを取り付け、歯をかぶせます。すきっ歯も解消し、自然で美しい見た目に

 

 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年6月24日号掲載)
 
 

田中歯科  TEL : 082-543-6477

入れ歯が合わないあなたへ
インプラントで、おいしく食事ができる幸せを

 

デンタル相談 

マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
田中歯科の田中強院長にインタビュー 
 
 歯科の最新医療について、西本雅子コンシェルジュが田中強院長に聞きました。
 
 

【Q】入れ歯が合わなくて、食事のたびに痛むなど不便を感じている人が多くいますが…。

 
 
田中強院長
    田中強院長
【A】 入れ歯が合わないと、おいしく食事ができませんよね。外している人も多いようですが、歯周病や虫歯、顎関節症などのリスクが高くなってしまいます。
 56歳の男性の場合、上の入れ歯が落ちて、話をするのも、食事をするのも不便で仕方がなく、また入れ歯をつないでいる金属が舌に当たっていつも気になっていたとか。インプラントならば、不便を感じずに済むのではと来院されました。
 インプラント治療は、顎の骨に人工の歯根を埋め込んで歯をかぶせるので、健康な歯に負担を掛けることがなく、入れ歯のように落ちることもありません。自分の歯と同じように何でもかめ、おいしく食事ができるように。入れ歯にありがちな空気の漏れもなく、発音の良い会話が楽しめるようになります。
 インプラント治療は、経験と技術が必要な外科手術です。臨床数を見て実績がある医院を選びましょう。まずは専門医に相談を。
 
 
左右ともに入れ歯を装着していましたが、すぐに落ちていたとか
左右ともに入れ歯を装着していましたが、すぐに落ちていたとか
左側から手術し、その1週間後に右側を手術。自身の血漿(しょう)と人工骨を混ぜ、骨造成しながら治療
左側から手術し、その1週間後に右側を手術。自身の血漿(しょう)と人工骨を混ぜ、骨造成しながら治療
2カ月後、インプラントの頭出しをしてヘッドを取り付け、歯をかぶせます
2カ月後、インプラントの頭出しをしてヘッドを取り付け、歯をかぶせます

 

 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年5月27日号掲載)
 
 

田中歯科  TEL : 082-543-6477

長期間の入れ歯使用で歯茎に痛みが…
減少した骨を造成し、インプラント治療

 

デンタル相談 

マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
田中歯科の田中強院長にインタビュー 
 
 歯科の最新医療について、西本雅子コンシェルジュが田中強院長に聞きました。
 
 

【Q】長期間の入れ歯使用で、歯茎などに痛みが出ることはありますか。

 
田中強院長
    田中強院長
【A】  入れ歯を支える歯茎が痩せてしまったり、歯を支える骨が減少する骨吸収が起こり、歯茎に負担がかかって痛みが出ることも。45歳の男性の場合、片方のみに長期間入れ歯を使用していましたが、入れ歯のガタツキがひどくなり、歯茎に痛みがあると来院。下顎の骨吸収が起こり、さらに潰瘍を作ったことが原因でした。今後ますます骨吸収が進むと考えられます。インプラント希望でしたが、このままでは難しく、まず骨造成を行うことになりました。
 インプラントを埋入する部分の骨が十分でないと、インプラントの先が神経に当たり、口唇のまひを起こす危険があります。またインプラントを浅く埋入すると、数年で離脱してしまいます。そこで、患者さんの血液を採取して骨を再生する能力のある血漿(しょう)を取り出し、人工骨と混ぜ、骨造成を行うことで治療が可能です。経験と技術が必要な外科手術です。臨床数を見て実績がある医院を選びましょう。まずは専門医に相談を。
 
 
左右の顎の吸収の度合いの違いが一目瞭然
左右の顎の吸収の度合いの違いが一目瞭然
顎の骨吸収が進んだ部分に骨造成を実施。インプラントを入れ、歯茎をかぶせ、骨が固まるまで3カ月待ちます
顎の骨吸収が進んだ部分に骨造成を実施。インプラントを入れ、歯茎をかぶせ、骨が固まるまで3カ月待ちます
3カ月後にインプラントの頭出しをしてヘッドを取り付け、歯をかぶせます
    3カ月後にインプラントの頭出しをしてヘッドを取り付け、
    歯をかぶせます

田中歯科   【インプラント】【出張】【公認コンシェルジュ】

【住所】 〒730-0051 広島県広島市中区大手町2-5-11-802
【TEL】 082-543-6477
【診療日】  木曜日・金曜日・土曜日
【診療時間】 9:00〜13:00  14:00〜18:00
※出張インプラントあり

 

 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年4月29日号掲載)
 
 

田中歯科  TEL : 082-543-6477

インプラントの定期検診は必要?
動いたり、痛みがある場合はすぐに専門医へ

 

デンタル相談 

マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
田中歯科の田中強院長にインタビュー 
 
 歯科の最新医療について、西本雅子コンシェルジュが田中強院長に聞きました。
 
 

【Q】インプラントは一度装着すると放っておいて大丈夫だと思っている人が多いようですが…。

 
 
田中強院長
    田中強院長
【A】 インプラント治療で入れた歯は周りの組織と密着していないため、歯肉とインプラントの間に食べ物などがたまり、歯ブラシではキレイに取れないこともあり、専門的なケアが必要です。放っておくと、プラーク(歯垢)が歯肉とインプラントの間に侵入し、インプラントを支えている骨を溶かしてしまいます。
 また、定期的にかみ合わせの調整をしないと、インプラントに負担が掛かり過ぎ、インプラントの動揺(ガタガタ動くこと)が起こります。
 10年以上前にインプラント入れ、そのまま放っておいた62歳の男性の場合、インプラントが徐々に動くようになり、痛みとともに周囲から膿が出て口臭が気になり始め、来院。インプラントは一生持つものではありません。長期間維持するためには、定期健診を受け、口腔内を清潔に保つことが大切です。
 経験と技術が必要な外科手術。臨床数を見て、実績がある医院を選びましょう。専門医に相談を。
  
 
インプラントを支える骨が溶けて(黒くなっているところ)、膿が溜まった状態
インプラントを支える骨が溶けて(黒くなっているところ)、膿が溜まった状態
インプラントを除去し、膿をかきだし、骨を造成
インプラントを除去し、膿をかきだし、骨を造成
インプラントを入れ、歯茎をかぶせ、骨が固まるまで3カ月待ちます
インプラントを入れ、歯茎をかぶせ、骨が固まるまで3カ月待ちます
3カ月後にインプラントの頭出しをして、ヘッドを取り付け、歯をかぶせます
3カ月後にインプラントの頭出しをして、ヘッドを取り付け、歯をかぶせます
自分の歯のように自然で美しい見た目に。ぐらつくこともなくなりました
自分の歯のように自然で美しい見た目に。ぐらつくこともなくなりました

 

 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年3月25日号掲載)
 
 

田中歯科  TEL : 082-543-6477

長年のブリッジでグラグラに
健康な歯の負担をなくし、見た目も美しく

 

デンタル相談 

マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
田中歯科の田中強院長にインタビュー 
 
 歯科の最新医療について、西本雅子コンシェルジュが田中強院長に聞きました。
 
 

【Q】長期間のブリッジ使用で、健康な歯に負担がかかり、痛みが出ることはありますか。

 
 
田中強院長
    田中強院長
【A】 ブリッジは両隣の健康な歯を削り、その歯を支えにして歯をかぶせます。長年使用することで、支えの歯に負担がかかり、ブリッジの動揺(ガタガタすること)が起こることもあります。
 54歳の女性の場合、支えの歯3本で大臼歯5本のブリッジを作成し、装着していましたが、痛みを訴えて来院。支えの歯に負担が掛かり過ぎ、耐えられなくなったのが原因でした。ブリッジを継続するのは難しく、義歯は入れたくないとのことで、インプラント治療を行うことになりました。
 インプラント治療は、顎の骨に人工の歯根を埋め込んで歯をかぶせるので、健康な歯に負担を掛けることがほとんどありません。骨量が十分でないと治療できませんが、患者さんの血液を採取し骨を再生する能力のある血漿(しょう)を取り出し、人工骨と混ぜ、骨造成を行うことで治療が可能です。経験と技術が必要な外科手術。臨床数を見て実績がある医院を選びましょう。まずは相談を。
 
 
支えの歯3本で、大臼歯5本のブリッジをした状態。ブリッジの下は骨がなく、空洞に
支えの歯3本で、大臼歯5本のブリッジをした状態。ブリッジの下は骨がなく、空洞に
骨が十分でないと治療できないため、骨が足りない部分に骨を造成します
骨が十分でないと治療できないため、骨が足りない部分に骨を造成します
インプラント入れ、歯茎をかぶせ、骨が固まるまで3カ月待ちます
インプラント入れ、歯茎をかぶせ、骨が固まるまで3カ月待ちます
3カ月後にインプラントの頭出しをしてヘッドを取り付け、歯をかぶせます
3カ月後にインプラントの頭出しをしてヘッドを取り付け、歯をかぶせます
見た目も美しく整い、若々しい印象に。自分の歯と同じようにかめるようになります
見た目も美しく整い、若々しい印象に。自分の歯と同じようにかめるようになります
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年2月25日号掲載)
 
 

田中歯科   【インプラント】【出張】【公認コンシェルジュ】

【住所】 〒730-0051 広島県広島市中区大手町2-5-11-802
【TEL】 082-543-6477
【診療日】  木曜日・金曜日・土曜日
【診療時間】 9:00〜13:00  14:00〜18:00
※出張インプラントあり

 

 
 

田中歯科  TEL : 082-543-6477

育児、仕事、介護…気が付けば歯がガタガタ
インプラントで、今年は若々しく元気に!

 

デンタル相談 

マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
田中歯科の田中強院長にインタビュー 
 
 歯科の最新医療について、西本雅子コンシェルジュが田中強院長に聞きました。
 
 

【Q】育児や介護に追われ、歯が悪くても歯科医に行けず、歯が抜けるなど悪化させてしまう女性が多いようですが…。

 
 
田中強院長
    田中強院長
【A】 子どもや親のことばかりで、自分を振り返る余裕がなく、全てが一段落し、ふと気が付くと歯がガタガタ―という人は多いですね。恥ずかしくて人前では手で口を隠したり、口臭が気になって話せなかったり。見た目も老けて見られがちです。これからの人生を楽しむためにも、美しい歯と若々しさを取り戻してほしいですね。
 お薦めはインプラント治療。入れ歯やブリッジとは違い、顎の骨に人工の歯根を埋め込んで歯をかぶせるため、健康な歯に負担を掛けることがほとんどなく、見た目も美しく整います。顎の骨が十分でないと治療はできませんが、患者さん自身の血液を使う再生療法の一つ「PRP療法」により、骨が足りない部分には骨を造成することが可能になりました。経験と技術が必要な外科手術なので、臨床数を見て、実績がある医院を選びましょう。
 
 
インプラントの事例。自身の歯はほとんど残っていない状態から、自分の歯のように自然に。歯が抜けてそしゃく力が衰え、頬の筋肉がなくなり、老けて見られていましたが、よくかめるようになったことで頬が引き締まり、若々しい印象に
インプラントの事例。自身の歯はほとんど残っていない状態から、自分の歯のように自然に。歯が抜けてそしゃく力が衰え、頬の筋肉がなくなり、老けて見られていましたが、よくかめるようになったことで頬が引き締まり、若々しい印象に

 

 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2017年1月28日号掲載)
 
 

田中歯科  TEL : 082-543-6477

インプラントにメンテナンスは必要?
動いたり、痛みがある場合はすぐに専門医へ

 

デンタル相談 

マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
マイティス アロー インプラントの公認コンシェルジュの西本雅子さん(田中歯科勤務)
田中歯科の田中強院長にインタビュー 
 
 歯科の最新医療について、西本雅子コンシェルジュが田中強院長に聞きました。
 
 

【Q】インプラント治療をすると、定期的なメンテナンスなどは必要ないと思っている人が多いようですが…。

 
 
【A】 インプラント治療で入れた歯は周りの組織と密着していないため、隙間に菌が入りやすくなっています。隙間に菌が入って炎症が起こると、歯がぐらついたり、痛みが出ることもあります。急性な痛みなら分かりやすいのですが、慢性の場合は分かりにくいのが難点です。動いたり、痛みがある場合は、すぐに専門医へ相談しましょう。
 歯周病などになる可能性もあるので、自身での日々のケアはもちろん、歯科衛生士による専門的な口腔内のアフターケアが必要です。定期的にケアをすることで長持ちすると同時に、もしも炎症などが起こっていたとしても、早期発見、早期治療が可能になります。
 インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込んで歯をかぶせ、元の歯があった状態に回復させるものです。他の歯を削ったり、負担を掛けたりしないので、健康なときと同じ力強いかみ心地が得られます。ただし、経験と技術が必要な外科手術なので、臨床数を見て、実績がある医院を選びましょう。
 
 
両隣の歯は虫歯に、欠損部は歯肉がへこんでいる
両隣の歯は虫歯に、欠損部は歯肉がへこんでいる
両隣の歯の虫歯を治療。欠損部に歯肉を増殖し、審美的に整形
両隣の歯の虫歯を治療。欠損部に歯肉を増殖し、審美的に整形
インプラントを埋入
インプラントを埋入
インプラントに歯をかぶせ、歯ぐきも整形。自然な仕上がりに
インプラントに歯をかぶせ、歯ぐきも整形。自然な仕上がりに
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2016年10月29日号掲載)
 
 
 
クーポン・読者特典 掲載一覧へ
クーポン・読者特典 掲載一覧へ
口コミサイト『みてみて広島』でクチコミをチェックしてね
口コミサイト『みてみて広島』でクチコミチェック♪ 検索
 
 

バックナンバーを見る  【掲載記事】

 

Google マップ


 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHIMBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt