リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年6月24日号 夏休みに親子で体験「リビングこども未来はっけん大学」
2017年6月24日号

夏休みに親子で体験「リビングこども未来はっけん大学」
2017年6月24日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

LIVING Selection

東日本大震災のこと 簡単には語れない
でも、今だからこそ伝えたい

 
 
9枚目のアルバムを発表したカリスマ ラッパー

LGYankees(エルジーヤンキース)

LGYankeesさん(「リビングひろしま」2016年3月12日号掲載)
LGYankeesさん
 
  2月10日に、2年ぶり9枚目のアルバムを発表したLGYankeesさん。アルバムのコンセプトが“コラボ”というだけあって、全曲がゲストアーティストとの共演。クリフエッジさん、重盛さと美さんなど、LGYankees さんのストレートな生き方に共感して実現しました。中でも、シャ乱Qのはたけさんとのコラボ曲『星に願いを』は、東日本大震災の復興メモリアルソング。「震災当日、余震が続く中で、はたけさんたちが作った曲を、どうしてもこのアルバムに入れたかった」と振り返ります。
 
 LGYankeesさんは宮城県石巻市出身。あの日、東京から仙台に戻る途中で知った故郷の惨状。22時間かけて仙台に戻ると、すぐさま救援隊がなかなか入れない地域を中心に、水や食料を自らトラックを運転し、届けて回ったそうです。「5年が経って、今ようやく冷静に災害について受け入れられるようになりました。忘れてはいけないし、決して忘れられないこと。だからこそ、『星に願いを』をメモリアルソングとして、伝えていきたいです」と語ります。
 
 このたびのアルバムで、もう一つの注目曲が、大人の愛を表現した『Diamond Story withNoa』。LGYankeesさんが手掛けるウエディングソングはこれで5 曲目です。どの曲も“結婚式場で選ばれる曲”ランキングで、上位にランクインするほどの人気ぶり。ずっと大切にしたい曲として、若い女性から支持を集めています。ウエディングソングを作り始めたきっかけをうかがうと、「ラッパーとしてメジャーデビューが決まった時、母に曲を聞いてもらったところ、何を言っているか聞き取れないと言われたんですよ」と笑います。以後、母親にも伝わる音楽を作るよう心掛けています。
 
 サングラスにキャップ、迷彩柄のジャケットと、エッジが立ったその姿とは裏腹に、歌声は優しく、曲調は温か。ファンからは、このギャップが魅力だとか。ラッパーLGYankees のイメージをくつがえしてくれるアルバムです。
 
取材・文/ 土井 美幸(広島リビング新聞社所属ライター)
 
 

PROFILE    LGYankees(エルジーヤンキース)

宮城県石巻市出身。2000年にLGYを結成。2007年にLGYankeesに改名。メジャーデビュー曲『Dear Mama』を小田和正さんと歌いたいという熱い思いから直談判。その熱意に快諾を得て完成し、オリコンデイリーランキングでトップテン入りを果たす。他にも、渡辺美里さんとのコラボ曲や、大友康平さんをゲストに迎えての『 ff(フォルテシモ)』のカバーなど、大胆で行動的な活動を展開。自身の作品以外にも数々のアーティストの作品をプロデュースしている
 
 
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2016年3月12日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt