リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年11月11日号 夫婦リンクコーデでお出掛け「心もリンク」
2017年11月18日号

夫婦リンクコーデでお出掛け「心もリンク」
2017年11月18日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【神石高原ティアガルテン】 自然と遊び、自然から学ぶ 有機農業家に教わる有機野菜の栽培&有機野菜を使ったランチ  広島県神石郡神石高原町上豊松72-8
【今年は2days!!】ヒューマンフェスタ2017ひろしま 開催決定!
【募集中】 2017年10月29日(日)「工場研学会」  1日体験して楽しみながら家づくりが学べる「工場研学会」。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

LIVING Selection

ヒットソングは僕の宝物
今は、ハートフルな歌声を届けたい

 
 
かっこいい大人は、穏やかで優しく熱い

KATSUMI(かつみ)

KATSUMIさん(「リビングひろしま」2016年2月20日号掲載)
KATSUMIさん
 
 あのハイトーンボイスは健在! デビュー25 周年を迎えたシンガーソングライターのKATSUMIさんが、先月、ライブツアーで広島を訪れました。ヒット曲から弾き語りまで、18曲を熱唱。若い世代から、同世代のアラフィフまで、KATSUMI さんのハートフルな歌声に包まれました。
 
 1990年代に、数々のヒット曲に恵まれて大ブレイク。「君を離さない」は、1994年に開催された広島アジア大会のイメージソングに起用され、KATSUMIさんにとって広島は、大切な場所の一つです。
 
 「ブレイクして、まさしく御輿(みこし)に乗っている状態を経験してしまうと、変なプライドが邪魔をして、いろいろと考えてしまう時期もありました。でも50歳になると、そんなこだわりがカッコ悪く思え、もっと自由に、自然の流れに身を任せています」と爽やかなほほ笑み。「でもヒット曲は、私の宝物。あの時代があったからこそ今の自分がいるんだ」とも…。
 
 そうしたKATSUMIさんの心境の変化となるできごとがありました。2008年に、特攻隊をテーマにした弾き語り曲『恋文』を発表したときのこと。「あの時代に生きた人たちがいたから、今の自分たちがいる。その人の気持ちをどう受け止め、どう寄り添い、どう伝えていけばいいのか…」と思い悩む日々。「自分だから伝えられることがあるはず」と、行動を起こすことで迷いが晴れたと明かします。
 
 現在、ヴォーカルトレーナーとして音楽塾を立ち上げ、後進の指導にあたっています。「歌のうまさは人それぞれ。自分らしさが出せたらいいんです。私は、その人なりの歌声を見つけるお手伝いをしているだけです」と話します。
 
 4月からは、「アンフェイディングツアー」が始まります。KATSUMIさんのハートフルな歌声が、きっとあなたの心に届くはずです。
 
 
取材・文/ 土井 美幸(広島リビング新聞社所属ライター)
 
 

PROFILE    KATSUMI(かつみ)

1965年10月20日、茨城県日立市出身。1990年4月25日にデビュー。2ndシングル「危険な女神」が、カメリアダイヤモンドのCFソングとして使用される。その後「Yes、抱きしめて」「JustTime Girl」「It’s my JAL」など、数多くのCMタイアップ曲や、ヒット曲を送り出している。2000年からは、ウルトラマンの歌をうたう3人組ユニット「Project DMM」にも参加
 
 
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2016年2月20日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt