リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年8月5日号 夏こそ爛好僖ぅ広疚と香りでシャキッ
2017年8月5日号

夏こそ爛好僖ぅ広瓠時短キーマカレーレシピ付き
2017年8月5日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
【リビング インタビューコーナー】 さまざまな分野でキラキラと輝きながら活躍する人物を紹介します 【記事一覧へ】

 素敵人

「好きなことをとことんやる」自由に輝ける居場所づくりを

ギャラリスト 木村 成代(しげよ)さん

ギャラリスト 木村 成代さん(「リビングひろしま」2015年10月31日号掲載)
ギャラリスト 木村 成代さん
 
 
 「私、高校のとき、人生設計図っていうのを作っていたんです。この間、偶然見つかったんですけど、そこには獣医になって、アーティストとお年寄りと障害のある人たちが一緒に暮らす“芸術村”をつくる、って書いてあって…」と笑う木村さん。
   
 獣医にはならなかったけれど、26歳のときに起業を決意。自宅近くでギャラリー開き、その後、さまざまな形でアートを支え続けてきています。平和公園の元安川に1,000 本の和傘を逆さに浮かべ、“核の傘”について人々に問いかけるという、大きなイベントを企画したことも。“岡本太郎の壁画を広島へ”という運動にも尽力。「私はなんの力もないただの市民だから、大勢の人の力を借りるだけ」。アートを通じて、みんなの思いを一つにつないできました。
 

アートは療育になる

 2012年、「アートは療育になる」という思いから、障害を持つ子どもたちのための放課後デイサービス、ボーダレスアートスペースHAP を設立。スタッフはほとんどがアーティスト。子どもたちはスタッフに導かれ、絵を描いたり、物を作ったりして思い思いに過ごします。「ここは子どもたちが、好きなことだけをして過ごす場所。大人はただ見守るだけ」。生きづらさを抱えた子どもたちが、瞳を輝かせて過ごせる魂の居場所。“芸術村”への思いが、いま実を結びつつあるようです。
 
 

PROFILE  木村成代さん

広島市出身。母親の影響で、中学卒業後東京の自由学園で学ぶ。帰広後、ギャラリーを開業。「ギャラリーG」理事。「(一社)ボーダレスアート研究会」代表理事。
 
 
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2015年10月31日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHIMBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt