リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年8月5日号 夏こそ爛好僖ぅ広疚と香りでシャキッ
2017年8月5日号

夏こそ爛好僖ぅ広瓠時短キーマカレーレシピ付き
2017年8月5日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

弁護士山下江の“納得”法律のプロに聞け!

夫と同居している別の女性に慰謝料請求はできますか  【相談者/44歳(女性)】

Q  私の夫は、6年前に家を出て、4年くらい前から別の女性と同居しています。私と夫とは戸籍上は婚姻関係が続いております。このたび、夫から正式に離婚しようと言ってきました。同居している女性に対し、慰謝料を請求できますか。

弁護士山下江の“納得”法律のプロに聞け!
 
A  その女性に慰謝料請求(損害賠償請求)できるかどうかは、夫とその女性(第三者)が男女関係に入ったときに、あなたと夫との婚姻関係が、すでに破綻していたか否かにかかります。

 最高裁の判例では、「婚姻関係がすでに破綻していたときは、特段の事情の無い限り、第三者は、不法行為責任を負わない」とされています。 逆にいうと、女性が夫と男女関係になったときに、まだ婚姻関係が破綻していたといえない場合には、原則として、慰謝料請求ができます。
 

Q  慰謝料請求には、時効があると聞いたことがあるのですが。

 
A  そうですね。慰謝料請求が成り立つとしても、消滅時効が成立していた場合には、請求ができなくなります。

 ちなみに、あなたが夫に対して行う慰謝料請求は、離婚が成立するまでは時効は進行しませんが、第三者(別の女性)に対しての慰謝料請求については、離婚の成立と関係無しに時効が成立してしまう場合もあります。

 これも最高裁の判例ですが、第三者に対する慰謝料請求権は、「一方の配偶者が、同居関係を知ったときから、それまでの間の慰謝料請求権の消滅時効が進行する」としたものがあります。慰謝料請求の消滅時効は3年ですから、同居関係にあることが判明した場合には、なるべく早く、第三者に対しては慰謝料請求をするべきでしょう。
 
 
まずは専門家へ相談を
まずは専門家へ相談を

弁護士 山下江さん

弁護士 山下江さん
広島弁護士会所属
広島市中区 山下江(やましたこう)法律事務所

「山下江法律事務所」のホームページはコチラ
  
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2015年8月22日号掲載)
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHIMBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt