リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年4月29日号 アンガーマネジメントでイライラ軽減「静まれ!怒りモンスター」
2017年4月29日号

アンガーマネジメントでイライラ軽減◆怒りのタイプと対策法
2017年4月29日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

弁護士山下江の“納得”法律のプロに聞け!

新築マンションが雨漏りして悩んでいます…  【相談者/43歳(女性)】

Q 6年前に新築マンションの部屋を購入したのですが、このところの降り続く雨で雨漏りが生じてしまっています。売り主に対して修繕や損害賠償など請求することができるのでしょうか。

弁護士山下江の“納得”法律のプロに聞け!
A  新築マンションであるならば、品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)により、売り主に対し補修請求や損害賠償請求が可能です。同法では、売り主は買い主に対し、住宅を引き渡したときから10年間、構造耐力上主要な部分または雨水の浸入を防止する部分の瑕疵(かし・欠陥)につき担保責任を負うと定められています。
 通常の売買の瑕疵担保責任は1年間ですが、住宅は一生の買い物でもあるため、担保期間を延長したものです。この期間は特約で短縮することはできません。
 ですから、購入から6年は経過していますが、補修等の請求ができることになります。
 
 


Q 中古住宅の売買に関しては、1年間しか担保責任はないのですか。

 
 
A  品確法は新築住宅についての規定ですので中古住宅(既存住宅)については適用がなく、中古住宅に関し、住宅保証機構株式会社の保証がなされているか否かにより異なります。
 売り主が同社が販売している「まもりすまい既存住宅保険」に入っていれば、「構造耐力上主要な部分」については引き渡された日から5年間、「雨水の浸入を防止する部分」については引き渡された日から原則2年間(最長5年まで延長可能)担保責任を負うことになります。
 雨漏りなどの瑕疵や不具合を発見した場合は、独自で修理せず、売り主ないし最寄りの住宅保証機構に連絡するようにしてください。
 
 
大きな買い物、家のトラブルは専門家へ
大きな買い物、家のトラブルは専門家へ

弁護士 山下江さん

弁護士 山下江さん
広島弁護士会所属
広島市中区 山下江(やましたこう)法律事務所

「山下江法律事務所」のホームページはコチラ
  
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2015年6月20日号掲載)
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt