リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年4月22日号 緑の中で森呼吸 森のハイキングやネイチャーゲームについて森の達人たちに教えてもらいました 【森のハイキングの注意点】
2017年4月22日号

達人が伝授★森のハイキングやネイチャーゲーム・ハイキング注意点付き
2017年4月22日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

弁護士山下江の“納得”法律のプロに聞け!

家の建っている土地を戻す必要はありますか   【相談者/62歳(女性)】

Q 30年前に親戚から土地を使ってもよいと言われたので、自宅を建てました。この度、その土地を買ったという人が訪ねて来て、建物を壊して土地を明け渡してくれと言ってきました。私たちは、出て行かなければならないのでしょうか。

弁護士山下江の“納得”法律のプロに聞け!
A  出て行かなくてはならないかどうかは、自宅(家)の所有者が土地の買主に対抗できる借地権を有しているかどうかで決まります。借地権は建物所有を目的とする地上権および賃借権のこと。「対抗できる」ためには、借地権の登記か借地上の建物の登記が必要です。
 


Q  もちろん、建物登記はしてあります。




A  では、その土地の賃料は支払っているのでしょうか。賃料の支払いがなければ、「借地」とは言えませんので。
 


Q  その点なんですが、最初は賃料は無料で、固定資産税の支払いを当方が行うのみでした。もちろん、お中元やお歳暮は毎年していましたが。しかし約10年前からは、知人から賃料を支払った方が良いと言われ、親戚に言ったところ、月3万円の地代を支払うことになりました。相場の半分くらいの賃料です。

 
 
 
 
 
A  微妙ですね。地代と称するものがあまりに低額だと、それは「賃料」とは言えず、土地の貸借関係は「使用貸借」(無償での貸借)であり、「賃貸借」ではない、だから借地権は発生しないということになります。
 しかし本件の場合、安いとはいえ、相場の約半分の賃料を支払っていたのだから、借地権は成立すると考えてよいと思います。そうすると、今回この土地を購入した人は、土地賃貸人の地位を引き継いだことになるに過ぎず、相談者は出て行かなくてもよい、ということになります。
不動産トラブルは専門家に相談を
不動産トラブルは専門家に相談を

弁護士 山下江さん

弁護士 山下江さん
広島弁護士会所属
広島市中区 山下江(やましたこう)法律事務所

「山下江法律事務所」のホームページはコチラ
  
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2015年4月18日号掲載)
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt