リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年10月21日号 女性と健康「急増する帯状疱疹(たいじょうほうしん)」
2017年10月21日号

女性と健康「急増する帯状疱疹」
2017年10月21日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【募集中】 2017年10月29日(日)「工場研学会」  1日体験して楽しみながら家づくりが学べる「工場研学会」。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

LIVING Selection

悲劇の中で見える希望の光のような
人間の底力を感じてもらいたい

 

加藤和樹

加藤和樹さん(「リビングひろしま」2015年3月7日号掲載)
加藤和樹さん
 
 トニー賞を受賞したミュージカル「タイタニック」。2013年にトム・サザーランドの新演出で、タイタニック号に乗船した人々の群像劇として生まれ変わり、3月にBunkamuraシアターコクーンで上演される。主役の設計士アンドリュースに抜擢されたのが、近年、ミュージカル俳優としての活躍がめざましい加藤和樹さん。「オーディションで初めてトムさんに会って印象的だったのは“クラシカルに歌い上げるよりは、感情を前面に出して歌ってほしい”と言われたことです。これまで演じてきた役が、自分の気持ちを歌うことが多かったので、それがよかったのでは、と感じています」。
 
 豪華客船タイタニック号の栄光と悲劇を描くこの作品。事故の原因の一端は設計士のアンドリュースにもある。「船長、オーナー、設計士で責任を押し付けあう歌があるんです(笑)。でもアンドリュースは自分のミスを認めたくない気持ちもあるけれど、今、自分にできることを考えて動ける人だったんですね。小さい子供や女性を先に救命ボートに載せたり。もし自分がその状態になったら人のことは考えられないと思う」。加藤さん自身がピンチになったら「一人じゃ何もできないときには、すぐに人に助けを求めます(笑)」。本当に困った時、頼れる人がいるのは、加藤さんの誠実な人付き合いの賜物だ。
 
 今回、加藤さんは初の座長も務める。「“カンパニーは楽しく”がモットー。言いたいことが言い合えるといいですね。この作品は登場人物それぞれの物語があり、スポットが当たり、一人ひとりが主役だと思うんです。その中での自分の立ち位置を見極めたいと思います」
 
 この作品に込められたメッセージを尋ねると「希望を抱き、未来に向けて出発した船が沈没してしまうという、絶望と悲劇の物語ですが、その中にも光が見える、希望がある。人間の底力を感じてもらえればと思います」。静かな闘志を秘めた目で、力強く締めくくってくれた。
 
 
取材・文/石黒香(リビング新聞編集部) 撮影/中島優子
  
 

PROFILE

1984年10月7日、愛知県生まれ。2005年ミュージカル「テニスの王子様」で脚光を浴び、2006年CDデビュー。シンガーとして日本武道館ほかで単独ライブツアーを行うなど、精力的に活動中。俳優としてもドラマ・舞台で活躍。近年は本格的にミュージカルに出演。

4/29(水・祝)にミニアルバム「EXCITING BOX」をリリース
5/2(土)から全国ツアーを開催
詳細はhttp://katokazuki.comで。
ミュージカル「タイタニック」のチケットはチケットファンで販売中
http://living-ticket.eplus.co.jp


 
 

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2015年3月7日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt