リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年4月22日号 緑の中で森呼吸 森のハイキングやネイチャーゲームについて森の達人たちに教えてもらいました 【森のハイキングの注意点】
2017年4月22日号

達人が伝授★森のハイキングやネイチャーゲーム・ハイキング注意点付き
2017年4月22日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

このひとにあいたい 【話題人登場】

いじめ防止には、子どもが主体となって取り組むこと

教育評論家 尾木直樹さん(尾木ママ)

教育評論家 尾木直樹さん(尾木ママ)(「リビングひろしま」2015年2月21日号掲載)
教育評論家 尾木直樹さん(尾木ママ)
 
 
 「みなさん、どうも〜」と、柔らかい口調で客席側から登場した“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹さん。2月1日に西区民文化センターで、いじめについて考える講演会の講師として招かれました。 
 
 2011年、大津市内の中学校で発生したいじめ事件で、第三者調査委員会委員を務めた尾木さん。その時の教訓から「学校は閉鎖的で、教師が一つ捏造(ねつぞう)すると、周りの大人が仲間となり、隠ぺいを繰り返してしまいがち。だから、教師以外にも子どもたちや保護者などから証言を得て、事実確認をし、真実を明らかにすることが必要です」と、力を込めて訴えました。
 
 さらに、いじめを防げなかった周囲の子どもたちは、自分を責め続ける傾向があるので、心のケアを徹底的にしないと傷を負いながら大人になってしまうと心配します。
 
 いじめのメカニズムとして、加害者はいじめ行為を遊びだと思っていることが多く、事態が悪化していくと指摘。そうした状態を防ぐには「いじめを早期に発見・解決できるような子どもたち主体の取り組みが不可欠」ときっぱり。東京のある小学校では、子どもたち自らがいじめ防止のルールを作ったり、日々の生活で楽しかったことを投稿できるポストを設置して、それを校内放送するといったことが行われているそうです。
 
 「広島県は教育関係のNPO法人の活動が盛んな印象があり、システム的には整っていると思います。うまく連携を取っていけるかがポイントでしょう」と、期待を込めて締めくくりました。
 

PROFILE

1947年、滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、教師として22年間勤務。その後、臨床教育研究所「虹」を設立し所長となる。教育評論家、法政大学教職課程センター長・教授の他、テレビやラジオへも出演。「尾木ママ」の愛称で親しまれている
 
 
 
  

提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2015年2月21日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt