リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年4月22日号 緑の中で森呼吸 森のハイキングやネイチャーゲームについて森の達人たちに教えてもらいました 【森のハイキングの注意点】
2017年4月22日号

達人が伝授★森のハイキングやネイチャーゲーム・ハイキング注意点付き
2017年4月22日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

暮らしの気になる数字

みかん・アンケート結果 2014/12/20〜2015/1/8

好きなだけ食べられるなら1日2〜3個

 
 みかんが「大好き」40%、「好き」39%。そんな皆さんは、冬場にみかんを「毎日食べる」40%、「週に2〜3回食べる」9%。週に1回以上食べている人は80%という結果になりました。一番好きなみかんは「温州みかん」を挙げた人が最も多く、62%となっています。もし、「好きなだけ食べていいよ」と言われたら、1日に食べる個数は右の通り。「2〜3個以上」が最も多く、35%を占めましたが、「10個以上」を選んだ人も16%いました。
 
 

1.あなたは、みかんが好きですか。

1.あなたは、みかんが好きですか。
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「大好き」40%、「好き」39%と、8割近い人が好きを選ぶ結果となりました。「大好き」な人を年代別に見ると、20代・60代で45%以上と多く、逆に40代では28%と低くなっています。男女差は見られませんでした。「嫌い」を選んだ人は0でした。
 
 

2.みかんのどんなところが好きですか(みかんが「大好き」「好き」な人)

 
・冬を感じられる果物で、ビタミン豊富で甘くておいしいところ。見た目も丸くて可愛い。(女性・25歳)
・甘いだけでなく酸っぱさがいい感じ。繊維まで食べるのが好き。しかも、ビタミンなど体にいいものもたくさん入っていて嬉しい。(女性・27歳)
・甘酸っぱくてビタミンがたくさんとれるところ。いくつでも食べられるところ。(女性・29歳)
・皮を剥いた時に感じる、みかんのほのかな香りと味が好きです。他の果物と違って食べ終わっても皮からミカンの香りがするので、気持ちがリフレッシュされる所も好きです。(女性・29歳)
・みずみずしい感じと程よい甘さが好きです♪(女性・30歳)
・甘酸っぱくて、水分があるし安く手に入る。(女性・33歳)
・手軽に食べられるところ。(女性・37歳)
・手軽に食べることができる。ビタミンCが入っていて、風邪に対する抵抗力がつく。(男性・47歳)
・甘くてジューシーなところ。(男性・49歳)
・酸味と甘さのバランス。(男性・49歳)
・嫌味の無い味と食べやすさ。(女性・51歳)
・甘いけど、甘過ぎなくてさわやかな酸味がすっきり。食べ飽きない味。楽にむけて、日持ちがする。(女性・52歳)
・包丁を使わず、手軽に食べられること。味は程よく酸味が効いていて、ジューシーなこと。(女性・53歳)
・簡単に皮をむいて食べられる。特にこの頃のミカンはアマ酸っぱい。ビタミンCたっぷりって感じ。(女性・56歳)
・食べやすくて、カリウム豊富なところ、風邪予防や美容にもよいし、普段気軽にもとめられるので。(女性・60歳)
・食後に食べたら一層美味しいです。以前、リビングで焼きミカンが紹介されていましたが、これも最高に美味しいです。(女性・61歳)
・あますっぱさと水分が多いから。(男性・62歳)
・手軽で、各自で好きな時に食べられる。皮を剥いて提供しなくて良い。(女性・63歳)
・見た目も食欲をそそるし、ジューシー。 すぐに食べられて、皮処理も楽。いくつでも食べられるし、ウオーキングや旅行に便利。保存も冷蔵庫でなくても日持ちする。(女性・65歳)
・酸味が少ない「完熟みかん」を食べる時は至福の喜びです。(男性・68歳)
・甘さの中に酸味もあり、脂肪がほとんどないのでスポーツ時に最適である。(男性・73歳)
 
 
 
 

3.なぜ、みかんが嫌いですか(みかんが「あまり好きでない」人)

 
・味が好きではない。おばあちゃんが食べるイメージ。手に色がつくし、匂いがある。(女性・25歳)
・お腹がゆるむ。(女性・40歳)
・味があまり好きではないし、皮をむくと爪が黄色くなるのが嫌だから。(女性・44歳)
・皮をむくと爪の間が黄色くなるし、味もあまり好きではない。(女性・44歳)
・消化が良くないから。(女性・48歳)
・子どもの頃に食べ過ぎたのか、珍しくないのでほとんど食べない。(女性・50歳)
・胃が弱いので、食べると胃もたれするように思う。(女性・53歳)
 
 
 
 

4.「みかん、バナナ、りんご、ぶどう、柿、もも、メロン、梨、スイカ、いちご、パイナップル、さくらんぼ、いちじく、栗」の中で、みかんは何番目に好きですか

 
4.「みかん、バナナ、りんご、ぶどう、柿、もも、メロン、梨、スイカ、いちご、パイナップル、さくらんぼ、いちじく、栗」の中で、みかんは何番目に好きですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「3番目」を選んだ人が最も多く、25%。以下「4〜5番目」「2番目」という結果となりました。1〜5番目を選んだ人が78%と多く、ナンバーワンではないけど、好みのフルーツランキングでは上位に挙げたいもののようです。
 
 

5.一番好きなみかんはどれですか

5.一番好きなみかんはどれですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「温州みかん」を選んだ人が最も多く、全体の62%を占めました。2位は「デコポン」で19%、3位は「ネーブル」11%となっています。「温州みかん」を選んだ人は、男性よりも女性に若干多く、男性58%に対して女性64%となっています。
 
 

6.冬場、どのくらいの頻度でみかんを食べますか

6.冬場、どのくらいの頻度でみかんを食べますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
40%が「毎日食べる」を選ぶ結果となりました。男女別に見ると、男性44%、女性38%と男性が若干高くなっています。年代別では、60代が最も高く53%、好き・嫌い同様40代で最も低く21%となっています。
 
 

7.「好きなだけ食べていいよ」と言われたら、1日に何個まで食べますか

7.「好きなだけ食べていいよ」と言われたら、1日に何個まで食べますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「2〜3個」が最も多く35%、次いで「4〜5個」29%という結果になりました。みかんを「あまり好きではない」人の約半数も個数を選んでいます。一方「10個以上」を選んだ人は16%。その内73%が「みかんが大好き」、23%が「みかんが好き」な人でした。
 
 

8.何を目安にみかんを買いますか(複数回答)

8.何を目安にみかんを買いますか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位「値段」、2位「甘さ・味」、3位「産地」になりました。1位の「値段は」2/3が選ぶ結果となっています。また、3位には「産地」がランクイン。産地にこだわりが多い人がうかがえる結果となっています。
 
 

9.みかんは、ジャムやゼリー、ケーキに食材として使われます。周防大島では郷土料理として「みかん鍋」があります。鍋に丸ごとみかんが入っているダイナミックな料理です。みかんの意外な食べ方をご存知の方はお教えください

 
 
 
・みかんの実ではないけど、皮をレモンピールのようにしてお菓子に使ったりします。(女性・27歳)
・作ったことはありませんが料理のレシピを見ているとオレンジソースというものをよく目にします。鶏肉に合わせていることが多いけれど。。どんな味なのかなぁ〜・・・。(女性・28歳)
・意外ではないかもしれませんが、大きいみかんは実をくり抜いてゼリーを作り、また詰め直して皮付きのみかんゼリーを作って食べています。毎年みかんを1箱いただくので、毎年恒例です。(女性・31歳)
・みかんの皮のマーマレード(女性・36歳)
・コンロで皮ごと焼いて食べる。おいしくはないですよ、苦いだけ。とんどで焼きたいが出来ないので家で。(女性・37歳)
・パンにのせて食べる。(女性・38歳)
・ホットみかんジュース(女性・38歳)
・ミカンの皮を酢の物と一緒にあえる。(女性・41歳)
・親が大島だが、みかん鍋は知りません。茶がゆならよく食べていましたが。あと、傷んだ以外の場所のをミキサーにかけてジュースにしていました。(女性・45歳)
・お餅に包む。(女性・46歳)
・昔はストーブで焼いたりしていましたが、今はジューシーで甘いものが多いので、向かないですね。ポテトサラダにも合うと思います。(女性・49歳)
・風邪をひいたときに、皮ごと焼いて熱いうちに食べる。(女性・50歳)
・マカロニサラダに、リンゴの薄切りと缶みかんを入れると子ども向きになり美味しい。(女性・51歳)
・特別なことはしないのですが、ヨーグルトのトッピングぐらいかな。(女性・60歳)
・みかんをたっぷり野菜に混ぜてサラダにする。そして、ご飯のおかずとして食べる。とっても「おいしい!」(男性・62歳)
・記憶にあるのは、皮をゆでてゆで汁はお風呂に、皮は砂糖をかけて食べた。50年以上前の記憶です。(男性・65歳)
・甘くなく小さいミカンは、絞り器でジュースにしています。(男性・66歳)
・両手で転がして、みかんの皮と実が離れるくらいにやさしく転がして食べます。(男性・69歳)
・おもちつくときにいれる。(女性・76歳)
 
 
 
 
 

10.みかんの消費量が減っているそうです。消費量を高める方法があればお書きください

 
 
・広島れもんのようにもっとテレビで取り上げられたり、塩レモンならぬ、塩みかんなどレシピが出回れば、消費量は上がると思います。(女性・28歳)
・こたつを各家庭におけばみかんの消費量も増えると思う。(女性・29歳)
・普段の食生活に使えるような調味料としての加工品や食事方法があれば良いのではないでしょうか(塩レモンや塩麹のように)。もしくは女性向けに美容に関する商品(食べ物や化粧品など)を開発するとか。(女性・30歳)
・みかんには、β-クリプトキサンチンが他の柑橘に比べて非常に多く含まれており、これには強力な発ガン抑制効果があるとの報告があるとニュースで見ました! お店の売場に、このような健康効果があることを書いてアピールし、たくさんの人に知ってもらい、購入につながれば消費量が上がるのではと思います。(女性・31歳)
・クレヨンしんちゃんがみかんのCMをやっているように、みんなが知っているキャラクターがみかんのCMをする。(女性・36歳)
・冷凍ミカンの商品化、販路拡大、輸出。(女性・36歳)
・体にとって、美にとって良いところをもっと女性にアピール。男性にもお昼のお弁当に1つ足す手軽さを。コンビニにおくとか。(女性・38歳)
・こたつ人口を増やす。(女性・38歳)
・みかんの生産地で有名な愛媛で、みかんの食パンを食べました。とてもおいしかったです。グアムでは、オレンジで炊き上げたライスがおいしかったです。いろいろな食材に試して、みかん三昧でコンテストを開いてはいかがでしょうか?(女性・44歳)
・希少価値、でしょうか。 新しい信頼できるブランド合戦になりつつありますが・・・。 保育園・小学校などの給食に活用されたり、お菓子とコラボしたり・・・。(女性・49歳)
・味に当たりはずれがないように出荷時の管理徹底。(女性・51歳)
・缶みかんが手間なく食べられて好きですが、国産の缶詰は値段が高いので真空パック等値段が手ごろになると、もっと食卓にのるかも。(女性・51歳)
・今まで1個売りなんて見たことがありませんでしたが、今年初めて見かけました。1個からなら買う人もいるのではないかしら。(女性・53歳)
・皮を剥きやすくすればいいのでは。(男性・53歳)
・買ったミカンが傷んでいることや腐っていることがある。選ぶときに慎重になる。特に箱で昔は買っていたが、止めた。欲しい時に買うようにしている。昔みたいに安くないのも、買わない理由かもしれない。また、品質、産地より保管状態や取扱いが気になる。赤いネットで美味しそうに見えても、実際は皮が硬かったり、中身がしぼんでいたりすることもある。試食があって、安心して買えたらいいのかな。(女性・56歳)
・食後のデザートに最高だということをPRしていく。(女性・61歳)
・最近は、甘くないみかんは珍しい位ですが、それでも糖度表示をして、確実に甘い事をアピールして欲しい。 手軽に食べられる利点を更に生かす意味で、皮ごと食べられるとかごみを出さずに食べられる品種を出して欲しい。(女性・66歳)
・毎年買いに行く店では顧客に案内を送り、知り合いに広めてほしいとのアピールをしています。待っているだけではだめで販路を広げる取り組みがいる。県外の人たちは瀬戸内のミカンを初めて食べてファンになったと言います。営業努力が必要。(男性・66歳)
・みかんの人気が無いのは、販売されているミカンは、青い未熟な実を収穫するので酸味が強くて美味しくないからです。みかんの木に果実が付いたまま完熟させて出荷する良心的な販売対策が必要だと思います。(男性・68歳)
・昔はみかんの木を1本単位で売り出していました。時期が来たら家族で収穫に行っていました。 近頃はそれも無理かな?人手がなくて、 みかんの花が咲くころから、貸し出せば好きな人は育てるのでは!。(男性・69歳)
・子どもにしっかり味を覚えさす。(女性・76歳)
 
 

11.みかんにまつわるエピソードがあればお書きください。

 
・こたつにみかん、と、祖母も母もよく冬になると言いながら食べています。甘いねといいながら私は、よく意味分からんと言いますが、これも家族団らん、冬ならでは日本ならではだなと。核家族が多いなか、いいなと。みかん嫌いですが、このときばかりはみかんいいなと思います。だって他のフルーツかこんで、みんなでってなかなかないでしょ?(女性・25歳)
・美白のためには夜にみかんを食べたほうがよいと聞きました。(女性・28歳)
・私が目を離したすきに、2歳になる息子がミカンを見つけて、購入してきた一袋のほとんどを、自分で皮を剥いて食べていたことに驚きました。(女性・29歳)
・給食のまねをして冷凍みかんを自宅でしてみて、凍りすぎて解凍に時間がかかった!(女性・30歳)
・小学生だった頃、給食に出ていた冷凍みかん。休みの人がいて、余った冷凍みかんは、いつもジャンケンで争奪戦でした。勝った記憶はないのですが懐かしい思い出です。(女性・31歳)
・子どものころ、ミカンのおへそのデコボコがオス、メスだと教えられた。そして出べそ(出っ張り)あるほうが、オスで甘いときたものだから、わが家のみかんは、オス争奪戦から始まっていました(^^)(女性・42歳)
・義母さんの実家がミカン農家で、主人は子どものころからミカンをよく食べていたらしく、皮の抜き方が独特でしかもむくのが速い。それを子どもらが真似て学校の給食の時にしていたら、皆に「名にそのむき方?!」とびっくりされたらしい。(女性・44歳)
・冬場になると、箱買いして会社に持って行って食べていますが、昼休み時間中に食べていると、仕事の話しがあると上司に呼び出されたが、みかんを食べながら話を聞いていると美味しそうな匂いがするとうらやましがられた。(男性・47歳)
・昔は、給食や駅弁で、冷凍ミカンがありましたよね。冷たかったー。ミカンの缶詰も食後の定番でした。(女性・49歳)
・子どもが小さい頃、主人がみかんを持って子どもと一緒に入浴し、湯船につかって二人で仲良く食べていました。火照った体で食べるみかんは、とても美味しかったそうです。懐かしい〜。(女性・50歳)
・子どもの頃はおやつがみかんしかなくて、姉妹で競って食べていました。箱単位で買っていましたがすぐになくなりました。(女性・50歳)
・冬になるとみかんを箱買いしてあり、寒い廊下にみかんの箱がおいてあり、食べたくなるとこたつから出る者に「みかん持ってきて」と頼んで、こたつで食べていた。食べ過ぎると手が黄色くなるという噂話があったが、まさにその通り、黄色い手のひらをしていた。(女性・52歳)
・ミカンの皮をぷしゅっと押してしぶきを出して、ルームコロン的にしていたことがありますね。(女性・53歳)
・田舎育ちの私は、小さい時は、ミカンは貰うものだと思っていた。父とミカン風呂にして、ジュクジュクにして遊んだりした。怖い父だったが、水鉄砲だと両手で水を飛ばして顔によくかけられたものだ。楽しかったなあ〜また、赤ちゃんにミカンをやると、すごい顔をしてベーと出していたなあ。大人は大笑い。子どもがいる時が一番家に明るさがあったなあ。(女性・56歳)
・バイトの工事現場の監督から、食べろとみかん一箱貰った時はうれしかった。いまでも、そこの工事現場を通ると思い出して懐かしいです。(男性・59歳)
・子どもの頃は、家庭の庭先に、何らかのみかんの樹がありました。が、今のように、甘くはなかった様に思います。ストーブの上で焼いて食べたのを思い出します。(女性・60歳)
・10年前に山に登った時、頂上で一つのみかんを夫と分け合って食べたことが忘れられません。(女性・61歳)
・小さい頃、お風呂の中に浮いている「ゆず」を「みかん」と間違えて食べたことがあります。 いやーー、とっても香りはよかったのですが、味はやっぱり酸っぱくてまずい。(男性・62歳)
・やはり、50年以上の遊びの記憶です。みかんを、房ごとにバラバラにおいて、糸を通した針で釣る遊びです。(男性・65歳)
・広島県呉市大崎下島の「ゆたか農協」から出荷されるブランド品の「大長みかん」は、皮が薄くて酸味も少ないので凄く美味しいです。我家の恒例行事として、正月明けの1月に自家用車で御手洗地区に行き、大長みかんを大量に購入して、広島に持ち帰って食べています。(男性・68歳)
・昭和45年長男が生まれて2年目の冬、父と母が柳井に遊びにきて周防大島の「ヒクマ」にみかん狩りにいきました。生成りを収穫してみんなで楽しく食べました。その長男は45歳になり、孫も高校1年と中1となりました。 父と母は早くに亡くなり思い出だけを、残してくれています。 私達夫婦はこれから思い出を何を言われようが、作っていきたいです。(男性・69歳)
・私の息子は蜜柑大好きで、中学生の頃まで蜜柑の皮をむいて1房ずつに離し、白い筋を取ってきれいに並べてから食べていました。今ではあまり好きではないようです。何があったのでしょう?(女性・69歳)
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女143人回答
男性・45人(31%)
女性・98人(69%)
 
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
うちは冬場になると、家族皆好きなので、みかんを常備しています。
そして冬になると早々にこたつを出します。
みかんの消費量が落ちていると言われていますが、うちでは変化なしです。
こたつでみかん、昭和の風景ですが、一番落ち着きます。
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt