リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年6月24日号 夏休みに親子で体験「リビングこども未来はっけん大学」
2017年6月24日号

夏休みに親子で体験「リビングこども未来はっけん大学」
2017年6月24日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

マイロード vol.7 【妻たちのリレーエッセイ】 夫婦とは、自分らしさとは・・・

夫婦は十人十色

川野 登美子さん

川野 登美子さん
数年前から、年に一度、2 人だけでの旅行を楽しんでいます(2012年3月15 日に山口市の菜香亭で撮影)
 
一般的な夫婦のあり方として、夫の事業を陰で支える妻が美徳とされる日本社会にあって、私たち夫婦は、長い間その逆をしてきたように思います。
 
 私たちの世代は、女性が外で動き回ることをよく思わない男性が多かったものです。うちの場合、外で活動する私を陰で支えてくれたのは、一番身近な夫でした。
 
 1995年、古い体質の布団販売業から、ウエディング業へと事業を転換。「ウエディングプロデュース」という言葉がまだ聞き慣れない時代、斜陽産業から脱皮し、新たな事業展開へと試行錯誤していました。夫は内勤、私は営業の最前線で飛びまわり、夫婦二人三脚で奮闘。そのころの私は夫に不満ばかりで、事あるごとに火花が散っていました。そんな時、ある“学び”のセミナーがきっかけで、夫婦のあり方は、十人十色だと思うようになりました。私が表舞台で活躍できたのは、紛れもなく夫の理解と応援があったから。私は、夫の包み込むような大きな愛に支えられていたのだと、そのセミナーで気付かされました。
 
 その後すぐ、第二創業という方法で息子に事業を委ねました。今は、私にとって孫のようにかわいい若い社員さんも一緒になって、会社を守ってくれています。
 
 昨年夫は、肺がんの手術を受けました。少々体が弱っているようで、昔の面影は薄れてきました。結婚して50年を超えた今、夫に感謝の気持ちでいっぱいです。これからは夫に寄り添って、思い切り、私流の“内助の功”に励みたいです。
 
 

川野 登美子さんのプロフィル

安田女子短期大学を卒業後、蠅わのに入社。21歳で結婚して今年で51年目。現在は(株)かわの相談役。元広島県中小企業家同友会代表理事。最近は、能や謡、書道などの日本文化に興味を持って取り組んでいます。
 夫は、同社会長の川野哲生さん。息子は、ハウスウエディング会場を経営。
 
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2014年11月8日号掲載)
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt