リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビングひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年4月29日号 アンガーマネジメントでイライラ軽減「静まれ!怒りモンスター」
2017年4月29日号

アンガーマネジメントでイライラ軽減◆怒りのタイプと対策法
2017年4月29日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

暮らしの気になる数字

相続・アンケート結果 2014/8/9〜2014/8/21

相続について不安がある人は53%

  
 これまで親などから「相続をしたことがある」人は29%。その際にトラブルが発生した人は10%。兄弟間でのトラブルが起きたようでした。相続の経験者は少ないですが、相続に対して「不安がある」人は53%(上)。年代別に見ると、40代でその割合が最も高く61%、次いで60代以上58%となっています。不安を感じる理由としては「財産の分割のこと」を選んだ人が最も多く、次いで「相続税対策のこと」となっています。
 
 
 

1. あなたやあなたの配偶者は、これまで親御さんから相続したことがありますか

1. あなたやあなたの配偶者は、これまで親御さんから相続したことがありますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「はい」を選んだ人は29%。親からの相続ということで、40代以上が選び、年代が上がるにつれその割合が多くなっている結果となりました。
 
 

2. 相続時にトラブルがありましたか(親から相続したことがある人)

 
2. 相続時にトラブルがありましたか(親から相続したことがある人)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
トラブルが「あった」人は10%にとどまる結果となりました。
 
 

3.来年から相続税の基礎控除額が引き下げられ、より多くの人が相続税を払うことになります。そのことを知っていましたか

 
3.来年から相続税の基礎控除額が引き下げられ、より多くの人が相続税を払うことになります。そのことを知っていましたか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
約1/4が「内容までよく知っている」を選ぶ結果となりました。年代によって認知度・理解度が異なり、内容までよく知っている人は20代では0%、30〜50代は20%、60代以上は42%となっています。相続は親から子というケースが多いため、やはり年代が高くなるにつれ、関心が高くなっているようです。
 
 

4.あなたは、相続について不安がありますか

 
4.あなたは、相続について不安がありますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「はい」を選んだ人は53%となりました。詳しく見ると、40代で最も高く61%、次いで60代以上58%となっています。40代では親の相続、60代以上では親の相続に加え、ご自身から子への相続で不安があると推測されます。
 
 

5. 相続についての不安、主な理由は何ですか(不安があると答えた人)

 
5. 相続についての不安、主な理由は何ですか(不安があると答えた人)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
前の質問で「はい」を選んだ人のうち95%が回答しました。最も多かったのは「財産の分割のこと」で、約半数が選びました。2位は「相続税対策のこと」となっています。
 
 

6.相続で不安に思っていることを具体的にお書きください

 
 
●財産の分割のこと
・兄弟がいますが、親が遺言でも残してくれないと、しこりが残りそうでいやですね。(女性・34歳)
・兄弟3人がそれぞれ親名義の注文住宅、マンションに住んでいるが、購入価格が違うのでもめることがあるのではないか?(女性・41歳)
・兄弟3人います。現金ではない財産はどうやって財産分与するのか不安です。(女性・44歳)
・義妹さんと疎遠なため、いざ相続となると、何を言ってくるかわからなく、また自分中心の義妹だから、勝手なことをしそうだから。(女性・50歳)
・認知症で要介護2の母親を、小学校の教師をしている妹が母親をだまし、自宅に連れ帰り通帳等を取り上げ、面倒を見ている。母親が生きているうちに預金等の金を引き出し自分のものにする、または自分に有利な遺言書を書かせるのではないかと思っている。(男性・57歳)
・誰にいくら残すか、その決め方。(男性・70歳)
 
●相続税対策のこと
・固定資産の相続について、現金はないのに莫大な相続税がかかりそう。(女性・43歳)
・親名義の財産をいつ自分名義に変えたらお得か知りたい。(女性・47歳)
・税額が大きくなる点(男性・50歳)
・子どもが払えるかどうか。(男性・68歳)

●借金の相続のこと
・義両親が借金をしているよう。(女性・31歳)

●遺言書のこと
・祖夫母、義父母、実父母と存命で、誰一人きちんとした遺言書を用意していない。年長者から順に亡くなった場合問題がなさそうだが、そうならなかった場合に資産の洗い出しや墓の管理など誰が責任を持って手配するか一切決まっていない。(女性・36歳)

●相続対策のしかた
・どこで相談するのかわからない。(女性・47歳)
・相続税が変更になると聞いたことがあるが、詳しくわからないので、不安。財産の多少にかかわらず、一般知識としてきちんと知っておきたい。(女性・64歳)
・不動産が多いので。(男性・68歳)
 
 

 
 

7.相続について不安がない、関心・関係ない理由は何ですか(不安がない、関心・関係がないと答えた人)

7.相続について不安がない、関心・関係ない理由は何ですか(不安がない、関心・関係がないと答えた人)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
前の質問で「いいえ」「関係がない・関心がない」を選んだ人のうち76%が回答しました。最も多かったのは「財産があまりないから」で、約半数が選びました。2位は「相続についてまだ考えたことない」となっています。
 
 

8.今後あなたは、親などから資産を相続する可能性がありますか

 
8.今後あなたは、親などから資産を相続する可能性がありますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「ある」58%、「ない」20%、「分からない」22%という結果になりました。「ある」を選んだ人は20〜50代。50代で最も高く65%でした。また「ある」を選んだ人のうち、相続について「不安がある」人は69%となっています。
 
 

9.今後あなたは、子どもなどに資産を相続する可能性はありますか

 
9.今後あなたは、子どもなどに資産を相続する可能性はありますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「ある」48%、「ない」11%、「分からない」41%という結果になりました。「ある」人は50代で最も多く55%、次いで40代44%、60代42%となっています。
 

10.相続が争族にならないよう、なんらかの検討をおこなっている人にお聞きします。何をしていますか

 
10.相続が争族にならないよう、なんらかの検討をおこなっている人にお聞きします。何をしていますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
「遺言書の作成」を選んだ人が最も多く、次いで「生前の贈与を行っている」となっています。孫の教育資金を1500万円まで非課税で贈与できる新制度が2013年から始まりましたが、今回「教育資金贈与を行っている」を選んだ人は0でした。
 
 

11.相続について具体的な検討をお書きください

 
●遺言書の作成
・ひな形に沿って作成している。(女性・51歳)
・エンディングノートを買っています。(女性・53歳)
・公証役場で、遺言を書く。(男性・59歳)
・法にそって対処する予定。(男性・68歳)
・後で問題が起きないように出来るだけ詳細に作成中です。(男性・70歳)

●生前の贈与を行っている
・法律的には生前贈与はないが、実質的には生前贈与にあたるかも?(女性・41歳)
・相続について話をしている。(女性・43歳)

●その他
・まだ具体的には何もしていないが検討しないといけないとは思っている。(女性・33歳)
・主人が親に話をしているんじゃないかと思っています。義父母とは気が合わないので、私は話し合いの場には呼ばれません。(女性・50歳)
・生前贈与したいが、不動産が多いので困難。(男性・68歳)
・不動産が多くて生前贈与などできないので。(男性・68歳)
 
 

 
 

12.相続について、トラブルやちょっといい話など、エピソードがあればお書きください。人から聞いた話でも結構です

 
 
・突然叔母がなくなったとき、一人暮らしだったため勝手に家に入り貴金属を持ち出した親族がいた(@_@;)車、ブランド品に貴金属、今まで何も関係を持っていなかった親族があっとゆうまに持って帰ってしまった。預金と現金だけは弁護士がはいって平等にわけられた。人って怖いなと思いました。(女性・31歳)
・生前親が言っていたなど口頭では信用してもらえないなと思いました。(女性・33歳)
・「保険」を活用した相続対策がいいと思います。遺言書を作成するには費用がかかりますが、保険は遺言の役割を持ちます。保険商品によりますが、被保険者がなくなると、資産を増やして、のこしたい人にのこせます。(女性・33歳)
・実の両親から、2人姉妹の姉には家を建ててやったのだから、妹の私にも家を建てたりマンションを購入する際には、出してあげるつもりだからね、と言われて、正直、家や山、田畑など、跡を継いだ姉が全て財産を譲られたように感じ寂しかったので、その言葉は嬉しかったです。(女性・34歳)
・お金が絡むとどんないい家族でもトラブルは起きると思います。兄弟だけではなくその嫁や、旦那など他人が入るので・・・。(女性・37歳)
・仲の良い兄弟でもやはり相続で揉めるというのをよく聞きます。(女性・40歳)
・相続がきっかけで兄弟仲が悪くなったのを聞いたことがあります。(女性・43歳)
・うちの祖母が亡くなった時、父親が、親戚や私たちにも均等に相続のお金を分けてくれ、そのお金をもとに車を買うことができました。とても感謝しています。(女性・50歳)
・仲の良い親兄弟でも必ず分割協議書を作成したほうが良いと思います。(男性・57歳)
・相続の都度、財産が半分になると割り切っている。(男性・58歳)
・銀行に財務コンサルタントがいて、いろいろな相談にのってもらい助かった。(男性・68歳)
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女72人回答
男性・22人(31%)
女性・50人(69%)
 
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
実家の父方・母方両方とも(私から見て)祖父母から親の兄弟への相続の際に兄弟間で多少トラブルがあったようです。
昔は兄弟も多かったので、なかなか結論が出ないとか、親よりも子が先に亡くなっているのでパートナーが参加し、兄弟間では結論が出てもパートナーが猛反対するとか、生きていてもパートナーが納得しないとか・・・。
一時期、親戚間の雰囲気が険悪になって、親がぼやいておりました。

なので、夫の親が亡くなった際は、一切ノータッチ。
相続があったのかなかったのかそれすらも聞いていません。私も夫には一切話すつもりはありません。
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt