リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年10月21日号 女性と健康「急増する帯状疱疹(たいじょうほうしん)」
2017年10月21日号

女性と健康「急増する帯状疱疹」
2017年10月21日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【募集中】 2017年10月29日(日)「工場研学会」  1日体験して楽しみながら家づくりが学べる「工場研学会」。
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

このひとにあいたい 【話題人登場】

地産地消から“志産志消”へ 求められる“志”の見える関係

三重大学副学長 地域イノベーション研究科教授 児玉克哉さん

三重大学副学長 地域イノベーション研究科教授 児玉克哉さん(「リビングひろしま」2014年9月6日号掲載)
三重大学副学長 地域イノベーション研究科教授 児玉克哉さん
 
「近年、地域で取れたものは地域で消費しようという、地産地消の取り組みが広がっています。しかし、限界も見え始めているんですよ」と、問題を指摘する三重大学副学長の児玉克哉先生。
 
 その理由の一つとして限られた地域に供給するだけでは、ビジネスとして拡大できないこと。さらに、“地域のものだから”という理由だけで商品を選ぶのでは、コストや品質への評価が置き去りになってしまうことだそうです。
 
 本当に良いものなら、遠くからでもわざわざ取り寄せて買いたいもの。「作り手の志(こころざし)を、消費者も志を持って評価して買う…、これが“志産志消(しさんししょう)”の考え方です」と唱えます。
 
 この考え方は、農畜産物だけではありません。工業製品も同様で、自動車を例に、「多くの日本人は、国産だからという理由で日本車を購入しているのではなく、性能や価格を評価してのこと。一方、外国車を選ぶ人たちは、そのブランドやデザイン性に共感して買っているはず。どちらも、志産志消の考え方です」。
 
 
消費者の意識変革を
 
 デフレ状況が長引く中で、“安ければいい”という考えが定着し、そのしわ寄せが食の安全を脅かし、低賃金で過酷な労働環境を生み出しています。また、志を持って有機農法に取り組んでいても、値段が高くて売れずに断念するケースも見られます。
 
 「良いものを作っても売れなければ、日本のものづくりは衰退します。作り手は志をしっかり伝え、消費者はそうした情報に関心を持ち、購入という形で、生産者の志を支持することが求められます」。もちろん、価格を抑えようと企業努力することも、志産志消だと先生は補足します。
 
 「現在の大きな課題は作り手の志をどうやって消費者に分かりやすく伝えるか。その良い方法を模索中です」と悩みもチラリ。消費者の価値観の変化が、これからの消費社会をもう一歩進んだものに押し上げると、児玉先生は大いに期待しています。
 
 
 

PROFILE

1959年、広島県安芸高田市生まれ。広島大学大学院を経てスウェーデン・ルンド大で博士号を取得。2004年三重大学人文学部教授、2011年広報・地域戦略センター担当の副学長に就任。専門は国際平和論、地域社会学、NGO論など。三重県地方自治研究センター副理事長、国際平和研究学会事務局長も務める。被爆者問題や平和構築の研究成果から、2012年にインドの非暴力国際平和賞を受賞
 
 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2014年9月6日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt