リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年9月23日号 B1昇格へ再挑戦 広島ドラゴンフライズ プロバスケットボール「B.LEAGUE」
2017年9月23日号

B1昇格へ再挑戦 広島ドラゴンフライズ
2017年9月23日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

LIVING Selection

歌舞伎俳優として成長を続けるために
僕は死ぬまで謙虚でありたい
 

 

尾上 松也

尾上松也さん (「リビングひろしま」2014年8月30日号掲載)
尾上松也さん
 
 歌舞伎、ミュージカルとジャンルを越えて活躍中の歌舞伎俳優、尾上松也さん。
 
 11月に、2011年の初演以来再演を繰り返し、熱烈なファンも多数いるミュージカル「スリル・ミー」に出演する。同性愛者同士の誘拐殺人事件という実話がベースで、登場人物は「私」と「彼」の2人きり。犯罪でしか満たされない「彼」を愛するがゆえに犯罪に加担する「私」…。セットもなく、演奏はピアノ1台だけ、という究極の2人芝居。台本を読んで、オファーに即答したという松也さん。「絶対やらせてほしい、役者としてこんなやりがいのある芝居はない!と思い、ぜひやってみたくなりました」。また、キャスト発表イベントの際、松也さんが「私」役で、柿澤勇人さんの「彼」とペアであると発表された瞬間、「会場から悲鳴のような歓声があがりました」と笑う。「自分でも“オレ、私なんだ…”と思いました(笑)。“私”は自分とはタイプが違う役ですが、柿澤くんと楽しみつつ、2人のスリル・ミーを作り上げて、作品のファンにも納得してもらえるような、私と彼になれたらと思っています」
 
 タイプが違う役といえば、来年放送予定のドラマ「永遠の0(ゼロ)」でも、主人公・宮部(向井理)を憎む男、景浦介山を演じる。「舞台と違い、実際に大自然の中にセットが組まれているリアルさに感動してテンションが上がり、楽しく性格の悪い人をやらせていただきました(笑)」 とはいえ、松也さんの核は、やはり歌舞伎。座頭を務める自主公演「挑む」は今年で6年目を迎える。「歌舞伎には、型と多くの決まり事があります。これでいいんだと形だけ作ればいくらでも形になる。でも、それで良しとしてしまうと何も成長しない。歌舞伎俳優として、死ぬまで謙虚でありたいと思っています」。
 
 元気の源はスイーツ。大好きな生クリームは大盛りに。「太りやすいので食事は気をつけているんですが、甘い物に関しては一切妥協をしない(笑)。食べたいと思ったら食べるのがストレス発散法です」。
 
 
 
取材・文/石黒香(リビング新聞編集部) 撮影/齋藤ジン
 
 

PROFILE

1985年1月30日東京生まれ。O型。1990年5月「伽羅先代萩」の鶴千代役で二代目尾上松也を名乗り初舞台。現在は歌舞伎以外でも幅広く活躍中。8 月は自主公演「挑む」、9月は新橋演舞場「舟木一夫特別公演」、11月は天王洲 銀河劇場ミュージカル「スリル・ミー」に出演。チケットはチケットファンで発売。「チケットファン」で検索を。コラム「エンタメ異文化交流録」はブタコメで http://ent.living.jp/


 
 
提供:広島リビング新聞社
(「リビングひろしま」2014年8月30日号掲載)

リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt