リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年4月22日号 緑の中で森呼吸 森のハイキングやネイチャーゲームについて森の達人たちに教えてもらいました 【森のハイキングの注意点】
2017年4月22日号

達人が伝授★森のハイキングやネイチャーゲーム・ハイキング注意点付き
2017年4月22日号

バックナンバー
 
広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
リージャスクレストゴルフクラブ ロイヤルアドベンチャー
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

暮らしの気になる数字

お墓選び・アンケート結果  2014/7/12〜2014/7/22

自由に選べても「従来の先祖代々のお墓」を選ぶ

  
 入るお墓が決まっている人は55%。最も多かったのは「夫の先祖代々のお墓」でした。今決まっていない人は、「探してもいない」人が最も多く、お墓のない人の58%を占める結果となっています。約半数はお墓が決まっている皆さんですが、自分で自由に選べる場合でも、「従来の先祖代々のお墓」を望む人が最も多く38%。また墓所形態を合わせると72%と、これまでのように石や建物で「自分の墓所」があることを望む人が多い結果となっています。
 
 
 

1. あなたが入るお墓がありますか

1. あなたが入るお墓がありますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
お墓がある人は55%。入るお墓として最も多かったのは「夫の先祖代々のお墓」で、69%が選ぶ結果となりました。一方、お墓がない人では「今お墓はないし、探してもいない」が最も多く、58%となっています。
 
 

2. あなたの次の代で、お墓を継いでくれる人がいますか

 
2. あなたの次の代で、お墓を継いでくれる人がいますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「決まった人がいる」を選んだ人は16%にとどまり、多くは、継いでくれる人が現時点で決まっていない結果となりました。また、「お墓を継いでもらうことを希望しない」を選んだ人は11%。これまでの「代々お墓を継いでいく」ことが難しい時代となったようです。
 
 

3.もしも自分で選べるなら、どんなお墓や埋葬を希望しますか

 
3.もしも自分で選べるなら、どんなお墓や埋葬を希望しますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
自分で選べるとしても「従来の先祖代々のお墓」を選んだ人が最も多く、全体の38%を占める結果となりました。また「墓所形態」を選んだ人は従来を合わせて72%。一方散骨は28%と、墓所形態を希望する人がとても多い結果となっています。
 
 

4.誰と一緒にお墓に入りたいですか(複数回答)

 
4.誰と一緒にお墓に入りたいですか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
「夫または妻(夫婦)」「子ども」「自分の両親」がトップ3という結果になりました。親、子、夫婦と今関係を築いている人、よく知っている人が選ばれています。一方で、「特にこだわりはない」人が19%、「お墓に入りたくない」人が10%いました。
 
 

5. その人と入りたい理由について具体的にお書きください

 
 
●先祖
・自分たちが生きて来られたのは先祖のお陰であり、楽しく生きれたのは妻、そして子ども達のお陰であるので、お墓に入るのであれば一緒に入りたいと思います。(男性・32歳)
・四国山地の静かな場所であり、江戸時代から続いている墓。(男性・66歳)

●夫または妻(夫婦)
・子どもはいないですし、死んでもやっぱり夫婦で一緒にいたいです。(女性・28歳)
・夫が祭祀を大切に考えていると思うので、それに従いたい。自分と血のつながった人間と同じ墓に入りたいと思わないので、先祖にはこだわりがない。子どもについては子どもやその配偶者の判断に任せたい。(女性・36歳)
・旦那と二人で入りたい。(女性・37歳)
・他に考えられない。(女性・57歳)

●子ども
・我が子となら一緒に入りたい。(女性・44歳)
・夫や夫の家族とはいっしょに入りたくないので、できれば子どもとふたりがよい。(女性・47歳)
・血の繋がった者だけで入りたい。(男性・57歳)

●自分の両親
・死んだ後くらい遠慮の無い人と一緒にいたい。(女性・34歳)
・両親と子どものことが大好きなので。(女性・37歳)
・自分で立てたから。(男性・53歳)

●ペット
・今まで生きてきた中で大事な存在だから。(男性・35歳)
・ペットの遺骨を現在2体自宅に置いている。自分が死んだらペットの遺骨の処分に困るだろうから、一緒に埋めて欲しい。(女性・48歳)

●特にこだわりはない
・今はまだ「死」ということを意識していないので。(男性・41歳)
・死んで骨になってからについてのこだわりはない。ただ、死んだ後に自分のことで家族や誰かを煩わせたくない。(女性・43歳)
・死んだ後の始末は子どもたちに任す。(女性・64歳)

●お墓には入りたくない
・いずれお墓も守る人はいなくなると思うから。(女性・40歳)
・お墓の管理はかなり大変なので私たちの代で終わりにしたい為。(女性・46歳)
・骨になったら自分じゃわからないと思う反面、家族と離れた石の下に置かれると思うと寂しい。ずっと居間に置かれて一緒にいたいと思ったりもする。(女性・58歳)
 

 
 

6.海に散骨する「海洋葬」、樹木を墓標として自然に帰る「樹木葬」、遺灰の一部を飛ばす「宇宙葬」など、多様な供養の形が生まれています。これらについて、あなたの考えに近いものを3つまで選んでください

 
 
6.海に散骨する「海洋葬」、樹木を墓標として自然に帰る「樹木葬」、遺灰の一部を飛ばす「宇宙葬」など、多様な供養の形が生まれています。これらについて、あなたの考えに近いものを3つまで選んでください
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
 
約1/3の人が「自分はしたくないし、葬法としても好ましくない」を選ぶ結果となりました。男性の半数を60代以上が占めていることもあり、これを選んだ人は、女性26%、男性54%と男性の方が多くなっています。60代以上男性では83%となっています。
 
 

6−1.供養の形として、その他何かあればお書きください

 
・詳しくはわかりませんが、旦那のお父様はそうされたと聞いています。特にはじめてきかされて否定的な思いはなかったし、それのやり方で本人が浮かばれるのであれば、賛成です。(女性・28歳)
・葬法としては悪くはないと思いますが、私は普通に火葬してお墓に入れてもらえれば満足です・・・汗(女性・28歳)
・親族で散骨を希望していた人がいましたが・・・ 漁協に許可をとったり、お礼みたいな形でお金を払ったり、船のチャーター代など結構費用がかかったと聞きました。(女性・31歳)
・とくにこだわりは、ありませんが、自分は従来の一般的なものでいいです。変わったことは、そんなにしたいとは、思っていません。(女性・34歳)
・墓標を作らず土に還す「樹木葬」には賛同できるが、その他の新しい方法は、本当に環境へ悪影響を及ぼさないのか、排出するCO2が問題にならないのか、検討してからにしてほしい。特に、宇宙葬は弊害が大きいと思う。(女性・36歳)
・自分は考えてないが、他の人が希望するのならかなえてあげたい。(女性・37歳)
・夫婦二人で海や山にまいてもらい、子どもがどこに住んでも空を見上げた時にでも思い出してもらえればそれでいい。お墓のお手入れ、お参り等省きたい。(女性・37歳)
・骨が存在するから、墓参りや墓守などという煩わしさが続くのだと思う。今までのやり方はこれからの時代にそぐわないので、散骨はこれから増えていくと思う。(女性・43歳)
・自然に還れればなんでもかまわない。(女性・44歳)
・主人は次男なので実家の墓には入れない。子どももいないので、お墓は必要無いと思っている。(女性・48歳)
・散骨なら一人でもさびしくないと思える。(女性・53歳)
・迷惑そう。(男性・53歳)
・見てくれる人がいないなら、海にまくか、納骨堂にするしかない。(男性・62歳)
・故人が希望していたのであればするべき。(男性・63歳)
・人それぞれ考えがあってよいと考えます。(男性・65歳)
 
 
 

7.あなたがお墓を建てるとしたら、何を重視しますか。すでに建てた人は何を重視しましたか(複数回答)

 
7.あなたがお墓を建てるとしたら、何を重視しますか。すでに建てた人は何を重視しましたか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位は「お墓の値段」で、63%が選ぶ結果となりました。長く使われるものなので耐久性や品質、アフターサービスなど気になることは多いものの、やはりまずは価格といった思いがあるようです。
 
 

8.重視する理由を具体的に教えてください

 
 
●お墓の値段
・死んだ後のことなので、質素でいい。(女性・31歳)
・本当は立地が最も大切だと思う。将来子どもが引き継いでくれるとは期待しない方がいいと感じるので、耐久性などは必要ない。(女性・36歳)
・お墓のマンションを買いました。子孫が、途絶える可能性もあるので。(男性・59歳)
・お墓にこだわりはない。(女性・64歳)

●お墓の耐久性
・まず、耐久性は絶対。これは値段が少々高くてもやっぱり譲れないと思います。災害などで潰れていたら縁起もよくないので。。 継ぐ子どもがいない夫婦にとってはアフターサービスがあれば嬉しいですね。(女性・28歳)
・小さくてもいいから丈夫でないと、後で管理する人に迷惑をかける。(女性・51歳)
・半永久にその場所にいるのでしっかりしたものが好ましい。(男性・66歳)

●石材の品質
・長年きれいに保たせたいから。(女性・37歳)
・個性を重要視したいので、材質とデザインは、人がしていないようなものを選びたい。(女性・47歳)

●お店のアフターサービス
・後のことが気になるから。(女性・31歳)
・地震などの後の補修をしてもらいたい。(女性・44歳)
・実家のお墓屋さんはとても良くしてくださるのでそういう方にお願いしたいです。(女性・46歳)

●お墓のデザイン
・外国の様なお墓に憧れるため。(女性・27歳)
・個性を重要視したいので、材質とデザインは、人がしていないようなものを選びたい。(女性・47歳)
・日本の文化を大事にしたい。(男性・53歳)
 

 

9.墓石の値段はどのくらいですか

 
9.墓石の値段はどのくらいですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
前の設問で、先祖代々のお墓に入る予定の人が多く、またお墓がなくても探している人は少ないことから、墓石そのものに対する関心が低いのでしょうか、「わからない」を選んだ人が最も多く44%という結果になりました。
 
 

10.あなたが墓地を探すとすれば、何を重視しますか。すでに墓地を決めた人は何を重視しましたか(複数回答)

10.あなたが墓地を探すとすれば、何を重視しますか。すでに墓地を決めた人は何を重視しましたか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位は「お参りのしやすさ」で62%、2位は「自宅からの距離」で52%が選ぶ結果となりました。価格や設備よりも、まずはお参りしやすい、利便性のよい場所を重視する傾向のようです。
 
 

11.重視する理由を具体的に教えてください

 
●広さ
・車で行きやすいところがいいです。(女性・39歳)
・当時は四国に住んでいたので、場所としても好立地だった。(男性・66歳)

●価格
・身の丈にあったお墓にしたい。(女性・31歳)
・安近短を求めているから。(男性・35歳)

●お参りのしやすさ
・山の上にある墓地があって毎年泣く思いでお参りに行っているから。(女性・37歳)
・年をとっても気軽に通えるところがいい。(女性・47歳)
・墓地を用意するのは、参墓を期待してのことだろうから、参墓者の利便を考慮したい。しかし、私は墓が必要だとは思っていない。(女性・63歳)

●宗派とのかかわり
・実家がその周辺ではマイナーな宗派で、メジャーな宗派の派手な仏壇などが好みではない。主人の母方の宗教が他宗派に対し否定的で時に攻撃的なのがうんざり。(女性・40歳)

●自宅からの距離
・毎日お墓参りをしたい。(女性・44歳)
・実は、以前の家からは近かったのですが、転居したため少し遠くなりました。 我慢しなければなりませんね。(男性・78歳)

●墓地内の設備
・自分以外の人も参りやすく、世話のいき届いた墓地が良い。(男性・62歳)

●管理状況
・毎年数回は訪れるので、行きやすいところがいいです。また、度々お参りというわけにはいかないので管理がなされている方が安心です。(女性・28歳)
・少子高齢化が進展するので、管理のしやすさが最も大切だと思う。無縁になった後や永代供養を手配する事を考えると、広さなど無意味だと思う。(女性・36歳)

 

12.「遺骨をペンダントに入れて手元供養している」「大好きなバイクと一緒に葬ってくれと夫に頼まれた」「友人が自宅で供養できる犇〕棆閥餃瓩鯒磴辰討い洞辰い拭廚覆鼻△△覆燭亮りのお墓エピソードをお寄せください

 
 
 
・私の母親は海にまいてほしいと言っていました。本当にそう思っているかはわかりませんが、理由は聞けなかったです。(女性・28歳)
・我家の墓近くへ家を建てた際に父に頭金を出してもらったら、管理費込みと言われた。(女性・31歳)
・ペットの遺骨を常に身に着けて、ペットの墓所の費用の為に、仕事をしている事。(女性・32歳)
・一周忌の供養の時、親戚が船での食事を用意して散骨しました。そのような事ができることに驚き理想だとおもいました。(女性・37歳)
・私は遺骨をペンダントに入れて手元供養しています。(女性・37歳)
・手元供養している知人はいます。(女性・39歳)
・主人の実家のお墓(父方)を立て直す際、義母が父方の親族にも相談なく自分の好みの今風のにして、主人もびっくり!!(女性・40歳)
・母親は死後分骨されて、自宅・墓・京都の集合墓所の3か所に供養されている。京都に行った際、お参りに行ったが、コインロッカーのような形態で、かわいそうで涙が出た。私だったら入りたくないと強く思った。(女性・43歳)
・我が家の墓は土が良いのか他の墓から飛んできた花の種から芽が出て、墓地にはいつも花がいっぱい咲いています。(女性・44歳)
・近所の墓地に車の形をしたお墓があり驚いた。(女性・46歳)
・自宅の敷地内に、お墓がある知人がいる。毎日参ることができて とてもいいと云っていた。(女性・47歳)
・本家の墓に分家が入ろうとしている。(男性・52歳)
・バイク型の墓石を見た。(男性・53歳)
・家族、知人など、将来世話してもらえない人は、海にまくことになった。(男性・62歳)
 
 

13.紙面でお墓についての特集を考えています。お墓について、あなたの知りたいことや、困っていることなどがあれば教えてください

 
 
・和風、洋風、それぞれのお墓の平均的な値段や、気軽に行くことが出来る墓地があれば知りたいです^ ^(女性・27歳)
・跡継ぎもおらず、旦那に先立たれて本当に一人の方のお墓ってどうなるのでしょうか? 無縁仏に入ることになるのでしょうか? 今、無縁仏が増えていると聞きました。 どうしてですか? よくわからないので教えてください。(女性・28歳)
・どうしてお墓は石(であっていますか?)でできているものが多いのでしょうか。いろんなスタイルのお墓はあるのでしょうか。(女性・28歳)
・宗派もないし、こだわりもありません。子どもに迷惑がかからないような方法で供養してもらえたらいい。(女性・31歳)
・いまの人たちが、どのくらいの頻度で、墓参りをしているのか、知りたいです。(女性・34歳)
・お墓をついでくれる人がいなくなったらどうなるのか知りたい。それはどうやって判断するのか。身内が頼むのか。(女性・34歳)
・墓石の1番良いお掃除のしかた。 お水はかけないほうがいいと聞きましたが本当は?(女性・37歳)
・自分たちで作る人と先祖の墓に入る人どちらが多いのでしょうか。(女性・39歳)
・材質や値段、維持費など見当もつかないので知りたい。(女性・40歳)
・自分と妹には子どもがなく、実家の墓の面倒を見る人がいなくなる。(女性・40歳)
・墓地に除草剤をまいても良いかどうか。(女性・44歳)
・「墓じまい」というのがあるとテレビで知りました。広島にもあるのか知りたいです。(女性・46歳)
・東京では樹木葬などがある様だが、広島でもやっている所があるか知りたい。(女性・48歳)
・お骨をダイヤモンドにするって、話題になったけど、その後どうなのかな。(女性・49歳)
・いつから準備するか。(女性・52歳)
・文字部分に黄砂が。(男性・53歳)
・出来れば家の庭に作りたい。(男性・60歳)
・墓石はなぜいるのか?(男性・60歳)
・お寺に先祖の墓があるが、子孫が途絶えそうでどうなるのか不安だ。(女性・64歳)
・なるべく自分好みに準備しているが、宗教、お寺さん等解らないことが多くどうすれと良いのか迷っている。(男性・69歳)
・供養の形態。お寺さんとの関係。(男性・74歳)
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女81人回答
男性・24人(30%)
女性・57人(70%)
 
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき
夫の父が亡くなったのを機に新たにお墓をつくりました。予定としては、夫の両親、義兄、私たち夫婦が入るのだと夫は思っていると思います。
が、私自身はそこに入るのではなく、合同墓のようなものに入れたらいいと思っています。

というのも、うちは娘ひとり。義兄は独身。
娘ひとりにお墓の管理を任せるのは大変だと思うからです。
将来ここで娘が生活するとは限りませんし、パートナーが見つかった場合、2人で2つの家のお墓の管理をするなんて、それこそ本当に大変です。
私が夫たちよりも長生きした場合は、娘と相談して、私がお墓を整理しようと思っています。
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
COPYRIGHT HIROSHIMA LIVING SHINBUNSHA ALL RIGHT RESERVED.

Produce : WCMS Developed : Netprompt