リビングひろしま.com  女性のための生活情報サイト【運営:広島リビング新聞社】
【リビング カルチャー倶楽部】 現在募集中の講座はコチラ♪ 入会金・年会費無料★ 広島のリビングカルチャー倶楽部主催のカルチャー教室・カルチャースクール・資格取得講座情報サイト
ゲスト さん
ログイン

 

 
電子新聞で『リビンひろしま』が読めます★ リビングひろしま 2017年9月23日号 B1昇格へ再挑戦 広島ドラゴンフライズ プロバスケットボール「B.LEAGUE」
2017年9月23日号

B1昇格へ再挑戦 広島ドラゴンフライズ
2017年9月23日号

バックナンバー
 

広島リビング新聞社 会社案内はコチラ 
広告のお問い合わせはコチラ
【お知らせ】熊本地震被災者支援のための義援金を受付け中
素敵な広島女子のためのリビング口コミサイト「みてみて広島」 口コミして抽選で図書カードGET

新着トピックス

カレンダー

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

暮らしの気になる数字

生命保険・アンケート結果  2014/5/3〜2014/5/15

現在加入している保険は「ふつう」?

 
 現在、保険に「加入している」人は94%。全体の半数が「生命保険」に入っていると答える結果に。加入するきっかけは「家族にすすめられたから」を選んだ人が最も多く、次いで「保険の営業の人にすすめられたから」。人からのすすめで加入する場合が多い結果となっています。現在の保険に対する満足度は上の通り。「やや不満」「大変不満」を選んだ人は「保険料が今の生活に合わない。高い気がする」面が最も不満と答える結果になっています。
 
 
 

1. 現在、あなたはどのような保険に加入されていますか

1. 現在、あなたはどのような保険に加入されていますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
半数が「生命保険」を選ぶ結果となりました。次いで多いのは「医療保険」、3位は「がん保険」となっています。一方、「加入していない」人は6%でしsた。
 
 

2. 生命保険に加入したきっかけは何ですか

2. 生命保険に加入したきっかけは何ですか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
答えが分かれる結果となりました。その中で最も多かったのは「家族にすすめられたから」で22%、次いで「保険の営業の人にすすめられたから」で19%が選ぶ結果となっています。明確な動機・理由で加入する人よりも、人にすすめられて加入した人が多いようです。
 
 

3.生命保険に加入する際、誰に相談しましたか

 
3.生命保険に加入する際、誰に相談しましたか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
約半数の51%が「配偶者」を選ぶ結果となりました。「配偶者」を選んだ人は男性よりも女性に多く、男性39%に対し女性49%となっています。また「母親や父親」を選んだ人は全て女性でした。
 
 

4.生命保険選びのポイントは何ですか(複数回答)

 
4.生命保険選びのポイントは何ですか(複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
1位は「保障内容に魅力を感じたから」で44%が選ぶ結果となりました。2位は「保険料の負担感が少なかったから」で40%となっています。ブランドや知名度よりも保障内容と保険料が重要なポイントとなっているようです。
 
 

5. 4で選んだ回答の内容に近いものはどれですか(「保険料の負担感が少なかったから」「保障内容に魅力を感じたから」「自分にあった保険があったから」を選んだ人、複数回答)

 
 
5. 4で選んだ回答の内容に近いものはどれですか(「保険料の負担感が少なかったから」「保障内容に魅力を感じたから」「自分にあった保険があったから」を選んだ人、複数回答)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
回答者54人が選んだ1位は「月々の保険料(予算の範囲内であること)」で56%の人が選ぶ結果となりました。2位は「自分に合った保障内容であること」で、こちらは52%が選んでいます。
 
 

6.あなたは、現在の保険に満足していますか

6.あなたは、現在の保険に満足していますか
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
 
現在加入している保険が、自分たちにとってベストかどうかは分からないが、現状で特に不満もないといった人が多いのでしょうか、「大変満足」「やや満足」34%、「やや不満」「大変不満」19%、「ふつう」47%と、「ふつう」を選んだ人が多い結果となっています。
 
 

7.保険に対する不満とは何ですか(「やや不満」「大変不満」を選んだ人)

7.保険に対する不満とは何ですか(「やや不満」「大変不満」を選んだ人)
《クリックで拡大表示》
 
 
 
 
1位は「保険料が今の生活に合わない。高い気がする」で、約半数の人が選ぶ結果となりました。結婚や出産などライフステージの変化などで、これまでの保険料を払い続けることが難しくなると保険に対する不満が出てくるようです。
 
 

8.保険に対する不満の内容や、保険について悩んでいることがあれば具体的にお書きください

 
 
・終身の保険なので今より上がらなくていいとは思うけど、いろいろなCMとか見ていると他にもいいのがあるんじゃないかと悩んでしまいます。(女性・30歳)
・このままかけてて満期の時期に再度継続すると年齢も上がっているためいくら上がるか聞いたら、その時でないとわからないため答えられないと言われ、いくら上がるのかが不安です。(女性・33歳)
・終身のほうがいいのかどうか?(女性・37歳)
・高すぎる気がしています。(女性・37歳)
・掛け金が多い。(女性・39歳)
・保険内容があまりわかっていない。また、主人と私の保険について、お互いにどんなものに入っているか分かっていないので、困る。(女性・39歳)
・病気があるので、条件付きでしか入れないこと。(女性・43歳)
・とくに不満というわけではないのですが、もっといい保険が他にもあるような気がしています。(女性・44歳)
・ただ面倒くさい。(男性・48歳)
・そろそろ保険料を減額しようと思っている。(女性・52歳)
・保険内容は結構難しい。約款を読んでいてもよくわからない。わかったような気にはなるけれど、本当に正しく理解しているかというと全く自信がない。(女性・54歳)
・自分の状況に適した安い保険があるのではないかと思っている。(男性・59歳)
・終身保険といっても65歳で基本保険になってしまう。(男性・66歳)
 
 
 

9.生命保険に加入してよかったことがあればお書きください

 
・いざという時に心強い。(女性・26歳)
・毎月の保険料は安くはないです。ただ、掛け捨てではないので返ってくると思えば病気をせずに頑張ろうと励みになります。(女性・28歳)
・前に違う保険で掛け捨てだったけど、怪我をした時にお金が出て助けてもらえた事です。(女性・30歳)
・少ないながらも返戻金がある。(女性・33歳)
・帝王切開の時にお金が沢山もらえたから助かりました。(女性・34歳)
・1年に1回、返還金が戻ってくること。帝王切開で子どもを産んだとき、保険金がもらえたこと。(女性・35歳)
・年末調整の際にいくらか戻ってくる。(女性・37歳)
・今はまだ元気で仕事もできているので保険を使ったことはないですが、いつか自分に何かあったときに、子どもに少しでも残してあげたいのと、医療費の足しになれば良いと思っています。(女性・38歳)
・何かあった時でも取り敢えず安心できる。(女性・40歳)
・周りの人が病気になった時保険を使われてよかったみたいだったから。(女性・42歳)
・出産の時、帝王切開で給付があったのでよかったです。(女性・43歳)
・自分に万一のことがあった場合も、子どもにお金が残せるという安心感があります。(女性・44歳)
・子どもの学資保険の満期で学費の足しになった。(女性・46歳)
・ずっと保障してくれる。(女性・52歳)
・健康に全く不安はなかったけど、妊娠時のまさかの切迫早産にも対応できたので助かりました。(女性・53歳)
・もし自分が死んでも子どもにお金は残せること。(女性・54歳)
・入院したときいくらか金が出た。(男性・56歳)
・人間は必ず死ぬので、その時のために保険をかけておけば、死亡時の出費に対応できる。(男性・61歳)
・あくまでも「保険」いざと言う時の為で、必要にならなかった場合は健康だったと感謝の気持ちで受け入れる事。掛け金がもったいなかったと勘違いしそうですが、おまもりでした。(女性・63歳)
・病気にかかった時、よかったなと思いました。(男性・66歳)
・入院費用の軽減。(男性・72歳)
 
 
 

10.保険に加入したときのことや給付金を受け取った時のエピソードがあればお書きください

 
 
・昔やった病気のせいで入れないものがあった。(女性・26歳)
・未だ一度も給付金は受けとったことは無いのですが、受け取った時は家族で旅行か食事に行きたいです〜(*^_^*) 忘れたときに返ってくるのが嬉しいですね♪(女性・28歳)
・エピソードは特にないけど、お金をもらう時にいろいろ書類を書いたな…。(女性・30歳)
・保険は迷いに迷いましたが、少ない掛け金で家計に見合ったものを選べてよかったと思っています。(女性・35歳)
・郵便局の保険を解約する際にすごく止められたこと。(女性・37歳)
・我が家は夫婦の年が離れているので、主人には生命保険が少し多めにかけてあります。(女性・38歳)
・入ったときは入院しても安心だなとほっとしました。(女性・39歳)
・教員をしているのですが、勤め始めて間もないころに保険会社の人が学校に来て、契約を勧められ、そのまま契約しましたが、2年前に病気をしたときに、すぐに保険金が受け取れて、入っておいてよかったと思いました。(女性・44歳)
・旦那の手術代以上に給付金が出た。(女性・46歳)
・本当につきあいだけの理由で加入しましたが、いざというときには入院費がしっかりカバーできて保険太りのような感じになりました。交通事故のときも速やかに手続きしていただいたので、入っていてよかったと、心から思いました。(女性・53歳)
・医療保険について。一週間目から給付金がもらえるタイプのものに入っていたのだが、盲腸で入院した際、一週間もかからず退院してしまったので給付がなかった。そこで入院翌日から給付金が出るタイプに変えた。しばらくして体調を崩し、検査のため一週間入院することになった。「やった!保険入り直して良かった!」と思ったが、検査入院は病気ではないため給付金はナシ。結局、高いお金を払って入院したのに原因はわからずじまいで、体調不良はそのまんま。健康が一番。(女性・54歳)
・若いうちに入った方が掛け金が安くて得よと、あの当時は言われていたけど、10年満期で買い替えなどのシステムがわかってないうちに入ってしまった。いざの時にと入っているが、請求を正しく自己請求しないと掛け損になってしまうことが、保険会社のやり口だとつくづく感じている。必要ないのではないかと思い出している。(女性・55歳)
・掛け金は大変だけど、給付金を受けるときは助かりました。(女性・63歳)
・保険金を受け取る時の手続きがめんどくさかった。 退院するたびに診断書が必要。住民票が必要とか。(男性・66歳)
 
 
 

<調査概要>

広島リビング新聞社ウェブサイト「リビングひろしま.com」調査
男女70人回答
・内訳
男性 23人(33%)
女性 47人(67%)
 

只今、集計中! えーこのつぶやき

只今、集計中! えーこのつぶやき

高額ではありませんが、夫・私とも生命保険に入っています。
普段は保険料を払うだけで、特段恩恵は感じませんが、
いざ病気、入院のときは本当に助かりました。

これから年齢を重ねると、さまざまな病気のリスクも高まります。
これからもっと保険の重要性を感じるのかもしれません。
 
 
リビングWeb  主婦のお役立ちとお出かけ情報が満載
リビコミュ  ポジティブに生きる女性のための「ステキ!」発見コミュニティ
シティリビングWeb  きっかけがある、共感がある
あんふぁんWeb  ママのための子育て情報サイト
シュフモ  スーパーのチラシ情報
Copyright © HIROSHIMA LIVING SHIMBUN Inc. All rights reserved.

Produce : WCMS Developed : Netprompt